メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - Editor FARO - ScanArm Mesh                
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

シリアル FaroArm

Bronze

Gold

Silver

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

エラー (Gold/Silver/Bronze FaroArm) : プライマリ入力デバイスと接続できない

重要: 作業を開始する前にお読みください。

コンピュータとFaroArm システムで通信が失われた場合、または通信を確立できなくなった場合は、次の分野の 1 つまたは全てがその問題の原因となっている可能性があります。

未承認のソフトウェアまたはハードウェア(パームパイロット、デジタルカメラ、スキャナー、zipドライブ、モデムなど)に起因する競合がないことを確認します。

ケーブルやコネクタに曲がったピン、セキュリティ保護された接続、または損傷がないかを確認してください。
正しいケーブルが使用されていることを確認します。
Faro Arm ソフトウェアのみがコンピュータ上で実行中であることを確認します。
ファロソフトウェアの複数のセッションが実行されていないことを確認してください。
通信速度および通信ポートを確認します。(以下の設定を参照)
コンピュータメーカーのプロパティユーティリティ(例:IBM Think Pad ユーティリティ)を確認します。
FaroArm の機能を確認してください。(エラーコードやアーム操作の問題を探してください)。
コンピュータのハードウェアの機能を確認してください。
コンピュータのソフトウェアの機能を確認してください。 (断片化とクラスタファイルは、問題を引き起こす可能性があります)

これらの通信エラーは、次の方法で解決できます。
 

  1. 通信速度の設定を調整します。
  2. 壁の電源コードを30秒間外してから、再び差し込みます。
  3. 欠陥のある電力モジュールを交換します。
  4. 欠陥のあるケーブルを交換します。
  5. ソフトウェアや設定の競合がある場合はそれを解決し、メーカーのユーティリティーを調整します。
  6. スクリーンセーバー、ハイバネーションファイル、およびエネルギー設定をすべて無効にします。
  7. 最新のドライバーとユーティリティをコンピューターメーカーからダウンロードします。
  8. コンピューターシステムのメンテナンスを行います。(取扱説明についてはカスタマーサービス部門にお問い合わせください)
  9. 最新バージョンに FaroArm ソフトウェアをアップグレードします。
  10. ファローソフトウェアを開き、診断を選択します。アームを回転させ、通信を確認するためにボタンを押してください。
  11. 最後にファローソフトウェアーをアンインストールし、サブフォルダを削除します。その後、ファローソフトウェアーをリロードします。 (インストールの手順は、カスタマーサービス部門にお問い合わせください)。

 
この情報は、ファロアームとの通信ポートとインターフェイスの設定に役立ちます。
 
FaroArm をコンピュータに接続するときは、シリアルポート(COM1)の番号1を使用します。
 

  1. 非シリアルボックスのFAROアームが推奨される設定です。
  • 通信速度(ビット/秒): 38,400
  • データビット: 8
  • パリティ: なし
  • ストップビット: 1
  • フロー制御: なし
  1. シリアルボックッスFARO Armが推奨される設定。
  • 通信速度(ビット/秒): 9600 (38,400 以内)
  • データビット: 8
  • パリティ: なし
  • ストップビット: 1
  • フロー制御: なし

もし、問題が解決せず、別の手順が必要な場合はカスタマーサービス部門に問い合わせください。


キーワード:

FARO Armとの通信の問題、PCとの通信の問題、コンピュータとの通信の問題、ファローアームと通信しません、ファローアームに接続することはできません、接続することができません、入力デバイスと接続できない、トラブルシューティング、通信、シリアル Arm、主要な入力デバイスと通信できない。