メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus S

Focus M

FARO®ナレッジベース

フォーカスレーザースキャナーのバッテリー充電とパワードック充電器の問題

FocusSME.jpg

概要

お客様よりレーザースキャナバッテリー(ACCSS8001)に関連する問題をご報告頂いております。 使い過ぎ、時間、および温度の変動でバッテリーは徐々に最大容量と電力保持能力を失います。損傷もしくは故障したPower Dock (ACCSS8002)をご使用になると寿命の短縮やバッテリーの故障を引き起こす可能性があります。

破損したPower Dockの識別

Power Dockのラッチが破損していると、電気接点の位置がずれてバッテリーを挿入することができます。損傷したPower Dockで充電されたバッテリーは、このピンの位置ずれによって損傷する可能性があります。定期的ご使用の Power Dock をご確認いただき、下記のような不良状態が確認された場合直ちにご使用を控えるようにしてください。

ラッチ確認箇所 正常 不良
静止状態のラッチ

GoodRestingPos.jpg

真っ直ぐに立っている。

BadRestingPos.jpg

内側へ大きく傾いている。

ラッチを開いた状態

GoodOpen.jpg

小さく開く

BadOpen.jpg

開き過ぎる

固定ストッパ

GoodPin.jpg

ストッパがある状態。

BadPin.jpg

ストッパの欠落

バッテリー問題の分類

消耗したバッテリー、過放電状態のバッテリー、および最大充電サイクル数に達したバッテリーを区別することが重要です。

機能してないバッテリー

症状: バッテリーがパワードックやスキャナ内部で充電されず、LEDが緑色のままか、シアン色(水色)に切り替わります。

対処: バッテリーは機能していません。交換してください。

過放電状態のバッテリー

症状:パワードックまたはスキャナのLEDが赤または紫。

対処: バッテリーは「過放電」状態です。 スキャナにバッテリーを装着して一日中もしくは一晩(最低8時間)充電してみてください。 それでもバッテリーが充電されない場合は、交換する必要があります。

この充電にはパワードックも使用できます。ただし、上記の要領でPower Dockを点検し、損傷がなく、正常に動作していることを確認してください。

消耗バッテリー

症状:バッテリーの充電は可能ですが、スキャナの稼働時間が大きく少なくなります。

対処: バッテリーの寿命に達した、交換が必要です。 バッテリーの寿命は、メンテナンス方法によって大きく異なります。使用頻度が高く、極端な高温、不適切な保管は、バッテリーの寿命が短くなることがあります。 バッテリーの寿命を有効活用する方法の詳細については、この記事の末尾にある「 バッテリーのベストプラクティスと使用上のガイドライン 」を参照してください。

バッテリーのベストプラクティスと使用上のガイドライン

  •  バッテリーを有効に使用する為に環境温度を +5°C (+41°F) から +40°C (+104°F) の範囲に保つことをおすすめします。寒い場所や暖かい場所ではバッテリーの機能が低下する場合があります。
  • 充電は0°C(+ 32°F)から+ 45°C(+ 113°F)の範囲内で行ってください。
  •  放電は-20°C (-4°F) から 60°C (140°F) の範囲内で行ってください。
  •  推奨使用環境温度は+5°C (+41°F) から +40°C (+104°F) です。
  • 保管温度: -20°C (-4°F) から +45°C (+113°F), 保管湿度: 0% から 80%.
    • 保管および充電に関するその他のガイドラインについては、以下を参照してください。リチウムイオン電池のメンテナンスガイドライン: リチウムイオン電池のメンテナンスガイドライン 
  • 濡れた手やホコリの多い環境で、レーザースキャナーのバッテリーの脱着をしないでください。
  • FAROレーザースキャナーや充電器と一緒に、乾電池を使用しないでください。
  • FAROレーザースキャナーを長期間使用しない場合は、バッテリーを取り外してください。
  • 換気の良い場所に保管してください。 金属製部品と一緒に保管しないでください。 ショートすると火災の原因になります。
  • 当日または前日にバッテリーを充電してください。 未使用の充電済みバッテリーは、時間の経過とともに徐々に電力を失います。
  • 満充電後、バッテリーがすぐに消耗した場合は、新しいバッテリーと交換してください。