メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

SCENE でのスキャンポイントの削除

概要

不必要なスキャンポイントを削除すると、パフォーマンスが向上し、ユーザーはより正確な測定値で洗練されたビジュアルプロジェクトを作成できます。SCENE には、削除するスキャンポイントを選択するためのツールがいくつかあります。 

ワークフローインターフェイス

3D ビューでポイントの削除

3D ビュー、ポリゴン、およびブラシで削除するスキャンポイントを選択するためのツールは2つあります。

多角形選択

  1. [検索]メニューで[ポリゴンの選択]をクリックします。
  2. 3D ビューでポイントをクリックすると、ポリゴンの開始点が設定されます。
  3. 追加ポイントをクリックすると、ポイントが自動で黄色い線によって繋がります。
  4. ポイントをクリックして、ポリゴンの各サイドを確立します。
  5. ポイントをダブルクリックすると、ポリゴンが自動的に完成します。
  6. ポリゴンを右クリックし、[選択] > [ポイント削除]の順にクリックします。

ブラシ選択

  1. [検索]リボンの[ポリゴン選択]サブメニューから[ブラシを選択]をクリックします。
  2. マウスボタンをクリックしたままにすると、スキャンされたサーフェスにブラシをドラッグします。
  3. マウスボタンを放して選択領域を完成させます。
  4. 選択領域を右クリックし、[選択] > [ポイント削除]の順にクリックしスキャンポイントを削除します。

クイックビュー/平面ビューでポイントを削除

クイックビューまたは平面ビューで削除するスキャンポイントを選択するためのツールがいくつか用意されています。

  1. [ポリゴンの選択]のサブメニューをクリックします。
    • ポリゴンの選択 - ポリゴンの開始点を定義するために、ビュー領域内のポイントをクリックします。別のポイントをクリックすると、直線が 2 つのポイントを接続します。ポイントをクリックしてポリゴンを定義し続けます。ポリゴンの始点をダブルクリックしてポリゴンを閉じます。
    • 長方形の選択 - クリックしてドラッグすると、長方形のマーキーが作成されます。マウスボタンを放して領域を定義します。
    • 円を選択 - マウスホイールを使用して、選択する円形領域の直径を変更します。クリックして点の領域を選択します。
    • 楕円選択 - は、選択範囲の開始点を定義する点をクリックします。長さと楕円の回転角度を変更するのには、マウスをドラッグします。マウスホイールを使用して楕円の幅を変更します。選択の再定義は、もう一度クリックします。
    • ラインの選択 - ポイントをクリックしてラインの開始ポイントを定義します。別のポイントをクリックしてラインを終了します。移動してもう一度クリックすると、2 行目が作成されます。ダブルクリックして選択を定義します。
    • ポリエッジ選択(平面表示のみ) - これは、ポリゴン選択ツールに似ていますが、SCENE が画像内の表示されているスキャンポイントのエッジを辿る点が異なります。[エッジのスナップ]を右ダブルクリックするかチェックマークを外すと、エッジ検出をオフにできます。ダブルクリックして、選択を定義します。
  2. 選択が定義されたら。選択を右クリックし、[ポイント削除] > [削除]の順にクリックします。

選択の絞り込み

[検索]リボンの選択ツールを使用して、より複雑な選択肢を作成します。

  • 新しい選択 - 一度に選択できる領域は 1 つだけです。 
  • 選択の追加 - 複数の選択領域が既存できます。2 つの領域が交差する場合は、それらを合体させて 1 つの領域を形成します。
  • 選択の減算 - 既存の選択領域の一部を減算するために第 2 の選択領域を使用することができます。
  • 選択の交差 - 2番目の選択領域が既存の領域と交差すると、その交差によって形成される領域だけが残ります。

従来のインターフェイス

3D ビューでポイントの削除

3D ビュー、ポリゴン、およびブラシで削除するスキャンポイントを選択するためのツールは2つあります。

多角形選択

  1. 3D ツールバーで[ポリゴンセレクター]のアイコンをクリックします。
  2. スタート地点を確立するスキャン ポイントをクリックします。
  3. 追加ポイントをクリックすると、ポイントが自動で黄色い線によって繋がります。
  4. ポイントをクリックして、ポリゴンの各サイドを確立します。
  5. ポイントをダブルクリックすると、ポリゴンが自動的に完成します。
  6. ポリゴンを右クリックし、[選択] > [ポイント削除]の順にクリックします。

ブラシ選択

  1. 3D ツールバーで[3D ブラシセレクター]のアイコンをクリックします。
  2. マウスボタンをクリックしたままにすると、スキャンされたサーフェスにブラシをドラッグします。
  3. マウスボタンを放して選択領域を完成させます。
  4. 選択領域を右クリックし、[選択] > [ポイント削除]の順にクリックしスキャンポイントを削除します。

クイック/平面ビューでポイントを削除

クイックビューまたは平面ビューで削除するスキャンポイントを選択するためのツールがいくつか用意されています。

メインツールバー領域のポイント選択ツールバーでセレクタータイプをクリックします。

  • 長方形セレクター - クリックしてドラッグすると、長方形のマーキーが作成されます。マウスボタンを放して領域を定義します。
  • 行セレクター - ポイントをクリックして行の開始ポイントを定義します。別のポイントをクリックしてラインを終了します。移動してもう一度クリックすると、2 行目が作成されます。ダブルクリックして選択を定義します。
  • ポリゴンセレクター - ビュー領域内のポイントをクリックして、ポリゴンの開始点を定義します。別のポイントをクリックすると、直線が 2 つのポイントを接続します。ポイントをクリックしてポリゴンを定義し続けます。ポリゴンの始点をダブルクリックしてポリゴンを閉じます。
  • 円形セレクター - マウスホイールを使用して、選択する円形領域の直径を変更します。クリックして点の領域を選択します。 
  • 楕円セレクター - は、選択範囲の開始点を定義する点をクリックします。長さと楕円の回転角度を変更するのには、マウスをドラッグします。マウスホイールを使用して楕円の幅を変更します。選択の再定義は、もう一度クリックします。
  • ポリゴンエッジセレクター平面表示のみ) - これは、ポリゴン選択ツールに似ていますが、SCENE が画像内の表示されているスキャンポイントのエッジを辿る点が異なります。[エッジのスナップ]を右ダブルクリックするかチェックマークを外すと、エッジ検出をオフにできます。ダブルクリックして、選択を定義します。

選択の絞り込み

ポイント選択ツールバーの選択ツールの組み合わせを使用して、より複雑な選択を作成します。

  • 新しい選択 - 一度に既存できる選択領域は 1 つだけです。 
  • 選択の追加 - 複数の選択領域が既存できます。2 つの領域が交差する場合は、それらを合体させて 1 つの領域を形成します。
  • 選択の減算 - 既存の選択領域の一部を減算するために第 2 の選択領域を使用することができます。
  • 選択の交差 - 2 番目の選択領域が既存の領域と交差すると、その交差によって形成される領域だけが残ります。

 


キーワード:

削除、トリミング、切り取り、3-D ビュー