メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

すべての SCENE Suite

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

従来のインターフェイスを使用してSCENE内のプロジェクト.lsprojファイルをエクスポートする

SCENE の画面とボックス

クイックステップ

  1. SCENE内で、エクスポートするプロジェクトポイントクラウドを開きます。 
  2. メインメニューで、ファイル > プロジェクトのスキャン > プロジェクトのエクスポートをクリックします。
  3. フォーマットフィールドをSCENE プロジェクト (*.lsproj)に設定して、プロジェクト名保存先が正しいかを確認し、エクスポートするをクリックします。

以下の詳細が表示されます。 

概要

SCENE 以外のアプリケーションで、プロジェクトポイントクラウドを開には、先ずはSCENEからエクスポートする必要があります。エクスポートする前に、すべての最新の詳細を取り入れたプロジェクトに更新してください。この操作を行うには、 SCENEユーザーマニュアル: SCENEをご参照ください。 プロジェクトポイントクラウドファイルの拡張子は.lsprojです。 

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 15 分以下
必要なスキル
  • 一般的なコンピュータスキル
  • SCENEでのスキャンデータファイルの操作に関する知識
前提条件
  • SCENE で使用するコンピュータ
  • 既存の SCENE プロジェクトポイントクラウド
このページのトップへ

詳細

  1. プロジェクトセレクター ウィンドウのSCENEで、作業をするスキャンプロジェクトの画像をクリックします。プロジェクトが開きます。
  2. メインメニューで、ファイル > プロジェクトのスキャン > プロジェクトのエクスポートをクリックします。
  3. プロジェクトのエクスポートウィンドウが表示されます。
  4. プロジェクトのエクスポートウィンドウでフォーマットフィールドをSCENE プロジェクト (*.lsproj)に設定して、プロジェクト名保存先が正しいかを確認します。正しくない場合は、適切に変更します。 
  5. エクスポート]をクリックします。プロジェクトのサイズによっては、時間がかかることがあります。  
  6. 進行状況バーとステータスメッセージが表示されたプロジェクトのエクスポートウィンドウが表示されます。OKをクリックします。

エクスポートしたプロジェクトは、 他のアプリケーションにインポートする準備ができました。

関連情報

キーワード:

プロジェクトファイルのエクスポート、プロジェクトファイルの完成、ファイルの共有