メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

BuildIT

Construction

FARO®ナレッジベース

BuildIT Construction で Focus Laser Scannerを使用したダイレクトスキャン

BuildITConstruction-bty.png

ScanFocus-1.png目的:

BuildIT ConstructionでFARO® Focusレーザースキャナのスキャンを直接取り込みます。

学習内容:

  • FARO FocusのスキャンをBuildIT Constructionからダイレクトに行う簡単なワークフローを学びます。

Focus へ接続

  • このレッスンではFocusS レーザースキャナを使用します。
    • スキャナの電源を投入します。
    • スキャナへのリモートアクセスが有効になっていることを確認します。
      • 管理 > 全般設定 > スキャンファイルへのリモートアクセス
    • o    Windowsで無線ネットワークを利用してスキャナへ接続します。デフォルトのパスワードは0123456789で、この設定はスキャナで変更でき、異なる場合があります。

      ScanFocus-2.png

Focusによるスキャン

  • スキャナの設定は事前にスキャナ本体で行ってください。プロジェクト名、解像度、品質、色を含めパラメータを設定ください。 以下のBuildIT Constructionのコマンドを実行する目に確認ください。
  • FARO® Focusレーザースキャナでスキャンをするには、Focusを使用してスキャン ボタンをクリックします。
    • スキャナを三脚にしっかりと設置し水平を確認します。
    • Focusを使用してスキャンを選択します。
    • スキャナのIPを入力してください。 デフォルト設定では192.168.43.1になります。
    • ファイルの保存先を選択してください。(バージョンにより選択欄が無い場合があります。)
    • “適用”ApplyIcon.png をクリックします。
    • ソフトウェアからFocusレーザースキャナのスキャンが開始され、データの転送と処理が行われます。
      注:このプロセス中に「共有フォルダアクセスエラー」が発生した場合は、次の記事を参照してください: BuildIT Constructionを使用した際のFocus スキャンエラー

      ScanFocus-3.png

まとめ:

これができれば、Focusを使用してスキャン 機能を使用した次のことを理解した事になります:

  • FARO Focusを使用したダイレクトスキャンをBuildIT Constructionから行う簡単なワークフロー。
  • この記事は役に立ちましたか?