メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

テクスチャメッシュの作成およびエクスポート

概要

FARO® SCENE 2019は、FARO Zone 3D またはサードパーティのアプリケーションで使用するテクスチャメッシュを作成およびエクスポートする機能を備えています。

詳細

メッシュを作成するには、スキャンポイント選択を作成する必要があります。

  1. 目的のスキャン領域を囲むようにクリッピングボックスを作成します。
  2. クリッピングボックスを右クリックします。
  3. アクティブなクリッピングボックスコンテキストメニューのメッシュの作成をクリックします。

メッシュ作成の設定

メッシュの作成設定を使用してメッシュの品質と概観を調整します。

 

  1. メッシュ名 - メッシュに名前を付けます。
  2. ギャップの塗りつぶし 
    • 水密 - 水密メッシュに穴はなく、3D プリントできます。
    • 非水密 - このスライダーにより、メッシュで作成される三角気の点密度を制御できます。
  3. スムーズ化 - スムーズ化により測定ノイズは低減しますが、幾何学的詳細と精度が犠牲になります。
  4. 色生成 - メッシュは、各頂点または別のテクスチャイメージの色情報を含めて生成することができます。 
    • テクスチャを生成 - サードパーティのアプリケーションでメッシュを使用する場合は、テクスチャを作成することをお勧めします。テクスチャのメッシュは頂点カラーのメッシュよりも少ない数の三角形で生成できます。テクスチャの三角形が多すぎると、色情報が失われることがあります。
    • 頂点カラーを生成 - 頂点カラーを使用すると、より多くの三角形を使用して色の詳細度を高めることができます。
  5. 三角形の最大数 - 三角形の数が多いほどメッシュはより詳細になり、ファイルサイズは大きくなります。
  6. メッシュの最適化 - 幾何学的精度を最適にするには、ジオメトリのみ最適化します。色の詳細に最適化し、幾何学的な精度を下がるには、頂点カラーを最適化します。

メッシュのエクスポート

メッシュが作成されると、そのメッシュは画面左側の構造ツリーに表示されます。

  1. 構造ツリーのメッシュを右クリックします。
  2. エクスポート]をクリックします。
  3. ファイルタイプと保存先を選択します。
  4. OK]をクリックします。

プロジェクト点群の使用

メッシュを生成するためプロジェクト点群を作成する場合、一部の設定を変更する必要があります。

  • カラーバランスを適用 - このオプションは、メッシュのテクスチャのノイズを最小限に抑えるために重要です。 
  • 閉じたサーフェス - このオプションは、メッシュのサーフェスによって占められるスキャンポイント間に人工ポイントを作成し、閉じたサーフェスと同じ効果をもたらすため、有効にすることはできません。
  • 均等化した点密度 - このオプションは有効にすることはできません。同様のフィルターがメッシュ処理の一部としてすでに実行されているため、計算能力を必要以上に使用します。
  • 重複点の解消 - このオプションは、生成されたメッシュで望ましくない一部のアーティファクトを削除するのに便利です。