メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

BuildITリモートコントロールのダウンロードとインストールの手順

BuildITRemotePhone.jpg概要

基本的な検査および測定ワークフローが、新しい BuildIT Remote Controlインターフェイスを備えたモバイルデバイス上の Web ブラウザを利用して制御できるようになりました。このアプリケーションを使用して、基本的な測定および検査コマンドを開く、検査のためのジオメトリを選択、測定のキャプチャや決定などが、BuildIT 2019.5以降を実行しているコンピュータから離れて実行できます。

インストールとセットアップ(BuildIT 2020.5 以降)

バージョン 2019.5 ~ 2020.2 の BuildIT Remote Controlは、メインアプリケーションとは別にインストールする必要があり、いくつかの複雑なセットアップ手順を実行する必要がありました。2020.5 以降、プロセスを大幅に簡素化し、すべての BuildIT のインストールにRemote Controlを含めています。2020.5 以降のインストールについては、以下の手順に従ってください。初期バージョンを使用している場合は、インストールとセットアップ(BuildIT 2019.5 - 2020.2)を参照してください。

BuildIT での HTTP(Web)Serverの有効化

[設定]で、次のようにします。インターフェイスページの[HTTP Server]セクションで、[Enabled]のチェックボックスにチェックを入れてサーバーを起動します。サーバーへの接続は非暗号通信で、パスワード認証も不要ですが、社内ネットワーク内にいる誰でも BuildIT セッションへ接続して制御できることに注意してください。これにより、セットアップは非常に簡単になりますが、セキュリティへの影響に注意してください。

BuildITRemote-EnableHTTPServer.png

BuildIT を開始し、HTTP Serverを有効にすると、接続できるアドレスを含むメッセージがメッセージバーに表示されます。「 Remote Control Serverへの接続」を参照してください。

BuildITRemote-Message Bar.png

 

Remote Control Serverへの接続

モバイルデバイスのブラウザを起動して、上記のセクションに記載されているアドレスの URL を入力します。BuildIT Remote ホームページが表示されます。
Remote-remote_in_browser.png

注記:接続できない場合は、BuildIT Metrology を実行しているコンピュータと同じネットワークに接続していることを確認してください。場合によっては、共有ネットワークに接続されている場合、リモートコントロールサーバーのウィンドウに示される IP アドレスは同じでないことがあります。その場合、共有ネットワークインターフェイスに記載されている BuildIT コンピュータの IP アドレスを使用する必要があります。

 

ヒント:ページをホーム画面に追加し、ホーム画面から起動してアクセスすると、フルスクリーンで表示されます。

Remote-remote_as_app.png

 

インストールとセットアップ(BuildIT 2019.5 - 2020.2)

  1. まだインストールしていない場合は、コンピュータの BuildIT Metrology ソフトウェアの標準インストール手順に従います。BuildIT Remote Control の現行バージョンは、BuildIT 2019.5 以降で動作するように変更されています。
  2. BuildIT Remote Control プロセスファイルをダウンロードします。ダウンロードしたら、コンピュータのフォルダに zip ファイルの中身を解凍します。

BuildIT Remote Control

インストールしたBuildIT を Metrology Server としての登録

  1. BuildIT インストールディレクトリ(通常は C:\Program Files\BuildIT\BuildIT Metrology 20 xx)の、data ¥profiles フォルダに移動し、ProfileChooser.bat バッチファイルをダブルクリックします。
    profilechooserfolder.png
  2. 表示されるウィンドウ(ご使用のウィンドウはオプションが図とは異なる場合もあります)で、下部の[Setup Remote]ボタンをクリックします。
    SetupRemote.png
  3. これにより、BuildIT のこのインストールが、使用される計測サーバーとして自動的に登録され、リモートコントロールアプリケーションから BuildIT への着信接続を許可するためのファイアウォール例外も追加されます。結果はテキストウィンドウに表示されます。
    RemoteRegisterResult.png
    注記:次のようなエラー「古いファイアウォールルールの削除...」または「以前の COM 登録の削除...」が表示された場合、これらの項目の以前のバージョンが存在しなかったことを示しているだけですので、これらは安全に無視してください。

リモートコントロールサーバーの開始

  1. 現在インストールされている BuildIT Metrology アプリケーションが少なくとも 1 回実行(開始して停止)されていることを確認します。
  2. [Remote Control Server.process の起動]ファイル(BuildIT Remote Control ダウンロードに含まれる)をダブルクリックして実行します。
    • BuildIT 内でプロセスを開始するには、[プロセスを実施]ボタンをクリックし、[Remote Control Server.process]ファイルを参照して開くこともできます。
      Remote-PlayProcess.png
  3. Web サービスをリスト掲載している URL(IP アドレスとポート)をメモしてください。
    Remote-ipaddress.png
注記:メインの BuildIT Metrology アプリケーションと BuildIT リモートターミナル画面の両方は、リモート接続中は閉じないでください。(ウィンドウは最小化できます)。いずれかが閉じていると、モバイルデバイスへの接続が失われます。