メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler            
BuildIT BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4      
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro    
FARO Zone FARO Zone - 2D FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2018              
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template                  
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Si Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - Maestro 3000 Nutfield - Nutfieldハードウェア Nutfield - Nutfieldソフトウェア コントローラ - LECシリーズ  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 4.x SCENE - 5.x SCENE - 6.x SCENE - 7.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019                  
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Structured Light Scanners Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
FARO®ナレッジベース

SCENE プロジェクトのポイントクラウドを作成

概要

プロジェクトのポイントクラウドは、大量のスキャン ポイントの高速な可視化のために最適化された空間構造でプロジェクトのスキャンデータを示します。スキャンポイントは、カメラの位置とポイントの可視性に基づいてオンデマンドで読み込まれ、視覚化されるので、ユーザーはスキャンプロジェクトのすべてのスキャンを一度に見ることができます。

プロジェクトポイントクラウドの作成

SCENE にプロジェクトポイントクラウドを作成するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトを開き、[検索]をクリックします。
  2. プロジェクトポイントクラウドをクリックし、[作成]をクリックします。
  3. ポイントクラウドの設定を調整し、[OK]をクリックします。

注記: プロジェクトポイントクラウドは、ソーススキャンファイルの 2 ~ 4 倍のサイズになります。SCENE は、ポイントクラウド作成時に元のスキャンファイルの最大 7 倍の一時ファイルも使用します。この操作には、ターゲットハードドライブと一時フォルダに十分なディスク容量があることが前提です。

プロジェクトポイントクラウドの設定

重複するポイントを削除 - 重複するスキャンからポイントを記録したときに重複するポイントを削除します。このフィルターを使用すると、ポイントクラウドの視覚的品質が向上し、ポイント数が減少します。検索半径を大きくすると、より多くのポイントが削除されます。

クローズサーフェス - このフィルタはポイントを挿入して、より高密度のサーフェスを作成し、画質を改善します。

  • フルカラー詳細は、高解像度スキャナー画像を使用してカラーデータを取得し、より詳細なカラーの詳細を提供します。カメラ画像を使用することで、スミア効果が低減され、より詳細な色の詳細が表示されます。

これらのオプションは、ファイルサイズと処理時間を増加させます。 

均質化ポイント密度 - このフィルタは、目標密度を超える領域内のポイントを減らすことによって、ポイントクラウド内のポイントの密度を均衡させます。

  • セルサイズを使用してターゲット密度を変更できます。

注記: クローズサーフェス均質化ポイント密度は同時に使用できません。

カラーバランスの適用 - このフィルタは、スキャン中の色温度の変化を補正するために、スキャン間の色のコントラストを最小限に抑えます。

距離フィルタ - このフィルタは、プロジェクトポイントクラウドを作成するために使用される点を、関連するスキャナーの位置から設定された距離内の点に制限します。これにより、余分なスキャンデータを排除し、ファイル全体のサイズを縮小することができます。 

CPU 負荷 - この設定は、クラウドを作成するために使用されるコンピュータ処理コアの数を割り当てます。複数のコアを使用してクラウドの作成時点は減りますが、マシンで実行されている他のプログラムのためのより少ないリソースを残します。

データの一時フォルダー - この設定は、クラウドの作成時に一時ファイルを格納するためのフォルダーを指定します。このデータは、クラウドが終了すると削除されます。上記の設定によって、このフォルダーは、ソーススキャンのサイズ 2 から 7 倍のに等しい保存サイズを保有しなければなりません。

ディスクスペース - この情報は、操作に使用可能なディスク容量を表示します。 

SCENE 5 以前

  1. プロジェクトファイルを開き、上部のツールバーのスキャンクラウドをクリックします。
  2. ポイントクラウドウィンドウを使用して、クラウドの設定を定義します。
    • 重複するポイントを削除 - 重複するスキャンからポイントを記録したときに重複するポイントを削除します。このフィルターを使用すると、ポイントクラウドの視覚的品質が向上し、ポイント数が減少します。検索半径を大きくすると、より多くのポイントが削除されます。
    • 均質化ポイント密度 - このフィルタは、目標密度を超える領域内のポイントを減らすことによって、ポイントクラウド内のポイントの密度を均衡させます。 
    • カラーバランスの適用 - このフィルタは、スキャン中の色温度の変化を補正するために、スキャン間の色のコントラストを最小限に抑えます。
    • CPU 負荷 - この設定は、クラウドを作成するために使用されるコンピュータ処理コアの数を割り当てます。複数のコアを使用してクラウドの作成時点は減りますが、マシンで実行されている他のプログラムのためのより少ないリソースを残します。
    • データの一時フォルダー - この設定は、クラウドの作成時に一時ファイルを格納するためのフォルダーを指定します。このデータは、クラウドが終了すると削除されます。上記の設定によって、このフォルダーは、ソーススキャンのサイズ 2 から 7 倍のに等しい保存サイズを保有しなければなりません。
    • ディスクスペース - この情報は、操作に使用可能なディスク容量を表示します。 
  3. OKをクリックします。

キーワード:SCENE、Focus、3D、ポイントクラウド