メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021            
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021            
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021            
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage                
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020                
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                

BuildIT

Construction

Language

Japanese

FARO®ナレッジベース

BuildIT Constructionによる点群の編集

BuildITConstruction-bty.png

PointCloudEditBuildIT-1.png目的:

BuildIT Construction を使用して点群の編集を行います。

学習内容:

  • 点群を編集するためのシンプルなワークフロー
  • BuildITを開く
  • 点群の分割
  • 点群の削除
  • 様々な設定で点群の削減

チュートリアルデータのダウンロード

この記事で使用しているファイルをダウンロードする場合は、添付のトレーニングデータをダウンロードして、その内容をコンピュータのフォルダに展開してください。

トレーニングデータのダウンロード
  Download

マージ

  • 点群をマージすることで、選択や他の機能をより簡単に操作することが出来ます。
    • メニューから “微調整 > 点群のマージMergeCloudIcon.png を選択します。
    • 点群のマージコマンドのパネルで、名前の欄に“Merged Cloud”と入力します。
    • Ctrl キーを押しながら、結合する個々の点群を選択します。(また、「マージ後に元の点群を削除」を有効にすることで、結合後に選択した点群を自動的に削除することができます。)
    • 適用 ApplyIcon.png をクリックします。
      PointCloudEditBuildIT2020-2.jpg

分割

  • 点群を分割することで、特定の部分に集中して操作をすることが出来ます。
    • メニューから  “微調整 > 点群の分割SplitCloudIcon.png を選択します。
    • 前のセクションで作成した結合済みの点群を選択します。
    • 多角形選択のラジオボタンを選び多角形ツールで選択を開始します。
    • 表示されている部屋の輪郭に沿って多角形を描きます。
    • 両方(分割)” のラジオボタンを選びます。
      • これのオプションは選択の内側と外側のセクションの両方を2つの別々の点群として保持されます。内部もしくは外部を選択するとどちらかの点群を保持します。
    • プレビューPreviewIcon.png をクリックして選択が正しいか確認してください。
    • 良ければ適用 ApplyIcon.png をクリックします。
      PointCloudEditBuildIT-3.png
      PointCloudEditBuildIT-4.png

点を削除

  • 必要に応じて点を削除することが出来ます。
    • 下図のようなビューに移動します。
    • メニューから  “微調整点を削除DeletePointsIcon.png を選択します。
    • 長方形選択を使用して目的の点を矩形選択します、
      PointCloudEditBuildIT-4a.png
    • セレクターを使用するには、Shiftキーを押しながら左クリックして、選択する領域をドラッグします。
      • 注意: これは3D上の点です、削除したくない背景の点を選択しない為にモデルを回転させて選択します。
    • 適用 ApplyIcon.png をクリックして削除します。
      PointCloudEditBuildIT-5.png

Filterフィルタ

  • 点群を減らすと、処理と分析が高速化可能です。 データを削減する方法はいくつかあります。
    • 外れ値の除去。
      • このコマンドは、指定されたボリューム内の近接する数に基づいて、ポイントクラウドからポイントを削除します。

        • メニューから  “微調整>点群をフィルタ” を選択します。
        • メソッドで “外れ値の除去”を選択します。
        • “強度” を選びます。
          • これにより、より低いまたは、より積極的な削減が可能になります。
            4_1_edited_2020.png
    • 最大隣接数
      • このコマンドは指定された距離内に隣接する点を保持したまま点群を削減します。

        • メニューから   “微調整>点群をフィルタ” を選択します。
        • メソッドで “最大隣接数”を選択します。
        • “隣接” の数を1、 “隣接サイズ” に0.25インチを入力します。
          4_2_edited_2020.png
          PointCloudEditBuildIT-7.png

点群を減少

  • 距離サンプリング
    • 距離サンプリングでは、点群を指定した大きさの立方体に分割し、次のいずれかを保持します。
      • 領域内の平均外れ点
        • 指定された立方体のサイズ内の点を平均化します。
      • グリッドを使用(より高速)
        • 立方体の中心に最も近い一点を保持します。
    • メニューから  “微調整 > 点群を減少ReduceCloudIcon.png を選択します。
    • 削減する点群を選択します。
    • 領域内の平均外れ点 のラジオボタンを選択します。
    • 1 を保持” に6.0インチを指定し、 “グリッドを使用(より高速)” にチェックを入れます。
    • 適用 ApplyIcon.png をクリックして結果を表示します。
      4_3_edited_2019.png

      PointCloudEditBuildIT-9.png
  • 適応サンプリング
    • 適応サンプリングは平面として識別された領域とエッジとして識別された領域を使用して、点群を削減します。
    • メニューから  “微調整 > 点群を減少ReduceCloudIcon.png を選択します。
    • 削減する点群を選択します。
    • 適応サンプリング のラジオボタンを選択します。
    • エッジ” の数値を0.5インチ、 “平面” の数値び12インチを入力します。
    • 適用 ApplyIcon.png をクリックして結果を表示します。
      4_4_edited2019.png
      PointCloudEditBuildIT-11.png

まとめ:

これができれば、BuildIT constructionの点群の編集について次の事を理解したことになります。

  • 点群を編集するためのシンプルなワークフロー。
  • BuildITを開く
  • 点群の分割
  • 点群の削除
  • 様々な設定で点群の削減
  • この記事は役に立ちましたか?