メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021            
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021            
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021            
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage                
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020                
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                
FARO®ナレッジベース

SCENE でのクリッピングボックス作成

概要

クリッピングボックスは、スキャンポイントデータを消去せずに3Dスキャンプロジェクトの一部を非表示にします。これらのボックスは、サイズ変更、回転、操作して、スキャンのいずれかの部分を非表示にできます。

ワークフローインターフェース

3D ビューでクリッピングボックスを作成するには、いくつかの方法があります。エクスプローラー リボンで、[自動クリッピング]サブメニューをクリックし、3 つのオプションの 1 つをクリックします。

  • 自動クリッピングボックス - 自動クリッピングボックス は、現在の 3D ビューの中心近くにクリッピングボックスを作成します。ボックスは、デフォルトでは画面のおよそ 3 分の 2 をカバーします。
  • クリッピングボックスを1回クリック - この方法は、選択したポイントを囲んだ中心、ポイント面と同じ平面にクリッピングボックスを作成します。 
  • クリッピングボックスを3回クリック - この方法はでは 選択した3つのポイントで囲む、ポイントで特定された表面と同じ平面にクリッピングボックスが作成されます

クリッピングボックスを平面に配置する

平面の参照オブジェクトを使用して、クリッピングボックスを作成することもできます。3D ビューで、プロジェクトの構造ビューにある目的の平面を右クリックし、 新規 > 調整したクリッピングボックスをクリックします。

  • 平面が無限の場合、クリッピングボックスは平面の基準点の中央にあるユニットキューブとして作成されます。ボックスの向きは、選択した平面と平行になります。
  • 平面が限られている場合、クリッピングボックスは平面で境界をつくるポリゴンをきっちりと囲みます。

クラシックインターフェイス

3D ツールバー新しいクリッピングボックスを作成アイコン をクリックし、自動クリッピングボックスを作成します。クリッピングボックスサブメニューを使用して、1 クリックまたは 3 クリックのクリッピングボックスを作成します。

クリッピングボックスの操作

クリッピングボックスが作成されたら、クリッピングボックスツールバーを使用して、ボックスとその可視性オプションを制御します。ツールバーのラベルは、制御するクリッピングボックスを示します。

  •  尺度マニピュレータ – カラーの矢印をクリックして移動し、矢印の方向にボックスのサイズを変更します。グレーのコーナーキューブをクリックして移動し、キューブ全体のサイズを変更します。
  •  回転マニピュレータ – カラーのバンドをクリックして、その軸のボックスを回転させます。
  •  変換マニピュレータ – 交差する矢印をクリックして移動し、ボックスを移動します。
  •  以前の変換を復元 - 最後の変換の変更を元に戻します。
  •  変換による変更を再適用– 最後の変更をやり直します。
  •  初期変換の復元 – すべての変更を元に戻します。
  •  クリッピングボックスの可視性 – クリッピングボックスを非表示/非表示
  •  ポイントを非表示 – ボックス内外のポイントを非表示にするかどうかを指定します。
  •  クリッピングの有効化/無効化 – 選択したボックスのクリッピングを切り替えます。

SCENE 5.3 以前

SCENE 5.3 では、クリッピングボックスは 3 つの方法で作成できます。

  1. 自動的(デフォルト) – 3D ビューツールバー新しいクリッピングボックスを作成ボタンをクリックします。クリッピングボックスは、現在の 3D ビューの中心に近くに作成されます。ボックスは、画面の約3分の2をカバーするように尺度が設定されます。
     
  2. 選択したサーフェスに取付 – 3D ビューツールバーの[新しいクリッピングボックスを作成する]ドロップダウンメニューから、このオプションをクリックします。サーフェスを決定するには、ビューの 3 点をクリックします。クリッピングボックスは、選択した 3 点で定義された面と同一平面上の面の 1 つで作成されます。クリッピングボックスは選択した点をぴったりと囲むように尺度が設定されます。
     
  3. 制限付きまたは無制限の平面オブジェクトに調整 – 平面オブジェクトのコンテキストメニューで新規 > 調整したクリッピングボックスを選択し、クリッピング ボックスをオブジェクトに合わせます。
    • 無制限の平面: 新しいクリッピングボックスは、平面の基準点に中央にあるユニットキューブとして作成されます。ボックスの向きは選択した平面と平行になります。
    • 制限付き平面: 新しいクリッピングボックスは、制限付き平面で境界をつくるポリゴンをきっちりとに囲みます。

クリッピングボックスの操作

クリッピングボックスが作成されたら、クリッピングボックスツールバーを使用して、ボックスとその可視性オプションを制御します。ツールバーのラベルは、制御するクリッピングボックスを示します。

  •  尺度マニピュレータ – カラーの矢印をクリックして移動し、矢印の方向にボックスのサイズを変更します。グレーのコーナーキューブをクリックして移動し、キューブ全体のサイズを変更します。
  •  回転マニピュレータ – カラーのバンドをクリックして、その軸のボックスを回転させます。
  •  変換マニピュレータ – 交差する矢印をクリックして移動し、ボックスを移動します。
  •  以前の変換を復元 - 最後の変換の変更を元に戻します。
  •  変換による変更を再適用– 最後の変更をやり直します。
  •  初期変換の復元 – すべての変更を元に戻します。
  •  クリッピングボックスの可視性 – クリッピングボックスを非表示/非表示
  •  ポイントを非表示 – ボックス内外のポイントを非表示にするかどうかを指定します。
  •  クリッピングの有効化/無効化 – 選択したボックスのクリッピングを切り替えます。

関連情報

キーワード

スキャンの非表示、ポイントの非表示、複雑性の排除、クリーンアップビュー、非表示、削除、消去、削除