メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

2D Hand Held Scanner

ScanPlan

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

ScanPlanクイックガイド

  1. 底面(ハンドル付近)の電源ボタンを3秒間押してScanPlanの電源を入れます。
  2. 携帯電話のトレイをカチッと音がするまで開きます。
  3. 適切なUSBマグネットアダプターを携帯電話の充電ポートにセットし、トレイに装着します。
    注記:USBテザリングではなく、WiFi接続で使用するのがベストです。ただし、どのような場合でも、ステップ3で説明したように、物理的な接続を確立する必要があります。
  4. 携帯電話の利用可能なWiFi接続リストから、SPで始まり、シリアル番号が続くネットワークを選択します。  
    1. デフォルトのパスワードは0123456789です(すでに他のワイヤレスネットワークに接続されている場合は、ScanPlanに接続することはできません)
  5. 携帯電話でScanPlanアプリを開きます。 
    1. Connect To ScanPlanを選択します。
    2. 右下の青いプラス「+」アイコンを選択して、プロジェクトを作成します。  
    3. プロジェクト名を指定します。スペースを使わないようにしてください。
    4. レベルの初期値は1ですが、複数のレイヤーを扱う場合は必ず変更してください。
    5. 開始を選択

データのキャプチャ

歩いてデータをキャプチャすることができます(視野角230°)。スキャンの最初と最後には必ずオーバーラップを行います。

注記:ScanPlanはできる限り水平に保つようにします。
データをキャプチャしながらライブ配信が可能です。もし、データが欠損していたら、そのポイントまで戻って、もう一度スキャンします。

データの記録

データを記録する場合は、右下に開始と停止のオプションがあります。 

気になるポイントがあれば、右下の+アイコンを選択します。
写真やその他の注釈を追加するオプションが用意されています。測定値やルームプランナーの機能も、同じ列から利用することができます。

写真 

  1. アノテーションでは、お好みの配置モードを選択します。
  2. 写真のアイコンを選択します。
  3. 画面の指示に従って、写真を撮影します。
  4. 確定

測定

  1. 測定アイコンを選択し、ポジションモード(移動&配置、ポイント&配置)を選択します。  
  2. 距離またはエリアを選択します。 
  3. レーザーポイントがマークしたいポイントに一致するまで(配置モードによっては前か下)、最初の位置に移動します。  
  4. 測定ポイントの追加」をタップします。 
  5. その後、2つ目のポイントに移動し、再度「測定ポイントの追加」をタップします。同じ手順を繰り返すことで、さらにポイントを増やすことができます。
  6. 測定が終了したら、「測定の終了」を選択します。
  7. マッピングが完了したら、STOPアイコンを選択します。
  8. SAVEを確定すると、マッピングがロードされます。

最適化の使用

上の赤い文字で表示されるプロンプトで「最適化」を選択するか、「エクスポート」を使用する場合は、プロジェクトを最適化する必要があります。

  1. チェックボックスで最適化する最適化を選択し、開始を選択します。
  2. 完了したら、完了を選択します。

プロジェクトのエクスポート

プロジェクトのタイトルの下に矢印があります。このオプションでは、スキャンアシストエクスポートと最適化が可能です。
ここから、プロジェクトをエクスポートすることができます。

  1. ご希望のエクスポートオプションを選択します。
  2. エクスポート用のストレージタイプ(ローカルまたはUSBドライブ)を選択します。
  3. 左上の「X」をタップすると、Export Managerが終了します。

WebShareにエクスポートするには、ScanPlanをインターネットのWiFiネットワークに接続させる必要があります。

  1. WebShareにエクスポート」をクリックし、お好みのインターネットWiFiネットワークを選択します。
  2. WiFiのパスワードを入力する画面が表示されます。
  3. 接続」をクリックすると、接続が確立されます。

その他のエクスポートについては、USBドライブやScanPlanに接続されたデバイス(デスクトップやスマートフォン)にエクスポートすることができます。

パノラマ画像

リコーTHETAのカメラでパノラマ撮影をする場合:

  1. カメラを三脚に取り付け、カメラの電源を入れます。
  2. ScanPlanアプリを起動し、新規または既存のプロジェクトを開きます。
  3. WiFi設定で、THETAで始まる無線ネットワークを使ってカメラに接続します。
  4. +」ボタンをクリックし、「Pano Photos」を選択します。 ScanPlanは近くのTHETAカメラを探し始めます。
  5. THETAが見つかると、「はい」をクリックしてダイアログを確認します。 
  6. 撮影したい場所にカメラを置きます。
  7. ScanPlan UIに表示されているように、ScanPlanをTHETAカメラの横に移動させ、「確定」ボタンを押して、パノラマポジションを保存します。
  8. THETAカメラのプレビュー画像が表示されるダイアログが表示されます。「トリガーフォト」を押すと、写真をトリガーすることができます。 
  9. この手順を繰り返して、さらに多くのパノラマ画像を撮影します。