メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

SCENE プロジェクト整列ツールを使用した2点アライメントと3 点整列

FARO SCENE Screen and Box

概要

SCENE 2020より搭載されたプロジェクト整列ツールは、プロジェクトのグローバル座標を変更する機能を提供します。こちらのツールは、プロジェクトのスキャンを全て処理し、登録が完了した後に利用ください。プロジェクトのアライメントは、プロジェクトをエクスポートして他のデータと合わせて利用する際に有用で、エクスポートしたデータを参照する座標系で利用する場合に便利です。

すべての変更はプロジェクトへすぐに適用されます。プロジェクト整列ツールのセッションツールを開いて、操作しているセッション中に行った変更は取り消せますが、ツールを閉じた後は、以前に保存したプロジェクトのリビジョンに復帰する以外に、変更を取り消す方法はありません。

プロジェクト整列ツールへのアクセス

プロジェクトの登録が完了しましたら、グローバル座標を変更することが出来ます。 プロジェクト整列の続行 をクリックして新しいプロジェクトアライメントへ進みます。

ProjAlignment_RegComplete.jpg

もしくは、次のように、[登録]タブからプロジェクト調整ツールにアクセスできます。
ProjAlignment_RegTab.jpg

 

次に、2点または3点をピックアップして新しいグローバル座標を作成できます。

ProjAlignment_2and3Point.jpg

ProjAlignment_2PointSelect.jpg2点アライメント

2 点アライメント ツールを使用して、傾斜計情報を維持しながらプロジェクトの座標系の原点位置や方向を変更することができます。既存のスキャン ポイントを選択して原点としたり、選択したポイントにオフセットを設定して、スキャン ポイントが存在しない場所に原点を移動することもできます。2 点アライメント ツールを使用するには以下の手順に沿って操作します。

  1. 新しく原点とする点、または新たな原点に近い点を選択します。
  2. その点が新しい原点となるべき点と正確に一致しない場合は、必要に応じて X、Y、Z のオフセットを調整して、原点の位置を定義します。
  3. 次の点を選択します。この点は、原点を通る軸の方向を定義します。2 番目の軸は 1 番目の軸に垂直になります。

チュートリアル動画

YouTubeにアクセス出来ない場合は ここから 動画をダウンロードください。

ProjAlignment_3PointSelect.jpg3点整列

3 点整列ツールを使用して、原点の位置やプロジェクトの座標系の向きを変更します。既存のスキャン ポイントを選択して原点としたり、選択したポイントにオフセットを設定して、スキャン ポイントが存在しない場所に原点を移動することもできます。3 点整列ツールを使用するには、以下の手順に沿って操作します。

  1. 新しく原点とする点、または新たな原点に近い点を選択します。
  2. その点が新しい原点となるべき点と正確に一致しない場合は、必要に応じて X、Y、Z のオフセットを調整して、原点の位置を定義します。
  3. 1 番目の軸を定義する点を選択します。この軸は、この点と選択した原点を通過します。
  4. 次の点を選択します。この点は、2 番目の軸の方向を定義し、1 番目の軸に対して直角な原点を通過します。
  5. 選択した3点から、このプロジェクトの平面/レベルを定義します。プロジェクトで傾斜計を使用しない場合は、3 点のアライメントのみを使用してください。

 

  • この記事は役に立ちましたか?