メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler            
BuildIT BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4      
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro    
FARO Zone FARO Zone - 2D FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2018              
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template                  
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Si Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - Maestro 3000 Nutfield - Nutfieldハードウェア Nutfield - Nutfieldソフトウェア コントローラ - LECシリーズ  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 4.x SCENE - 5.x SCENE - 6.x SCENE - 7.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019                  
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Structured Light Scanners Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
FARO®ナレッジベース

SCENE : 対応の作成

SCENE の画面とボックス

概要

スキャンとの対応は、FARO® SCENE で使用するスキャンの調整および登録に役立ちます。これらのオブジェクトは、両方のインタフェースで手動で指定できます。

ワークフロー インターフェイスで対応を作成

  1. [登録]リボンで、[手動登録]をクリックします。
  2. スキャンするクラスタをクリックして登録し、画面の右上にある[スキャンの選択]をクリックします。
  3. 次の画面で、SCENE は選択したスキャンのスクリーンショットを 2 つの列に表示します。左の列のスキャンをクリックします。

    注記: SCENE は推奨スキャンを自動的に右の列の上部に移動します。
  4. 右の列のスキャンをクリックし、右上の[ターゲットをマーク]をクリックします。
  5. スキャンは分割ビューで表示されます。  左側のメニューで、スキャンとの対応を検索するために使用するターゲットのタイプをクリックし、両方のスキャンでそのターゲットのタイプに対する各対応機器をクリックします。

    注記: SCENE がこれら 2 つのマークされたターゲットをの対応を検出し、ターゲットのラベルが緑 C に表示されます。これらターゲットのなまえが構成ウィンドウに表示されます。
  6. 有効な対応を十分にマークすると、[登録および検証]オプションが右上で緑色に表示されます。続行するには[登録と検証]をクリックしてください。
  7. 対応表示でスキャン登録を検証します。登録が正しい場合は、[はい][終了]をクリックしてください。正しくない場合は[いいえ][その他ペア]をクリックしてください。[その他のペア]をクリックすると[スキャンの選択]画面に戻り、さらに 2 回のスキャンの対応が表示されます。

対応を強制する

  1. 設定アイコンをクリックします。
  2. 左側の[登録]をクリックし、[ターゲットベース]の下にある[ターゲット名ごとに強制対応]オプションを確認します。
  3. ステップ 5 までの[マニュアル登録]の手順に従ってください。
  4. スキャンで対応するターゲットを選択した後、ターゲットを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
     
  5. [一般]タブをクリックし、[名前]フィールドに新しいターゲット名を入力します。[適用][OK]をクリックします。
  6. 2 回目のスキャンで対応するターゲットを見つけ、同じ名前を付けます。 
    注記: このオプションは、SCENE によって検出されたターゲットに対してのみ機能します。
  7. 有効な対応を十分にマークすると、[登録および検証]オプションが右上で緑色に表示されます。続行するには[登録と検証]をクリックしてください。
  8. 対応表示でスキャン登録を検証します。登録が正しい場合は、[はい][終了]をクリックしてください。正しくない場合は[いいえ][その他ペア]をクリックしてください。[その他のペア]をクリックすると[スキャンの選択]画面に戻り、さらに 2 回のスキャンの対応が表示されます。

従来のインターフェースで対応を作成

  1. 上部のツールバーの対応分割ビューアイコンをクリックします。
  2. スキャンを構成ビューから分割画面ビューの各列にドラッグします。
  3. 対応分割ビューツールバーにある任意のアイコンをクリックします。
    • 円形のターゲットをマーク-円形のターゲットをマークする
    • チェッカーボードのターゲットをマーク – チェッカーボードのターゲットにマークする
    • 球形をマーク – 球形をマークする
    • 平面をマーク – 平面をマークする
    • スラブをマーク – スラブをマークする
    • スキャンポイントをマーク – スキャンポイントをマークする
    • 表示されたスキャン間の対応を検索する – 自動で対応を検索およびラベルする
    • 示されたスキャン間の対応を削除 - 既存の対応を削除する
    • 示されたスキャン間の対応を強制 - 既存の対応を強制する 
    • 強制的な対応 - このアイコンをクリックして、対応を手動で指定します。各スキャンで 1 つのポイントです。
    • 対応ビューを開く - スキャン プロジェクトのトップダウン対応ビューが開きます
  4. マークオブジェクトツールを使用して、各スキャンで対応するターゲットとオブジェクトを指定します。
  5. オブジェクトをマークした後、構造ビューのスキャンマネージャを右クリックし、[スキャンの更新]をクリックします。
  6. スキャン配置ウィンドウで、[配置モード]ターゲットベース]に設定されているか確認します。

対応を強制する

  1. 上部のツールバーの対応分割ビューアイコンをクリックします。
  2. スキャンを構成ビューから分割画面ビューの各列にドラッグします。
  3. マークオブジェクトツールを使用して、各スキャンで対応するターゲットとオブジェクトを指定します。
  4. ターゲットを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
     
  5. [一般]タブをクリックし、[名前]フィールドに新しいターゲット名を入力します。[適用][OK]をクリックします。
  6. 2 回目のスキャンで対応するターゲットを見つけ、同じ名前を付けます。 
    注記: このオプションは、SCENE によって検出されたターゲットに対してのみ機能します。
  7. オブジェクトをマークした後、構造ビューのスキャンマネージャを右クリックし、[スキャンの更新]をクリックします。
  8. スキャン配置ウィンドウで、[配置モード]ターゲットベース]に設定されているか確認します。
  9. [手動ターゲットで対応を強制]名を確認し、[OK]をクリックします。

 

SCENE 5.5 以前での対応の作成

この 7 分間の YouTube チュートリアルでは、FARO アプリケーションエンジニアの Si Horton が、スキャン間の一般的なターゲットを検索するための分割対応ビュー機能を使用する方法を示します。

対応図を使用して、スキャンの参照が対応するものの横になるようにします。ツールバーの[更新対応]アイコンのをクリックします。隣接する参照間に対応ができます。