メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

BuildIT

Construction

Language

Japanese

FARO®ナレッジベース

壁の平坦度 - BuildIT Construction CADデータあり

BuildITConstruction-bty.png

WallFlatCAD-1.png目的:

BuildIT Constructionで、CADと点群データを利用して壁の平坦度を測ります。

学習内容:

  • モデルとスキャンを比較して分析するための簡単なワークフロー。
  • BuildITを起動、BuildITファイルを開く、ビューポートの操作。
  • スキャンデータとCADサーフェスの関連付け。
  • スキャンデータとCADデータを比較してサーフェス解析。
  • 分析の注釈を作成。
  • 注釈と分析を使ってレポートを作成。

チュートリアルデータのダウンロード

この記事で使用しているファイルをダウンロードする場合は、添付のトレーニングデータをダウンロードして、その内容をコンピュータのフォルダに展開してください。

トレーニングデータのダウンロード
  Download

壁面のビューをアクティブにする

メニューから、“ファイル> 開く” でファイルを保存した場所まで移動して “Module 7.3.buildit”  ファイルを選択して開きます。

  • “Wall to Analyze” viewビューを有効にします。
    • マネージャの表示にある “Wall to Analyze” という名前のビューを右クリックします。
    • 表示の復元”. を選択します。“主観ビュー“を使用して、操作しやすいエリアに移動することもできます。
      WallFlatCAD-2.png

WallFlatCAD-3_2018.5.pngスキャンデータとCADサーフェスの関連付け

  • これで、スキャンデータをCADサーフェスに関連付けることができるようになりました。これにより、ソフトウェアはCAD面に近いスキャンポイントのみで解析を行うことができ、処理を迅速に行えます。
    • メニューから “微調整 > 自動関連付けAutoAssociateIcon.png をクリックします。
    • 点群” 欄に Cloud1 点群を選択します。
    • 幾何形状” 欄に 3つの出入り口のある "surface p2590"を選択します。
    • 次よりも遠い点を除外” にチェックが入っているのを確認して値に6インチを入力します。このオプションは、関連付ける点を最大6インチまで検索します。 6インチより遠い点は無視されます。
    • 適用ApplyIcon.png をクリックして結果を確認します。
      WallFlatCAD-4.png

 

サーフェス解析を実行

  • 点をCADに関連付けると、表面分析を実行できます。
    • メニューで “評価 > サーフェス偏差分析SurfaceDeviationIcon.png をクリックします。
    • サーフェス” 欄に3つの出入り口のある "surface p2590"を選択します。これにより、サーフェスに関連付けられているすべてのポイントが呼び出されます。
    • 最長検索距離” を6インチに設定して、関連付けコマンドで設定された距離と同じにします。.
    • プレビュー  PreviewIcon.png をクリックして解析を行います。
      WallFlatCAD-5.png
    • 色スケール” をレインボー – 赤-緑-赤 にセットし、これにより、許容範囲外の点が黄色から赤色になり、許容範囲内のポイントが緑色になります。
    • “分析モード” を “色付けされた点群” にします。
    • 限度” で、制限の計算を “User-defined” に、 このチュートリアルでは、許容差を1インチにします。 “上限公差” に1 を “下限公差” に -1 を入力します。
      WallFlatCAD-6.png
    • “適用” ApplyIcon.png をクリックして結果を確認します。
      WallFlatCAD-7.png

注釈を作成

  • 次に、スキャンとCADの間の偏差を表す注釈を作成して可視化します。
    • メニューから“評価 > サーフェス検査の注釈SurfaceInspectionAnalysisIcon.png をクリックします。
    • 最小注釈(3Dのみ) のラジオボタンを選択します。
    • スキャン点を選んで適用  ApplyIcon.png をクリックするか、マウスの中ボタンをクリックして確定します。
      WallFlatCAD-8.png  WallFlatCAD-9.png
    • 前のステップを繰り返していくつかの注釈を作成します。 表示:保存 SaveViewIcon.png をクリックして注釈を含むビューを作成します。Deviation Analysisと名前を付け保存ください。
      WallFlatCAD-10.png

注釈と分析を使ってレポートを作成

  • 作成したアイテムをレポートに追加します。
    • Select items to include in the report.
      • レポートに追加するアイテムを選択します。
    • 右クリックし、レポートに追加 を選択します。
    • アイテムが意図した順序になっていない場合は、アイテムを選択してドラッグすることにより、アイテムを上下に移動できます。
      WallFlatCAD-11.png
    • レポートタブをクリックして、レポート作成アイコン GenerateReportIcon.png をクリックしてレポートを作成します。
      WallFlatCAD-12.png

まとめ:

これができれば、CADを使った壁の平坦度  モジュールを使用した次のことを理解した事になります:

  • モデルとスキャンを比較して分析するための簡単なワークフロー。
  • BuildITを起動、BuildITファイルを開く、ビューポートの操作。
  • スキャンデータとCADサーフェスの関連付け。
  • スキャンデータとCADデータを比較してサーフェス解析。
  • 分析の注釈を作成。
  • 注釈と分析を使ってレポートを作成。
  • この記事は役に立ちましたか?