メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021            
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021            
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021            
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage                
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020                
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                

BuildIT

Construction

Language

Japanese

FARO®ナレッジベース

BuildIT Constructionによるコンクリート協会TR34テスト

BuildITConstruction-bty.png

目的:

このチュートリアルでは、コンクリート協会TR34テストのProperties EとFを実行する方法を学習します。このテストは、さまざまな床のタイプを定義する、Table 3.1規格で定義された許容差を持つ2つのグリッドベースのサンプリング方法で構成されます。

学習内容:

  • サンプルラインの定義。
  • BuildIT Construction で、CS TR34分析を実行。
  • 分析結果からレポートを作成方法。

チュートリアルデータのダウンロード

この記事で使用しているファイルをダウンロードする場合は、添付のトレーニングデータをダウンロードして、その内容をコンピュータのフォルダに展開してください。

トレーニングデータのダウンロード
  Download

サンプルラインの定義方法

  • BuildIT ConstructionでTR34分析を実行するには、分析する領域を表す2つの線が必要です。
    • これらの線は以下の内容が必要になります。
      • 垂直になる。
      • 分析する領域を含む。
    • 下図が良い例になります。 分析される領域は、赤色の領域になります。 点のない領域や点密度が低い領域は無視されます。
      CS_TR34-Fig1.png
  • サンプルラインの定義の為に、作成: 線 コマンド CS_TR34-Fig2_Line.png 。を使用します。線の方向は、選択された開始点から終了点の方向が使用されていることに注意ください。このチュートリアルでは、図のように 2 本の線を作成します。
    CS_TR34-Fig3.png CS_TR34-Fig4.png
  • 複数のテスト領域がある場合は、線の名前を変更して、異なる領域を表すようにします。
    • 例えば、横断線に「section1-1」と「section2-2」という名前を付けると、2 ヶ所の領域の分析が実行されます。
      CS_TR34-Fig5.png
  • 線が間違った方向に描かれていて、間違った領域で解析が実行された場合は、解析前に元に戻すことが出来ます。線を選択し、マネージャの曲線で方向ベクトルの方向を表示することができます。
    CS_TR34-Fig6.png
  • 必要に応じ、  編集: 向きを反転 を利用して、線の方向を修正してください。
    CS_TR34-Fig7.png

CS TR34分析を実行

  • CS TR34 Analysis command を分析コマンドから選択します。
    CS_TR34-Fig8.png
  • 分析の為に 点群作成した線を選択します、
    CS_TR34-Fig9.png
  • この例ではFloor class で、FM4 を選択します。
    • このFloor classは、CS TR34のTable 3.1規格に基づいています。 床のクラスを選択すると、2つのProperties EとFの許容値が設定されます。Properties Eは領域の水平度を、Properties Fは平坦度をコントロールします。 どちらの値も、規格で要求されているように、エリアごとに95%の信頼区間でレポートされます。
      CS_TR34-Fig10.png
  • Contact patch diameter を3 インチ, (もしくは 76mm). に設定します。
    • Contact patch diameterは、スキャンデータから測定値を決定するためにソフトウェアが使用する各サンプルポイントの検索距離です。
  • コマンド内で適用をクリックします。
    CS_TR34-Fig11-Apply.png
    CS_TR34-Fig11a.png CS_TR34-Fig11b.png

    注: 注釈は、図のようにマネージャで編集することができます。これは、設定で背景とフォントサイズの編集を組み合わせたものです。

レポートの作成

レポートマネージャにあるレポートを生成 ボタンをクリックしてレポートを作成します。
CS_TR34-Fig12.png
CS_TR34-Fig13.png

まとめ:

これができれば、TR34テスト モジュールを使用した次のことを理解した事になります:

  • サンプルラインの定義。
  • BuildIT Construction で、CS TR34分析を実行。
  • 分析結果からレポートを作成方法。