メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

Laser Tracker

ION

Si

Vantage

X

Xi

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

Laser Trackerでのレベルのフィールドチェック



  1. 約 5.18m (17フィート) 離した位置関係で、ネスト 2 個を床に固定します。(レベル精度は±2 arcsends(秒角)が期待される為、この距離間は、約0.001インチ/ arcsends 秒角を表し、これは±0.002 インチに相当します。)
  2. レベル平面コマンドを使用する為に、トラッカーが十分に暖機され、固定が安定している事を確認します。また、約 6.1m (20ft) 以内の環境では、角度が ±0.001 秒角を繰り返す条件である必要があります。(この状態は、環境検査の固定テストで確認が出来、トラッカーが十分な水平を保っているかどうかは、トラッカーパッドのバブルレベルを使用します。電子バブルは、センターリング内で緑になる様に留まる必要があります。)
  3. レベル平面コマンドを使用して、『レベル平面1』 要素を測定します。
  4. 補正なし点コマンドで、ワーク上の 『点1』 要素を測定します。(2000-3000 サンプル設定)
  5. 補正なし点コマンドで、ワーク上の 『点2』 要素を測定します。(2000-3000 サンプル設定)
  6. 『レベル平面1、1点、2点』要素を使用して3-2-1 座標系①を作成します。『レベル平面1』 の法線ベクトルを Z 軸基準とし、『1点』 から 『2点』 までの X軸基準線 を作成し、『1点』 を原点 とします。… 座標系1
  7. 『2点』 要素のZ値 をメモします。
  8. トライポット足の1つに、高さ調整する為のシムを置きます。シム厚さは、約 6.35mm 【0.250 インチ】を推奨します。
  9. シム調整後に、トラッカーが十分に水平を保っているか確認します。(バブルレベルで確認した際に、バブルが多少動いたりしますが、電子バブルは緑色を示し、中心の円に留まる必要があります。
  10. 再度、レベル平面コマンドを使用して、 『レベル平面2』 要素を測定します。
  11. 再度、補正なし点コマンドで、ワーク上の 『3点』 要素を測定します。(2000-3000 サンプル設定)
  12. 再度、補正なし点コマンドで、ワーク上の 『4点』 要素を測定します。(2000-3000 サンプル設定)
  13. 『レベル平面2、第1点、第2点』 要素を使用して3-2-1座標系②を作成します。『レベル平面2』 の法線ベクトルを Z軸基準 とし、『3点』 から 『4点』 までの X軸基準 線を作成し、『3点』 を 原点 とします。…座標系2
  14. 『4点』 要素の Z値 をメモします。
  15. 座標系1 がアクティブな状態での 『2点』 要素のZ値と、座標系2 がアクティブな状態での 『4点』 要素のZ値を比較します。

    これらの値は、測定環境が条件下であるならば、お互いに0.004 インチ以内の結果を示します。

注記: これら2つの値が同じ座標系で比較出来ない理由は、シムで高さ調整をして器材が動いてしまっている為、座標系1で Z値 を測定する場合、そのアクティブな座標系内で測定した要素ではないと意味がない為です。

注記: この作業手順は、CAM2 Measure X 向けに書かれています。他のソフトウェアでは、別のやり方になります。

 

 

キーワード:

レベル、精度、繰り返し精度、レーザートラッカー