メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2023 CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020
CAM2 CAM2 - 2021                  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Connect FARO Connect - Connect                  
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021 FARO Zone 2D - 2022 FARO Zone 2D - 2023        
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021 FARO Zone 3D - 2022 FARO Zone 3D - 2023 FARO Zone 3D - 2024      
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021 FARO Zone 3D Advanced - 2022          
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage FaroArm/ScanArm - Quantum S Max FaroArm/ScanArm - Quantum M Max FaroArm/ScanArm - Quantum E Max FaroArm/ScanArm - Gage Max        
GeoSLAM Software GeoSLAM Software - Connect GeoSLAM Software - Draw GeoSLAM Software - Hub GeoSLAM Software - Volumes            
GeoSLAM ZEB GeoSLAM ZEB - Horizon GeoSLAM ZEB - Horizon RT GeoSLAM ZEB - Revo GeoSLAM ZEB - Revo RT GeoSLAM ZEB - Go          
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語 言語 - コリアン  
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift 3Dレーザースキャナ - Focus Premium
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus Core                  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Mobile Scanner Mobile Scanner - Orbis                  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020 SCENE - 2021 SCENE - 2022 SCENE - 2023          
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Sphere FARO Sphere - Sphere                  
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                
FARO®ナレッジベース

お使いの電話を ScanPlan につなげる

ScanPlan.PNG

クイックステップ

  1. 磁気ストリップを電話の背面に向きを合わせて取り付けます。
  2. USB アダプタを電話機の USB ポートに接続します。
  3. 電話を ScanPlanTM トレイに差し込み、ScanPlan の USB ポートに差し込みます。

概要

対応スマートフォン マグネットと磁気ステッカー、USB ポートを使用してFARO® ScanPlan に取り付けます。電話の本体が正しく収まるようにするには、次の手順に従ってください。

電話を準備する

  1. ScanPlan の上部にある電話トレイを開き、ゆっくりと押してトレイを所定の位置にはめ込みます。注記: マグネットはお使いの携帯電話を ScanPlan に接続するために使用され、中央の仕切りの近くのトレイスクリーンの後ろにあります。 

  2. 携帯電話の背面の磁石が接触する場所に金属製のステッカーを貼ります。 
    注記: 厚みのある電話ケースを使用している場合は、充電ポートとScanPlan ポートの位置が合わない場合もあります。その場合は電話ケースを取り外すか、より薄いケースと交換してください。

  3. ScanPlan には 3 つの磁気 USB アダプタが付属しています。

    電話の充電ポートに合ったアダプタを見つけて、慎重にポートに差し込みます。

Android

ScanPlan に接続するには、USB テザリングを有効にする必要があります。アプリによって自動的に正しい設定ページに移動します([設定] < [接続] < [モバイルポットスポットとテザリング])。アプリを起動して[USB 接続]を選択します。USB テザリングを有効にします。注記: Android システムでは、電話が再接続されるたびにこの手順を実行する必要があります。

iOS

電話からデバイスを信頼するかどうかの確認を求められます。確認すると、接続が完了します。

初めて接続するときは、USB 経由で接続の共有を有効にする必要があります。[設定] > [パーソナルホットスポット] へ移動して、パーソナルホットスポットを有効にします。これにより、ScanPlan と iOS デバイス間の接続が可能になります。注記: お使いの携帯電話もモバイルアクセスポイントとして機能し、その接続を共有できるようになるので、慎重に WLAN パスワードを選択してください

電話を接続する

  1. 電源ボタンを押して ScanPlan の電源を入れます。起動中はボタンの LED が点滅し、ScanPlan のスキャンの準備ができると点滅が停止します。

  2. スマートフォンの電源を入れます。電話トレイを開き、カチッと所定の位置に収まるまでゆっくり押します。

  3. スマートフォンをトレイに配置します。トレイに入っているマグネットがしっかりと固定されます。

  4. USB ポートがトレイの下部にある磁気 USB コネクタと揃うように電話を置きます。

    電話のバッテリマークが充電中であることを示していれば、電話は正しく配置されています。

  5. ScanPlan アプリを開き、アイコンをタップして ScanPlan に接続します。アプリと ScanPlan が接続されている場合は、利用可能なプロジェクトの一覧が表示されます。 

関連項目

キーワード

接続、電話、接続、インストール、スキャン、計画、コネクタ