メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2020

2019

FARO®ナレッジベース

SCENE でのオンサイト登録

概要

オンサイト登録では、1回のスキャンからでも、複数のスキャンからでも、3Dスキャンデータを現場のコンピュータに直接ワイヤレスで送信して同時に処理を行うことができます。合わせて、スキャンはリアルタイムで自動的に配置可能です。

スキャナーからPCスキャナーへ接続

スキャナーへ直接するには、以下の手順で行ってください。

  1. スキャナーを起動します
  2. 管理 > 全般 > WLAN とメニューを進めます。
  3. モードをアクセスポイントにします。
  4. ステータスのスイッチを ONの位置にします。
  5. スキャナーのIPアドレスとネットワーク名をメモしてください。
  6. コンピュータからスキャナーのネットワーク名と同じものを探して接続します。
  7. デフォルトのパスワード: 0123456789 を使用して接続します。

注: スキャナーのネットワークは54Mbit/sのデータ転送速度に制限されています。より高速に接続するには、モードをアクセスポイントからWLANに切り替えることで、既存のローカルネットワーク経由でスキャナーに接続することができます。これにより、5GHzネットワークで最大150Mbit/sの転送速度を実現します。

ネットワークセキュリティステータスの確認

  1. ネットワークの一覧を開き、
  2. スキャナーの プロパティ をクリックします。
  3. ネットワークプロファイルがプライベートが選択されていることを確認してください。

接続の問題が発生している場合は、ファイアウォールまたはWindowsグループポリシーがデータ転送をブロックしている可能性があります。セットアップ/トラブルシューティングについては、ここをクリックしてください。その他の接続情報については、Focusスキャナーのマニュアルをダウンロードしてください。

SCENE からスキャナーへ接続します。

  1. PCからスキャナーへ接続が出来たら、SCENEを開きます。
  2. 設定 全般 に移動して、
  3. 下方にある ユーザーインターフェイススキャンカテゴリを表示 にチェックが入っていることを確認します。
  4. 矢印アイコン をクリックして戻ります。
  5. スキャン リボンの オンサイト登録 をクリックします。
  6. スキャナーのIPアドレスを入力して 接続 をクリックします。
  7. オンサイト登録を開始ください。

オンサイト登録

  1. スキャナーを起動して 管理オンサイト登録 とメニューを進めます。
  2. 現場登録 をONにしてオンサイト登録を有効にします。スキャナーのファームウエアのバージョンによっては、ホーム画面のアイコンをスワイプすると有効になります。
  3. 処理を有効化とスキャン点群を構築 を設定します。
  4. 必要に応じてスキャンプロジェクトを設定します。
  5. PC で ホーム をクリックして、プロジェクトの設定を再確認します。
  6. マップ をクリックして、
  7. スキャンの開始 をクリックして開始できます。

トラブルシューティング

スキャンの登録の失敗

スキャンの登録が失敗した場合、次のような警告アイコンが表示されます。

. 登録に失敗する最も可能性の高い原因は、スキャン同士のオーバーラップが不足していることがあります。

  1. スキャナーを失敗したスキャン位置に近づけます。
  2. もう一度スキャンすると、新しいスキャンが登録されます。
  3. 前回の失敗したスキャンを選択します。
  4. 再登録 をクリックします。
  5. 失敗したスキャンが正しく配置されます。

エラーメッセージ: "No Connection to SCENE. Trying to connect..."

SCENEからスキャナに接続した後でも、スキャンの際にこのメッセージが表示された場合は、ファイアウォールがデータ転送をブロックしている可能性があります。

Windows 10 で例外のポートを追加

接続の問題が続く場合は、スキャナーの入力ポートに例外を追加する必要があります。

  1. ネットワークの設定画面から Windowsファイアウォール をクリックします。
  2. ファイアウォールとネットワーク保護 の画面から 詳細設定 をクリックします。
  3. セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール 画面で 受信側の規則 をクリックして、新しい規則... をクリックします。
  4. 新規の受信の規則ウィザード 画面が表示されます。 ポート を選択して 次へ をクリックします。
  5. 特定のローカルポート を選択してスキャナーのポートを入力欄に入力し 次へ をクリックします。 注)スキャナーのポートはスキャナーのオンサイト登録のメニュー内に記載されています。
  6. 接続を許可する を選択して 次へ をクリックします。
  7. ドメイン、プライベート、パブリックのそれぞれにチェックが入っているのを確認して、次へ をクリックします。
  8. ルールに名前を付け、必要に応じて説明を追加して、次へ をクリックします。

グループポリシーの編集

接続の問題が続く場合は、Windows 10 のグループ ポリシーで安全でないゲスト ログオンを有効にする必要があります。

  1. Windowsの検索欄に "グループポリシー" と入力します。
  2. 一覧からグループポリシーの編集. をクリックします。
  3. ローカルグループポリシーエディター画面から、コンピュータの構成管理用テンプレートネットワークLanmanワークステーション安全でないゲストログオンを有効にする を開きます。
  4. ポリシー設定 をクリックします。
  5. 有効 をクリックします。
  6. OK をクリックして閉じます。
  7. コンピュータを再起動してください。
  • この記事は役に立ちましたか?