メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

CAM2

Measure

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

Measure 10 : ポイントクラウドデータのエクスポートおよび SolidWorks へのインポート

Measure 10 アイコン

クイックステップ

操作はこれだけです。

  1. 点群データを収集し、Measure 10 に登録します。
  2. Measure 10 から点群データをエクスポートし、.STL ファイルにメッシュとして保存します。
  3. SolidWorks で .STL ファイルを開いて保存します

概要

FARO ScanArm および LLP で収集された点群データは、Measure 10 からエクスポートして、SolidWorks にインポートすることができます。エクスポートファイル形式は .STL です。このファイルは、SolidWorks で .STL ファイルを開くのと同じくらい簡単にインポートすることができます。一度ファイルを開けば、[メッシュ]ウィザードを使用して、高度な 3D 点群メッシュを作成することができます。

詳細

ScanArm および LLP を使用して点群データの収集を開始し、必要に応じて、点群を登録します。手順については、ScanArm ユーザーマニュアルおよびMeasure 10 ユーザーマニュアルで説明されています。

Measure 10 での作業

  1. ファイル] > [インポート/エクスポート]をクリックします。
  2. エクスポート]セクションで、[点群をメッシュにエクスポート]をクリックします。
    ユーザーが追加した画像
  3. エクスポートする点群を選択し、[次へ]をクリックします。
    ユーザーが追加した画像
  4. プロジェクトに適切な場合は、フィルタを適用します。エクスポートしたファイルの保存先を指定し、[終了]をクリックします。点群ファイルサイズの大きさによっては、ファイルのエクスポートに時間がかかる場合があります。
    ユーザーが追加した画像

SolidWorks での作業

  1. SolidWorks を開き、[ツール] > [アドイン]をクリックします。
    ユーザーが追加した画像
  2. アクティブアドイン]セクションで、Scanto3D をチェックします。 この設定は、お使いの SolidWorks のバージョンによって異なる場合があります。
    ユーザーが追加した画像
  3. メインメニューで、[ファイル] > [開く]をクリックします。
  4. [開く]ウィンドウで、ファイルの種類のドロップダウンメニューを使用して、[ メッシュファイル]を選択します。Measure 10 からエクスポートした .STL ファイルの保存場所を参照し、[開く]をクリックします。SolidWorks で .STL ファイルが開きます。
    ユーザーが追加した画像
  5. ファイルを保存し、[メッシュ]ウィザードを使用してメッシュを設定します。[メッシュ]ウィザードの使用方法の詳細については、SolidWorks サポート ページを参照してください。