メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019    
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019                
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019                
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019                
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template                  
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Open Tech Dental Open Technologies Scanner - NeWay Open Technologies Scanner - Click Open Technologies Scanner - Deluxe Open Technologies Scanner - Smart Open Technologies Scanner - Easy Open Technologies Software - 1Click Open Technologies Software - Optical RevEng Dental Open Technologies Software - ScanWay    
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - LECシリーズ コントローラ - Maestro 3000 Nutfield - Nutfieldハードウェア Nutfield - Nutfieldソフトウェア スキャンヘッド - Blink Focuser
Photonics WinLase - Pro WinLase - LAN WinLase - 6              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
Scan in a Box Scan in a Box - M Scan in a Box - S                
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019 SCENE - 2go App                
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Structured Light Scanners Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
FARO®ナレッジベース

SCENE の SDK ファイルのダウンロードとインストール

FARO SCENEの画面とボックス

SDK をダウンロードする

FARO SCENE SDK を使用すると、ソフトウェア開発者は、AutoDesk Recap などのサードパーティ製ソフトウェアで SCENE データファイルを開くアプリケーションを作成できます。この SDKは、FARO® Laser Scanner Focus の制御機能を拡張したり、カスタムあるいは占有ソフトウェアにスキャンを読み込んだりするアプリケーションを開発するために意図されたものではありません FAROサポートに連絡し、必要な非公開契約に署名することで 、機能を拡張するために作成された別個のSDKをリクエストすることができます。

下のリンクをクリックすると、最新のFARO® SCENE ソフトウェア開発キット (SDK) の 64 ビット版をダウンロードできます。以前のバージョンが必要な場合は、ここをクリックしてください 。

注:FARO FocusSおよびFocusMスキャナーの新しい改訂版のため、2019年3月から新しいファイルフォーマットを紹介します。
2019.0.0.1457より前にリリースされたFARO SCENE SDKバージョンは、ファームウェアバージョン6.4.0以降でFARO FocusSおよびFocusMスキャナー(リビジョンB、2019年3月以降に配布)を使用して生成されたスキャンをインポートできません。 

リリース日 バージョン  
2019年8月9日 2019.1.2.2552 ダウンロード
 

SDK のインストール

最新バージョンの SDK を使用する前に、まず既存のインストールをすべてアンインストールしてください。

既存の SDK のアンインストール

  1. AutoDesk Recap など、SCENE SDK と通信する可能性のあるアプリケーションが閉じられていることを確認します。 
  2. [スタート]>[コントロール パネル]>[プログラム]>[プログラムと機能]に進みます。 
  3. リストを参照して、FARO LS x.x.x.x (64 ビット)を見つけます。SDK がリストに表示されない場合は、インストールの先へ進みます。
  4. SDK 名を右クリックして [アンインストール] をクリックし、続くプロンプトに従います。

SCENE SDK のインストール

  1. お使いの PC がインターネットに接続されていること、および管理者アクセス権があることを確認してください。
  2. SDK インストールファイルを保存した場所に移動します。ファイル名のバージョン番号を書き留めます(x.x.x.x)。
  3. ファイルをダブルクリックし、プロンプトに従ってインストールします。
  4. インストールが完了したら、[完了]をクリックします。

結果を確認します。

コントロールパネルに、FARO LS x.x.x.x が、適切なバージョンで表示されていることを確認します。

  1. [スタート]>[コントロール パネル]>[プログラム]>[プログラムと機能]に進みます。 
  2. リストを参照し、FARO LS x.x.x.x を見つけると、バージョン列の番号が書き留めたものと同じ番号に変わっていることが分かります。
    注記: コントロールパネルに表示されるバージョン番号は、「2019.0.1457」ではなく「7.3.0.1457」と表示されることがあります。

DLL の登録

この手順は、SCENE SDK DLL ファイルの手動の登録方法です。手順 1 を行った後に、最新の SDK バージョンにのみ *.bat ファイルを使って .DLL を登録する場合は、ここをクリックして手順 2〜5 を実行し、*.bat ファイルをダウンロードします。注記: *.bat ファイルの使用方法がわからない場合は、この手順内のマニュアルの指示に従います。

  1. 管理者として、[スタート] >[すべてのプログラム] >[アクセサリ]に進み、コマンドプロンプトを開きます。コマンドプロンプトを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

    ​​ユーザーが追加した画像

  2. コマンドプロンプトウィンドウが表示されます。プロンプトが 「C:\Windows\System32>」を指していない場合、次のように移動します。
    • c:と入力して Enter を押します。これがうまくいかない場合、cd c:\ と入力して Enter を押します。これらのいずれかが機能します。
    • プロンプト c:\ で、「cd windows\system32」と入力して、Enter を押します。
      コマンドプロンプト
  3. 次を強調表示させてコピーします: regsvr32 C:\Windows\winsxs\amd64_faro.ls_1d23f5635ba800ab_1.1.704.2_none_3592b3ab3569fa7d\iqopen.dll
  4. コマンドプロンプトウィンドウのタイトルバーで、左上にあるアイコンをクリックし、[編集]までスクロールして[貼り付け]をクリックして Enter を押してます。
    DOS コマンドウィンドウの貼り付け機能
  5. 登録が完了したことを示すダイアログボックスが表示されます。

    ユーザーが追加した画像

  6. [結果を確認]に進み、続行します。

結果を確認します。

DLL が正常に登録されたことを確認するための唯一の方法は、AutoDesk Recap などサードパーティソフトウェアでのネイティブの SCENE ファイル (*.fls、*.fws、*.lsproj) で開くことです。

関連項目

キーワード

リキャップ、リキャップ、オードデスク、オートキャド、インポート、エクスポート、dll、dll、dll、登録する、登録