メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019    
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019                
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019                
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019                
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template                  
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Open Tech Dental Open Technologies Scanner - NeWay Open Technologies Scanner - Click Open Technologies Scanner - Deluxe Open Technologies Scanner - Smart Open Technologies Scanner - Easy Open Technologies Software - 1Click Open Technologies Software - Optical RevEng Dental Open Technologies Software - ScanWay    
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - LECシリーズ コントローラ - Maestro 3000 Nutfield - Nutfieldハードウェア Nutfield - Nutfieldソフトウェア スキャンヘッド - Blink Focuser
Photonics WinLase - Pro WinLase - LAN WinLase - 6              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
Scan in a Box Scan in a Box - M Scan in a Box - S                
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019 SCENE - 2go App                
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
FARO®ナレッジベース

ScanPlan でスキャンを作成する

ScanPlan.PNG

概要

FARO® ScanPlanTM は、災害対応や脅威の評価、犯罪/火災調査を行うための 2D フロアプランをキャプチャ・ビジュアル化する軽量のハンドヘルドマッパーです。スキャナは互換性のあるスマートフォンまたはタブレット/PCから制御できます。フロアプランを作成するには、 電話またはタブレット/PC を ScanPlan に接続して以下の手順に従ってください。

マップを作成する

プロジェクトのスキャンを開始する前に、一度にスキャンする領域を決め、スキャンプロジェクトをどのように編成するかを決めることをお勧めします。ScanPlan を使用すると、プロジェクトをレベル別に縦割りにし、各レベルに複数のフロアプランを記録できます。注記: フロアプランの記録を中止すると、再スキャンや注釈の追加ができなくなります。スキャンを続けるには、新しいフロアプランを作成する必要があります。

  1. プロジェクトのホームページで、プロジェクトの新規作成ボタンを押します。

     
  2. プロジェクト名を入力して、[作成]を押します。

    注:既存のプロジェクトを表示している場合は、追加アイコン  を押すと新しいプランを作成できます。
  3. 新しいプランに名前を付け、必要に応じてレベル番号を変更します。

    注記: レベル番号を変更すると、プロジェクト内でスキャン領域が表示される場所が変わります。より高いレベル数を指定すると、新規のフロアプランはプロジェクトのより高い位置に配置されます。
  4. [追加]を押すと、新しいプランを作成してマッピングを開始します。 
  5. プランのスキャンが終了したら、停止ボタンを押します。

ヒントとコツ

  • プラン名は、わかりやすいものを使用してください。たとえば、「FARO-Building、Floor 1」といった具合です。
  • 一般的に、作業は最低レベルから始めて次第に上方向へ移動するのが良いでしょう。
  • 始める前に ScanPlan バッテリーが完全に充電されていて、十分な保存スペースがあることを確認してください。
  • フロアプランを検証する際には、周囲の環境に注意してください。
  • スキャニングエリア内を移動するのが困難になる可能性のある徒歩交通量や障害物を制限するようにしてください。
  • ガラスや反射率の高い表面など、一部の表面はマッピングが困難な場合があります。
  • フロアプランの登録を容易にするために、注釈を重要なポイントに配置します。

注釈を追加する

マッピングを開始すると、フロアプランに対する自分の位置と向いている方向がアイコンで表示されます。

現在の位置に注釈を追加するには、ドキュメンテーションボタン を押して注釈アイコンのリストを表示します。

  •  距離や面積を測ります。
    • 距離を測定 - 移動しながら、ポイント追加ボタン  を押して測定点を作成します。終了ボタンを押して 測定値を作成します。
    • 領域を測定 - 移動しながら、ポイント追加ボタン  を押して測定点を作成します。ScanPlan アプリは自動的に 3 つ以上のポイントを形に結合します。終了ボタンを押して 測定値を作成します。
  •  ファイルを添付してください。
  •  携帯電話で写真を撮り、それをフロアプランに添付します。
  •  短いメッセージを添付してください。

注釈の追加が終了したら、対応するシンボルがフロアプランに表示されます。

注釈と利用可能な編集機能を表示するには、シンボルをタップします。

  •  注釈を削除します。
  •  画像を置き換えます。
  •  注釈ファイルをダウンロードしてください。
  •  既存の注釈を編集します。

フロアプランを登録する

プロジェクトに複数のフロアプランが含まれている場合は、編集機能を使用してプランを登録または調整できます。プロジェクトを表示する際に、編集ボタン を押すと編集モードに入ります。

  • フロアプランを選択して緑色になるまでタップ&ホールドします。押し続けた状態で、指をドラッグしてプランを移動するか、もう1本の指を使ってプランをグリッド上で回転させます。
  • スライダを使用して、平面図の高さをそのレベルで変更します。
  • 移動ボタン を押して、フロアプランを別のプロジェクトレベルに移動します。

同じレベルに複数のフロアプランを登録する

同じレベルに複数のフロアプランがある場合は、編集ボタンを押すときに使用している表示モードによって、平面図の回転方法が決まります。

  • 3D モード  の場合、編集ボタンを押すと、そのレベルのすべてのプランが一緒に移動します。
  • レベルモード にいる場合は、編集ボタンを押すと、各フロアプランをレベルごとではなく個別に移動できます。

壁のあるフロアプランを見るには、壁ボタン を押してください。

関連項目

キーワード

チュートリアル、マッピング、フロアプラン、スキャン、メモの追加、マップの作成