メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

すべての SCENE Suite

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

エラーコード 100 : SCENE を使用する Opengl ウィンドウの初期化に失敗した

概略

スキャンを 3D ビューで表示しようとした時、古いグラフィックドライバーを使っていると、SCENE 上にエラーコード100 と表示される事があります。

簡易手順

以下が、エラーコードをクリアするための作業手順です。詳細を参照するには。

  • グラフィックカードの名前とバージョン番号の検索。
  • グラフィックカードの製造元のサイトを検索し、最新のドライバーをダウンロードした後、アップグレードします。
  • エラーコード100 が表示されなくなったことを確認します。

準備する物

作業を開始する前に、下記を一読して下さい。

作業時間 ベンダーへの確認作業やドライバーのダウンロードの時間を含めて、1  時間から 1.5 時間。
必要な作業技術
  • Windows のOSレベルの知識
  • 一般的なコンピュータの知識
準備する物
  • インターネット接続
  • SCENE を使用するコンピュータ
対象ソフトウェア
  • Windows 8 と 8.1。Windows 7, Windows Vista, そして Windows XP のSP 3 以上
  • SCENE

グラフィックカードの名前とバージョン番号を探します

  1. 左下のウィンドウズボタンを押し、スタートメニューの下部にある検索ボックスに「システム情報」と入力。検索結果リストの中から「システム情報」を選択します。
  2. 下図の「システム情報」ウィンドウから、[コンポーネント] の【+】をクリックします。
      Windows System Information for Display Devices
  1. コンポーネントのリスト内の「ディスプレイ」をクリックします。
  2. 名前」と「ドライバーのバージョン」の部分を書き留めます。
  3. インターネットを使用して上記のグラフィックカードの製造元のサイトに行き、使用中のドライバーが最新版か確認します。
  4. 最新版ではない場合、グラフィックカードの製造元のサイトからドライバーをダウンロードします。

ベンダーに、ドライバーのダウンロードとアップグレードの確認

最新のグラフィックカードドライバのバージョンを使用していない場合は、ベンダーの指示に従ってください。

  • インテルのグラフィックカードを使っている場合、マイクロソフトからの新しいドライバーがあってもインテルから入手したドライバーをアップグレードします。
  • NVIDIA のグラフィックスカードを使用している場合は、ドライバをダウンロードして、アップグレードします。次に、グローバルプリセットを 「3D App-Game Development」 へ変更します。
    1. デスクトップ上で右クリックしてNVIDEA コントロールパネルにアクセスします。
    2. 3D 設定」 にある 「3D 設定の管理」 をクリックします。
    3. グローバルプリセットを確認し、「3D App - Game Development」 になっていなければ変更します。
引き続き、結果の確認 へ進みます。

結果の確認

SCENE で、先ほどエラーメッセージが発生したスキャンを表示 します。エラーコード100 は表示されなくなっているはずです。

次のステップ

  • FARO は常に最新のグラフィックカードドライバーを使用する事をお勧めします。新しいドライバがリリースされた時に、製造元から情報を得るためにも、ベンダーのドライバのWeb ページを適度に見てください。

 

 

キーワード

グラフィックコントローラー、グラフィックデバイス