メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler            
BuildIT BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4      
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro    
FARO Zone FARO Zone - 2D FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2018              
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template                  
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Si Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - Maestro 3000 Nutfield - Nutfieldハードウェア Nutfield - Nutfieldソフトウェア コントローラ - LECシリーズ  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 4.x SCENE - 5.x SCENE - 6.x SCENE - 7.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019                  
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Structured Light Scanners Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
FARO®ナレッジベース

エラー (Measure X1) : 不特定のエラー

エラー:次の理由でログを開けませんでした:詳細不明のエラー。
エラーの発生時に、次の理由でログを開けませんでした:詳細不明のエラー。ユーザーがエラーメッセージ上で [OK] をクリックした後でソフトウェアが起動するかどうかを確認します。ユーザーは、CADモデルの操作中にソフトウェアが固まるだけでなく、ログファイルを開かないことも報告されます。[OK] をクリックした後もアプリケーションが起動する場合、エラーは、C:\Documents and Settings\(ユーザーのログイン、またはコンピュータ名)\Local Settings\Application Data\FARO\CAD Engine\1.0\CADEngine.log を参照します。このログファイルには実行されるすべてのコマンドが記録され、アプリケーションに問題がある場合、デバッグの目的で実行されるイベントがログされます。このログが破損しているか、またはアプリケーションがログを開いているためイベントを記録できない可能性があります。このログは主に問題の調査に使用されるため、この現象はアプリケーションの機能に影響は与えません。このログファイルの名前の変更/消去を行い、アプリケーションを再起動します。新しいログファイルが起動時に作成されるため、エラーは発生しません。この方法で問題が修正されない場合、次は、使用中のソフトウェアに最新の更新が行われていることを確認する手順を行います。その後、次のステップに沿って、このソフトウェアをアンインストールして、再インストールを試みます。ソフトウェアを再インストールするには次の手順を実行します。

Measure Measureのアンインストール方法:

1. 必要なプログラムやファイルをバックアップしていることを確認します。(安全なフォルダにこれらのファイルを保存します)
2. [スタート] → [コントロールパネル] → [プログラムの追加と削除] の順に進みます。
3. FARO Measureソフトウェアを選択して、[変更/削除] をクリックします。
4. 完了したら、
Win XPの場合: [スタート] → [ファイル名を指定して実行] に進みます。
Win 7の場合: [スタート] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [コマンドプロンプト]に進みます。
「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
5. 次のフォルダを削除します:HKEY_CURRENT_USER\Software\FARO\CAD Engine
6. 次のフォルダも削除します:HKEY_CURRENT_USER\Software\FARO\Measure Measure\5.0
7. コンピュータを再起動すると、ソフトウェアを再びインストールする準備ができます。

Measure Measureのインストール方法:

1. ハードドライブにMeasure Measure CDを挿入します(CDが自動的に実行されます。実行されない場合、CD内を探し、「CAM2MeasureSetup.exe」をダブルクリックします。)
2. 希望の言語を選択します。
3. Windowsインストーラによってインストールが設定されます。インストールしたい機能を選択するよう求めるメッセージが表示されます。
4. それぞれのボックスをクリックし、「ローカルハードドライブにこの機能とすべてのサブ機能をインストールする」を選択することをお勧めします。
5. このソフトウェアを 1 人のユーザーとすべてのユーザーのどちらにインストールかを確認するメッセージが表示されます。1 人のユーザーを選択すると、現在のユーザーのWindowsアカウントにのみこのソフトウェアが表示されます。
6. インストールフォルダの場所を指定するように求めるメッセージが表示されます。初期設定では、[スタートメニュー] → [すべてのプログラム] → [FARO] にソフトウェアが設定されます。
7. Windowsインストーラがインストールを終了します。
8. 終了したら、ドライブからCDを取り外し、Measure Measureケースに収納します。これでも問題が解決されない場合、FARO カスタマーサポート(supportjapan@faro.comまたは 0120-922-927)にお問い合わせください。
 

 


キーワード:

詳細不明のエラー