メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

CAM2

Measure

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

Measure 4 から追加された Measure X の新機能

Measure X V1.0の新しい機能は?
 

Measure Xで強化された内容を含め、新たな機能とコマンドを以下に述べます。

全般

  • 新しいグラフィックとCADエンジンについて、現在2つのMeasure X ファイル拡張子として、Faro CAD データ fcm形式と Measure X の fce 形式があります。すべてのCAD部品データを含んだ各ファイルの代わりに複数の測定ファイルを一つのCADファイルとして参照できます。
  • スクリーンラベルの追加、移動、変更をします。 ビューをセットしたり、フィーチャーの検証コマンドを使用して、各々の要素情報を確認します。
  • 機能の制約。要素計算のパラメータ設定。さらに多くの情報のため向け。
  • 新規のショートカットキー
  • 新しい断面測定と要素のレポートフォーマットの単一形式化

ファイルメニュー

  • 挿入サブメニュー
  • 一つの画面内に複数のCADデータを追加
  • 複数のCADデータを系列要にフォルダの追加
  • 写真やイメージファイル、図面の追加
  • CAD Translator はCADインポートコマンドへ置き換えました。61ページのCAD Translator を見て下さい。Measure MeasureX では、IGES、VDA、CATIA V4 および V5、Unigraphics、Parasolid、SolidWorks、Solid Edge、OpenNURBS の形式のサポートをしています。
  • CAD パーツのプロパティ。それぞれのCAD パーツにはプロパティから ミラー、オフセット、色調整をすることができます。
  • エクスポート要素。エクスポートする測定要素はIGES フォーマットにしてCADファイルにできます。
  • ラベルコマンドを取り除きました。現在の要素プロパティをスクリーンラベル上に追加できます。
  • ミラーコマンドを取り除きました。ミラーリングが完了したファイルを、新しいバージョンから利用できます。

フィーチャーの検証

  • 公称値ウィスカ。測定結果と公称値との偏差を比較するウィスカ機能を追加しました。
  • ラベルタブ
  • スクリーンラベルの修正とそれぞれの要素に対して、ラベルフォーマットの編集
  • タブの抑制
  • 値を用いて、要素の計算をコントロールします。

パーツ - 環境設定

  • ラベル。それぞれの要素タイプによる、スクリーンラベルの初期設定を変更することができます。
  • 抑制。値を用いて、要素の計算をコントロールします。
  • 新しいその他のパーツ設定
  • 現在のレイヤー上にある要素位置。要素を現在のレイヤーに追加でき、特定のレイヤーを持たせません。
  • ホームイン点の自動測定機能。プローブがホームイン点の範囲に入ると、自動的に測定を行います。
  • 補正軸点モード。測定するサーフェス面は球の補正点機能を使用します。

表示メニュー

  • 新しいズームコマンド
  • 新しい移動コマンド
  • 新しい回転コマンド
  • ラベルの調整。自動的にスクリーンラベルを調整します。
  • 中心ビュー。スクリーンビュー中心で要素を選択します。
  • フルスクリーン。モニタースクリーン全画面表示を設定します。
  • グリッド。ビューにグリッドを追加します。
  • ビューを挿入します。マルチビューウィンドウにして図面ファイルを追加します。
  • ショートカッキーの修正
  • 新しいレイヤーラベルコマンド。フィルターリングによるレイヤー調整。
  • エクスポートのイメージ。グラフィックファイルを現在のビューにエクスポートします。
  • 現在のビューを電子メールを使い送れます。
  • デザインモード。ビューウィンドウを修正するデザインモードへの切り替え
     

測定メニュー

  • 測定結果のダイヤログの要素に対するラベルを追加します。
  • 測定結果のダイヤログの要素に対する制限設定します。

作成メニュー

  • 321の座標系作成コマンドでは線と線と点による座標系作成が行えます。
  • 作成の線の追加オプション:平行コマンド
  • 作成の線の追加オプション:直角コマンド

寸法メニュー

  • ウィスカコマンドが取り除かれました。要素プロパティ内に公称のウィスカがあり、フィーチャーの検証コマンドを使用する事で調整されます。

 

キーワード:

X, x, Measure 5.0, Measure, Measure, 5, 5.0, Upgrade, ソフトウェア, 更新

  • この記事は役に立ちましたか?