メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

Laser Tracker

Vantage S

Vantage S6

Vantage E

Vantage E6

Vantage

ION

Si

X

Xi

FARO®ナレッジベース

Laser Tracker の正確な測定のベストプラクティス

Laser Tracker Vantage アイコン

概要

FARO® Laser Tracker で最も正確な測定を行うには、セットアップ、ウォームアップ、補正、そして長時間の測定時の定期的なチェックが関係してきます。

トラッカーのウォームアップ

トラッカーから最高の結果を得るためには、ウォームアップ時間とレーザーの安定化期間が必要です。これには、トラッカーの温度に応じて 45 ~ 80 分かかります。熱安定性が不十分な場合、測定の初期段階では、CompIT の失敗や全体的な再現性の低さなどの精度問題が発生する一般的な原因となります。

すぐに測定が必要な場合は、ウォームアップをスキップすることも可能です。このような場合は、通常の補正を実行する必要があります。

詳細については、Tracker ユーザーマニュアルの、温度の安定についてのセクションを参照してください。

補正戦略

  • 基本補正

 トラッカーの全範囲を使用しない狭い領域で測定する場合は、基本補正(クイック補正、角度精度チェック)を行うことをお勧めします。

  • フルポインティング補正

トラッカーの全範囲を使用したり、より長い範囲を測定する場合で、最も正確な測定を行いたい場合には、フルポインティング補正(クイック補正、角度精度チェック、方向性補正、軸の非直角度補正)を実行することをお勧めします。
角度精度チェックができない場合は、フルポインティング補正を行うことをお勧めします。 

基本補正

クイック/自己補正は、Laser Tracker のパラメータを調整し、精度を向上させます。その目的は、システムの現在の動作範囲において、Laser Tracker の仕様の範囲内であるか、または仕様書に基づく Laser Tracker の最大許容誤差(MPE)よりも低い角度精度の結果を提供することです。

ほとんどのアプリケーションでは、クイック/自己補正が好ましい補正方法ですが、距離が長い場合やシステムの全範囲を要する場合は、CompIT の[詳細設定]タブにある[方向性補正]を使用することで、バックサイトエラーの低減や角度精度の向上を図ることができます。 

 

Laser Tracker クイック補正の動画

YouTube にアクセスできますか?この動画をダウンロードするには、ここをクリックします。

 

Laser Tracker の角度精度チェック動画                                                                                      

YouTube にアクセスできますか?この動画をダウンロードするには、ここをクリックします。

フルポインティング CompIT

CompIT を行うと、トラッカーの精度を確認し、必要に応じて補正することができます。標準的なCompIT では、精度をチェックするための3つの中間テストポイントと、補正するための6つのポイントを取ります補正ポイントは 2、4、6メートルであり、すべての範囲でトラッカーを仕様に近づけることができます。

20 メートルを超える範囲でも良い精度を得るために、CompIT では測定ジョブに必要な最大範囲を使用するようにカスタマイズすることができます。

CompIT は、測定作業を開始する直前に実行する必要があります。仮テストでは、トラッカーが仕様内にあるかどうかレポートします。最高の精度を得るために、テストにパスした場合でも補正を行うことができます。
6 点を測定した後、方向性補正でトラッカーが公差範囲内に収まらない場合は、フロア上でさらに数点を測定する軸の直角性補正に進むことをお勧めします。

軸の直角度パラメータは非常に安定したパラメータで、温度の影響は受けません。これが変わるのは通常、衝撃、振動、または輸送の影響によるものです。トラッカーを各検査場所に輸送したオペレータは、輸送中に発生した可能性のある小さな変化に対して直角度パラメータを再度最適化するために、その時点での合格結果に関係なく、CompIT の[詳細設定]タブに直接移動し、軸の非直角度補正を実行することを選択できます。

仮テストまたはバックサイトチェックは、トラッカーが仕様内で測定されているかどうかを判断するために、いつでも実行することができます。これらのテストは、Tracker の仕様に基づいた合否結果が表示されます。結果の詳細レポートを表示して保存可能です。

長時間の測定

長時間の測定(2 時間以上続く作業)では、一般的にグローバルドリフトが発生します。このドリフトは、環境の振動や温度変化によって引き起こされることがあります。温度の変化は、測定される部品、フロア、Tracker スタンド、および Tracker に影響を与える可能性があります。これらの環境影響のため、ドリフトは測定作業の間、常にチェックする必要があります。

測定作業の開始時には、いくつかの固定基準点を部品の全ボリュームにわたって測定する必要があります。これらのポイントを利用してドリフトがないか定期的にチェックする必要があります。ドリフトに気づいたときは、測定器の移動コマンド(Insight ではRelocation)を使い、Tracker を座標系に再フィットする必要があります。部品の伸縮に対応させるために、測定器の移動コマンドを自動スケールで実行する必要があります。これにより、Tracker は長い測定セッションにわたって部品を正確に測定し続けることができます。

バックサイトチェックまたは仮テストは、精度を確認するために、長時間の測定作業中に定期的に実行する必要があります。チェックが仕様を満たしていない場合は、5 分程のCompIT を実行する必要があります。

調査

調査は、一連のターゲットを繰り返し測定するために使用されます。調査を実行するための最も正確な方法は、各サイクル間の測定器位置の移動と、各ポイントでのフロントサイト/バックサイトの平均化を使用することです(Insight のみ)。測定器位置の移動により、調査中の部品、環境、および Tracker のドリフトがなくなり、フロントサイト/ バックサイトではビームと回転機構のエラーを少なくできます。

フロントサイト - バックサイトの平均化

フロントサイト - バックサイトの平均化は、フロントサイトモードとバックサイトモードでポイントを測定して平均化する方法です。この方法は、個々の点を測定するジョブにのみ使用でき、特徴を測定することはできません。フロントサイト - バックサイトジョブで測定するときは、すべてのポイントをフロントサイトサイトとバックサイトサイトの両方で測定する必要があります。この方法は、Un-compensated Tracker でのみ有効です。