メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

BuildIT

Construction

Language

Japanese

FARO®ナレッジベース

BuildIT Constructionとレーザートラッカーを使用したリアルタイム位置決め

BuildITConstruction-bty.png

RealTimePos-1.png目的:

BuildIT Construction とFARO® Laser Tracker を利用して対象物の位置をリアルタイムに表示します

学習内容:

  • BuildIT Constructionで、リアルタイムに対象物の位置を表示するシンプルなワークフロー。
    • CADモデルのインポート
    • 測定器を接続 - FARO Laser Tracker
    • CADモデルにアライメントする。
    • 位置決めを行う点を調べる。

 

チュートリアルデータのダウンロード

記事で使用しているファイルをダウンロードする場合は、添付のトレーニングデータをダウンロードして、その内容をコンピュータのフォルダに展開してください。

トレーニングデータのダウンロード
  Download

CADモデルのインポート

  • メニューから  “ファイル > インポート > モデルをインポート” を選択してCADデータをインポートします。
  • “Positioning Workflow.buildit” ファイル (ダウンロードしたもの) を保存した場所まで移動して、インポートをクリックします。
    RealTimePos-2.png

測定器を接続 - FARO Laser Tracker

BuildIT Construction は, FARO Laser Trackers, Leica Laser Trackers, Leica Total Stations等、様々なデバイスを接続することが出来ます。

  • 測定デバイスを接続する為にデバイスマネージャ (CRTL + M)を起動します。ここでは、FARO Laser Tracker を使用して解説します。
    • トラッカーの電源が入っており、適切にウォームアップが完了されていることを確認してください。 最適なテクニックと手順を確認するには、FARO Laser Trackerのユーザーマニュアルを参照してください。 また、トラッカーが無線または有線LANケーブル経由で、使用するラップトップに接続されていることを確認してください。
    • メニューから “ 測定 > デバイスマネージャ“ と進むか CTRL + M でデバイスマネージャを起動します。
    • 測定器タイプで“FARO Trackers”を選択。
    • 測定器モデルで“Vantage” を選択。
    • 追加をクリックします。
    • これにより、デバイス用のドライバが読み込まれます。
    • IPアドレスまたはデバイスIDを入力し、接続をクリックしてトラッカーに接続を開始します。

RealTimePos-3.png

CADモデルにアライメントする。

様々な方法でCADモデル座標にアライメントを行えます。ここでは、CADモデルに含まれている点を基準点として測定します。

  • メニューから“測定 > 点を検査 “と選択してください。
    • デバイスのオプションで適切なネスト等が選択されていることを確認してください。
  • モデル内の位置を間違えないように注意しながら、CADモデル内の4つの基準点を測定します。
  • メニューから“アライメント > ベストフィットアライメント“ と選択してコマンドを開きます。
  • こちらと同様に手順を行います:Align Scans to CAD - Point Based Alignment with BuildIT Construction
    • マネージャパネルで、トラッカーによって測定された “測定” ポイントを選択します
    • マネージャパネルで、CADモデル上の“公称値” ポイントを選択します
      • 点: 公称値” フィルタを有効にすると選択が簡単になります。
    • “ペアを追加” AddPlaneIcon.png をクリックしてリストに追加します。
    • 他のペア同様に選択してリストに加えます。
    • “適用” ApplyIcon.png をクリックしてトラッカーとCADモデル座標のアライメントを実行します。

      RealTimePos-4.png

位置決めを行う点を調べる。

ジオメトリの検査または、点を検査コマンド使用して、位置決めをする点に球形レトロリフレクタ(SMR)をセットして調べます。

  • メニューから “測定 > 点を検査 “と選択してください。
    • ジオメトリの検査でも同様に行えます。
  • マネージャパネルで、検査する点またはコーナーを選択します。 これは、SMRが取り付けできる点でなければなりません。
  • BuildIT は、モデルに位置合わせするための現在のポイントから必要な移動量を正確に表示します。
    RealTimePos-5.png

ヒント: ステップ3とステップ4のどちらでも点を検査コマンドの自動アライメントオプションを利用して組み合わせることが出来ます。これにより測定時にベストフィットを利用したアライメントの更新が行われます。

まとめ:

これができれば、リアルタイム位置合わせモジュールを使用した次のことを理解した事になります:

  • BuildIT Constructionで、リアルタイムに対象物の位置を表示する。