メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

Focus レーザスキャナーによるバッテリー充電およびpowerドッグ充電器の問題

FocusSME.jpg

概要

一部のお客様から、Focus レーザースキャナーバッテリー(ACCSS8001)の問題が報告されています。使い過ぎ、時間、温度変動により、バッテリーは徐々に最大容量と充電量が減少します。損傷もしくは故障したPower Dock (ACCSS8002)をご使用になると寿命の短縮やバッテリーの故障を引き起こす可能性があります。

パワードッグの検査

Power Dockのラッチが破損していると、電気接点の位置がずれて挿入される場合があります。損傷したパワードックで充電したバッテリーは、このピンのずれによって損傷する可能性があります。定期的ご使用の Power Dock をご確認いただき、下記のような不良状態が確認された場合直ちにご使用を控えるようにしてください

操作情報については、以下を参照してください。PowerDock(ACCSS8002)充電 LED とFocus Laser Scannerでの使用ガイドライン

ラッチ確認箇所 良好 不良
ラッチの静止位置

GoodRestingPos.jpg

真っすぐなラッチ

BadRestingPos.jpg

内側に傾いたラッチ

ラッチの開いた位置

GooDopen.jpg

開口部が小さい

BadOpen.jpg

開きすぎの開口部

ストップピン

GoodPin.jpg

正常なストップピン

BadPin.jpg

ストップピンの欠落

PowerDock 充電器のベストプラクティスおよび使用ガイドライン

  • PowerDock は非常に軽量です。PowerDockを「しっかり固定」すると、滑ったり落ちたりすることがありません。防滑性マット又は類似する素材の使用は、デスクトップやカウンタートップなどの滑らかな表面上でしっかり固定するのに役立ちます。
  • PowerDock 充電器に電源を供給するには、FAROがスキャナー用に供給する電源アダプターのみを使用してください。専用品以外の電源装置使用により、PowerDock 充電器またはバッテリーが損傷することがあります。
  • FARO PowerDock 充電器では、FARO PowerBlock バッテリー以外のバッテリーを充電しないでください。
  • プラグ、コード、および充電器自体を定期的に点検してください。詳細は、上記のPower Dock 検査セクションを参照してください。損傷が生じた場合は、直ちに使用を中止してください。
  • 充電器の端子に金属製の物を接触させないでください。この状態では、端子が短絡し、熱が発生する可能性があります。
  • 感電を防止するために、充電器と電源装置は乾燥した屋内環境以外では使用しないでください。
  • 湿気、可燃性の液体または気体が存在する環境で充電器を操作しないでください。
  • 充電器は、子供の手が届かない、乾燥した部屋に保管する必要があります。

バッテリーのベストプラクティスおよび使用ガイドライン

  • バッテリーの最高の性能を得るには、周囲温度 +5°C(+41°F)から +40°C(+104°F)で使用することをお勧めします。寒い場所や暖かい場所ではバッテリーの機能が低下する場合があります。
  • 深い放電」状態のバッテリーは、「深い放電」から抜け出すまでに最大26時間かかります(最終的な充電にはさらに1時間かかります)。深い放電状態になったバッテリーを再びフル充電状態にするには、36時間充電することをお勧めします。それでも充電されない場合は、バッテリーを交換してください。
  • 充電は、0℃(+32°F)~ +45℃(+113°F)の温度で行ってください。
  • 推奨充電温度: +10℃(+50°F)~ +30℃ (+86°F)
  • 放電は、-20°C(-4°F)~ 60°C(140°F)の温度で行ってください。
  • 推奨動作温度: +5°C (+41°F) ~ +40°C (+104°F)
  • 保管温度: -20°C(-4°F)~ +45°C(+113°F)、保管湿度範囲: 0%~80%
  • レーザースキャナに対するバッテリーの脱着は、乾燥したほこりのない場所で行ってください。
  • FARO Laser Scanner 内や、充電器で、湿ったバッテリーや汚れたバッテリーは使用しないでください。
  • FARO Laser Scanner を長期間使用しないときは、バッテリーを取り外してください。
  • 換気の良い場所に保管してください。金属製の物といっしょに保管しないでください。短絡により火災を引き起こす可能性があります。
  • 使用する当日または前日にバッテリーを充電してください。充電したバッテリーを使用しない場合、電力は時間の経過とともに徐々に失われます。
  • 完全に充電した後にバッテリーがすぐに放電する場合は、新品のバッテリーに交換してください。