メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

SCENEオンサイト登録

概要

オンサイト登録では、1つのスキャンからでも、複数のスキャンからでも、3D スキャンデータを現場のコンピュータに直接ワイヤレスで送信して同時に処理を行うことができます。合わせて、スキャンはリアルタイムで自動的に配置可能です。

スキャナーからPCスキャナーへ接続

スキャナーへ直接するには、以下の手順で行ってください。

  1. スキャナーを起動します
  2. [管理]>[全般]>[WLAN]とメニューを進めます。
  3. [ステータス]トグルスイッチを ON 位置にします。
  4. [モード][アクセスポイント]にします。
  5. スキャナーのIPアドレスとネットワーク名をメモしてください
  6. コンピュータからスキャナーのネットワーク名と同じものを探して接続します。
  7. パスワードを使用して接続します。0123456789

注記:スキャナーのネットワークは54Mbit/sのデータ転送速度に制限されています。より高速に接続するには、[モード][アクセスポイント]から[WLAN] 切り替えることで、既存のローカルネットワーク経由でスキャナーに接続することができます。これにより、5GHzネットワークで最大150Mbit/sの転送速度を実現します。

ネットワークセキュリティステータスの確認

  1. ネットワークの一覧を開き、
  2. スキャナーのネットワーク名の[プロパティ]をクリックします。
  3. ネットワークプロファイルが[プライベート]にチェックされていることを確認します。

接続の問題が発生している場合は、ファイアウォールまたはWindowsグループポリシーがデータ転送をブロックしている可能性があります。セットアップ/トラブルシューティングの情報については、ここをクリックします。その他の接続情報については、Focus Scaner のマニュアルをダウンロードしてください。

SCENE からスキャナーへ接続

  1. PCからスキャナーへ接続が出来たら、SCENEを開きます。
  2. [設定]>[全般]に移動して、
  3. 下方にある[ユーザーインターフェイス][スキャンカテゴリを表示] にチェックが入っていることを確認します。
  4. [戻る]矢印をクリックして戻ります。
  5. [スキャン]リボンの、[オンサイト登録]をクリックします。
  6. スキャナーのIPアドレスを入力して、[接続]をクリックします。
  7. [オンサイト登録]をクリックして開始してください。

オンサイト登録

  1. スキャナ上で、[管理]>[現場登録] とメニューを進めます。
  2. [現場登録]オプションが ON の位置に切り替わっていることを確認します。
    スキャナーのファームウエアのバージョンによっては、ホーム画面のアイコンをスワイプすると有効になります。
  3. 処理を有効化とスキャン点群を構築 を設定します。
  4. 必要に応じてスキャンプロジェクトを設定します。
  5. PC で、[ホーム]をクリックして、プロジェクトの設定を再確認します。
  6. [マップ]をクリックし、
  7. [スキャンを開始]をクリックしてスキャンを開始します。

トラブルシューティング

スキャンが登録の失敗

スキャンの登録が失敗した場合、次のような警告アイコンが表示され、スキャンのステータスは失敗になります。

登録に失敗する最も可能性の高い原因は、スキャン同士のオーバーラップが不足していることがあります。

  1. スキャナを最後のスキャン位置に近づけます。
  2. もう一度スキャンすると、新しいスキャンが登録されます。
  3. 前回の失敗したスキャンを選択します。
  4. [再登録]をクリックします。
  5. スキャンに失敗した場合は、正しく登録する必要があります。

エラーメッセージ:"No Connection to SCENE.Trying to connect..."

SCENEからスキャナーに接続した後でも、スキャンの際にこのメッセージが表示された場合は、ファイアウォールがデータ転送をブロックしている可能性があります。

Windows 10 で例外のポートを追加

接続の問題が続く場合は、スキャナーの入力ポートに例外を追加する必要があります。

  1. ネットワークの[設定]画面から、[Windowsファイアウォール]をクリックします。
  2. [ファイアウォールとネットワーク保護] 画面で、[詳細設定]をクリックします。
  3. [セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール] 画面で、[受信側の規則]をクリックし、 [新しい規則...]をクリックします。
  4. [新規の受信の規則ウィザード] 画面が表示されます。[ポート]を選択して、[次へ]をクリックします。
  5. [特定のローカルポート] を選択してスキャナーのポートを入力欄に入力し注記:スキャナーのポートは、スキャナの[オンサイト登録]メニュー内に記載されています。[次へ]をクリックします。
  6. [接続を許可する] を選択して[次へ]をクリックします。
  7. [ドメイン]、[パブリック]、[プライベート]ボタンにチェックが入っているのを確認して、[次へ]をクリックします。
  8. ルールに名前を付け、必要に応じて説明を追加して、[次へ]をクリックします。

グループポリシーの編集

接続の問題が続く場合は、Windows 10 のグループ ポリシーで安全でないゲストログオンを有効にする必要があります。

  1. Windowsの検索欄に "グループポリシー" と入力します。
  2. 一覧から[グループポリシーの編集]をクリックします
  3. [ローカルグループポリシーエディター] 画面から、[コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > ネットワーク > Lanmanワークステーション > 安全でないゲストログオンを有効にする]を開きます。
  4. [ポリシー設定]リンクをクリックします。
  5. [有効]にチェックを付けます。
  6. [OK]をクリックして閉じます。
  7. コンピュータを再起動してください。