メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S Max

Quantum M Max

Quantum E Max

Gage Max

Quantum S

Quantum M

Quantum E

Gage

FARO®ナレッジベース

Quantum FaroArm/ScanArm および Gage との Bluetooth 接続

Quantum_x_200-bty.png

概要

この記事では、Windows 10 を利用してQuantum シリーズ FaroArm®/ScanArm または Gage* に接続する方法について解説します。

*Gage-Basic モデルは Bluetooth をサポートしていません。

Bluetoothを有効にする

お使いのファローアームの機種によって、Bluetoothを有効にする方法は以下の通りです。

Quantum Max /Gage Max

Quantum MaxおよびGage Maxモデルには、Wi-Fi/Bluetoothの有効/無効を切り替えるための外部ボタンは装備されていません(インジケータのみ)。これらの通信方式はFaroArm Managerユーティリティーでのみ設定可能です。

  1. FaroArmとPCをUSB接続する。
  2. FaroArm Manger ユーティリティを開き、「Network Configuration」をクリックします。
    ArmManager-NetworkConfigurationLink.png
  3. Network Configuration "画面で、"On/Off "スライダを "On "にします。
    Max_NetworkConfigWindow-BT.png
Max_BTandWifi_Indicators.png
インジケータのみ

Quantum / Gage

QuantumモデルとGageモデルは、本体背面にWi-Fi/Bluetoothの有効/無効を切り替えるボタンを備えています。ボタンを押すだけで、希望する通信方式のオン・オフを切り替えることができます。

注)Wi-Fi/Bluetoothは、FaroArm Managerからも有効または無効にすることができます。この方法については、上記のQuantum Max /Gage Maxの項を参照してください。

QuantumBTButton.jpg
ボタン/インディケータ

デバイスのペアリング

  1. PC で、[スタート]をクリックし、[設定]をクリックします。

    start_settings.PNG|
     
  2. [デバイス]をクリックします。

    devices.PNG
     
  3. [Bluetooth とその他のデバイス]Bluetooth が[オン]になっていることを確認し、[Bluetooth またはその他のデバイスを追加する]をクリックします。

    bluetooth_andotherdevices.PNG
     
  4. [デバイスを追加する]で、[Bluetooth]をクリックします。

    addadevice.PNG
     
  5. 一覧からからFaroArmのシリアル番号と同じものを探してください、シリアル番号はArmのラベルに記載されています。

    bluetoothserialnumber.jpgQuantumSerialLabel.jpg
  6. PINコード「faro」を入力し、[接続]をクリックします。

    enterpin2.PNG
     
  7. デバイスの準備が整いましたと表示されましたら[完了]をクリックします。

    yourdeviceisready2.PNG

FaroArm Manager での機器の検索

  1. [Bluetooth とその他のデバイス]ウィンドウに戻り、ページの右側で、[デバイスとプリンター]をクリックします。

    devicesandprinters.PNG
  2. 次のウィンドウの[未指定]グループから、 FaroArmのシリアル番号 を見つけます。 
  3. 右クリックして[プロパティ]を選択し、[サービス]タブで、使用されているシリアルポート(おそらく COM3 または COM4)をメモしてください。[OK]をクリックして閉じます。

    注記:ポート番号は、使用されている Bluetooth デバイスの数によって異なります。

    services_bluetooth.png
     
  4. [FaroArm Manager]を起動して下さいこのソフトウェアがインストールされていない場合は、ここをクリックして最新のドライバをダウンロードしてインストール行ってください。
  5. 右下の[アダプタ]ドロップダウンメニューをクリックし、[Bluetooth]を選択します。

    adapters2.png
     
  6. [測定器]の下にある、ドロップダウンリストから COM ポートを先のステップで調べたものを選択します。

    com3or4.PNG
  7. + アイコンをクリックして、FaroArm に接続します。
  8. FaroArm Manager から、Bluetooth が接続されたことを確認するメッセージが表示されます。

    bluetooth_connected_editedfinal.PNG