メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

BuildIT

Projector

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

BuildIT Projectorを利用したゲームパッドコントローラーのリモート機能

XboxController_sm.png概要

BuildIT Projector 2021以降では、一般的な家庭用ゲーム機のコントローラーを使って、スキャンボックスの操作や機能追加を簡単に行える機能が追加されました。この記事では、Microsoft ® XboxコントローラーをBluetoothで接続した場合のセットアップを説明しますが、他のゲームコントローラーでもUSBで直接接続して使用することができます。

コントローラーとPCおよびBuildITとのペアリング

  1. コントローラーの電源を入れ、ペアボタン(コントローラー前面のバンパーの間)を探します。ガイドボタン(コントローラー中央の丸いXボタン)が素早く点滅するまで、「ペア」ボタンを3秒間長押しします。
  2. 他のBluetooth機器と同様に、コントローラーをお使いのPC/Windowsにペアリングします。
  3. BuildIT Projectorを開きます。メニューバーから[ファイル] > [設定] > [インターフェース]に移動します。HTTP Serverセクションで、外部アクセスの横のチェックボックスをクリックしてから、[OK]をクリックします。
    EnableHTTPServer.png
  4. 次にプロジェクトメニューをクリックし、[リモコンに接続] > [ゲームパッドリモコンに接続] を選択します。
    ProjectorConnectToRemote.png

デフォルトのボタン構成/操作方法

  1. スキャンボックスの移動
  2. 左バンパー=平面図で前方に切り替え
  3. ビュー=オートフォーカス
  4. 6秒間押し続けると、リモコンの電源が切れる
  5. メニュー = フィールドビューの表示
  6. 右バンパー=平面図で前方に切り替え
  7. X = センタービュー
  8. Y = スキャンポイントの承認
  9. B = 測定の破棄
  10. A = 調整用スキャンポイント
  11. スキャンボックスのサイズを変更するか、押して一時停止する
XboxControllerCallouts.png

 

操作概要ビデオ

YouTube にアクセスできますか?この動画をダウンロードするには、ここをクリックします。

ボタン機能の変更

利用可能なすべての設定は、お好みのコード/テキストエディターを使って「gamepad_mappings.json」ファイルを修正することで、(互換性のあるコントローラーに)設定/マッピングすることができます。このファイルは、次のインストールパスにあります。「C:\Program Files\BuildIT\BuildIT Projector 2021\data\profiles\Projector\」。編集方法は、ファイル上部のコメントに記載されています。