メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

FARO®ナレッジベース

SCENE 2goを使用したスキャンプロジェクトの共有

SCENE2go_logo.png

 

クイックステップ

  1. App リボンにあるSCENE_2go のサブメニューからSCENE 2go データの作成 をクリックします。
  2. エクスポート設定を調整してからエクスポートをクリックします。
  3. SCENE_2go のサブメニューからSCENE 2go データを転送をクリックしてUSBメモリや他のストレージ機器にコピーします。

ビデオ

この6分間のビデオで、FARO® のセールスエンジニアであるSi Hortonは、ファイルをエクスポートする方法を含むSCENE 2goの機能について説明します。

概要

SCENE 2goは、SCENEプロジェクト用のポータブルビューアです。 これはWebShare 2Go 2.0の後継製品です。 1つまたは複数のスキャンプロジェクトのSCENE 2goデータをUSBスティック(またはその他の外部記憶メディア)に保存して、オンライン接続を必要とせずにこれらのスキャンプロジェクトをコンピュータで表示することができます。 

準備

作業を開始する前にこの表を確認ください。

所要時間 5 分程度
必要なスキル
  • Microsoft Windowsの一般的な知識
  • 一般的なコンピュータースキル

 

前提条件
  • インターネット接続
  • SCENE 7.1 以降がインストールされていること。
  • SCENE 2go app がインストールされていること。

 

ワークフローインターフェイス

  1. ワークフローインターフェイスの上部右端にあるApp アイコン   をクリックください。
  2. Apps リボンにあるSCENE_2go のサブメニューからSCENE 2go データの作成 をクリックします。
  3. エクスポート設定 を選んでからエクスポートをクリックします。
  4. データの作成が完了したら、SCENE_2go のサブメニューからSCENE 2go データを転送 をクリックします。
  5. ... をクリックしてプロジェクト保存するドライブやフォルダを選択します。
  6. データを転送 をクリックします。
  7. Transfer Result ウィンドウのSCENE 2goでプロジェクトを開く をクリックしてエクスポートしたデータを確認するかOKをクリックします。

従来のインターフェイス

  1. SCENE_2go ツールバーにあるSCENE 2go データの作成 アイコン   をクリックしてください。
  2. エクスポート設定 を選んでからエクスポートをクリックします
  3. データの作成が完了したら、SCENE_2go ツールバーにあるSCENE 2go データを転送アイコン  をクリックします。
  4. ... をクリックしてプロジェクト保存するドライブやフォルダを選択します。
  5. データを転送 をクリックします。
  6. Transfer Result ウィンドウのSCENE 2goでプロジェクトを開く をクリックしてエクスポートしたデータを確認するかOKをクリックします。

エクスポート設定

  • 概観マップ設定 - この設定はスキャンマップの見た目を変更します。
  • 標準ビュー - このビューには、通常のカラーオーバービューマップが含まれています。
  • クリアビュー - この設定では、部分的に透明なマップが作成されます。
  • ギャップの塗りつぶし - この設定を使用すると、スキャンポイントのギャップを埋め、高品質の画像を作成します
  •  SCENE 外観マップ - グレースケールマップが作成されます。
  • 背景色 - この設定は、概観マップの背後にある色を変更します。
  • スキャンオーバーレイを作成 - This option displays the coverage of each scan in the map. このオプションは、各スキャンの対応範囲をマップに表示できます。
  • シングルレイヤー - This option creates a map with a single layer.このオプションは、シングルレイヤーのマップを作成します。
    • クリッピングボックスを適用 - このオプションは、マップでクリッピングボックスを有効にします。
  • マルチレイヤーマップ - このオプションを使用すると、クリッピングボックスで定義されたマルチレイヤーマップを作成できます。
  • レイアウトプランをエクスポート - この設定では、複数のレイアウトプランのエクスポートを有効にできます。
  • パノラマ設定 - これらのオプションを使用すると、HDのイメージをエクスポート出来ます。
  • 色設定 - これらのオプションを使用すると、カラーおよび/ またはグレイスケール画像としてエクスポートできます。

プロジェクト設定

  • 名前 - SCENE 2goのプロジェクトセレクタに使用するスキャンプロジェクトの名前を入力します。
  • URL 識別子 - これはデフォルトでプロジェクト名と同じですが、必要に応じて変更できます。
  • 要素プロジェクト – このチェックボックスをOnにすると要素プロジェクトが有効になります。このボックスは画面上部に表示され、複数のプロジェクトがある場合に役立ちます。
  • 説明 – このプロジェクトの説明テキストを入力します。
  • キーワード – プロジェクトに関連付けられたキーワードをカンマ区切りで入力します。
  • プロジェクト座標 – プロジェクトのワールド座標を入力します。緯度は-90 から 90 の範囲、経度は -180 から 180 の範囲の 10 進数値にする必要があります。
  • 注意:緯度と経度はGoogleマップの地図を直接クリックして指定します。

参照

 

キーワード

スキャンのエクスポート, USB, SCENEを使わずにスキャンを表示, プロジェクトを表示