メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

すべての SCENE Suite

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

SCENEでファイルを開く、インポートする、または保存するときの エラーコード17、エラーコード18

FARO SCENEの画面とボックス

概要

FARO®SCENEでLaser Scannerから生のスキャンデータファイルを開いたり、インポートしたりするとき、またはSCENE .flsまたは.lsprojファイルを保存している場合は、エラーコード17またはエラーコード18が表示されることがあります。エラーコード17が以下に表示されます。エラーコード18は、「データの読み取り/書き込みに失敗しました」と表示されます。

ErrorCode17OnSaving.png

いくつかの条件でこのエラーが発生する可能性があります。トラブルシューティングセクションの表には、SCENEがファイルを適切に開く、インポートする、または保存してこのエラーを解決できる条件と修正処置の一覧が含まれています。エラーの原因に応じて、1つ以上の修正処置を適用する必要があります。詳細については、これらのリンクをクリックしてください。 

トラブルシューティング

条件 対処方法
使用しているコンピュータで動作しているウイルススキャンが、ファイルを開く、インポートする、または保存するのを妨げます。

ウイルススキャンを無効にするか、オフにします。

ウイルススキャンを使用する権限がない場合は、IT管理者に問い合わせてください。 

スキャンデータファイル名には、SCENEでは使用できない空白や特殊文字が含まれているか、ファイルの保存先または保存先のコンピュータオペレーティングシステムのファイル命名規則に準拠していません。 

空白や特殊文字を避けて、ファイルの名前を変更します。ここでは、避ける必要のある一般的な特殊文字の一覧を示します。詳細は、使用しているオペレーティングシステムのファイル命名規則を確認してください。

  • アンパサンド &
  • アポストロフィ '
  • アスタリスク *
  • アットマーク @
  • かっこ {} [] <>
  • カラット ^
  • コロンまたはセミコロン:;
  • コンマ 、
  • 等号 =
  • 感嘆符 !
  • スラッシュまたはバックスラッシュ / \
  • 国際アクセント記号、発音区別記号、句読点 
  • カッコ ()
  • パーセンテージ %
  • パイプ |
  • プラス +
  • ポンド記号 #
  • 疑問符 ?
  • 一重引用符または二重引用符 ' ''
  • チルダ 〜
スキャンデータファイルが書き込みアクセス用に設定されていません

ファイルを右クリックします。[プロパティ]をクリックします 。[一般]タブで[読み取り専用]オプションにチェックがされていないことを確認してください。チェックされている場合は、チェックを外します。 

ファイルのプロパティを変更する権限がない場合は、IT管理者に問い合わせてください。 

スキャンデータファイルが作成された時、保存操作が正しく完了しなかったか、またはスキップされました

スキャンデータを作成したデバイスで、スキャンデータファイルを開いて保存します。

ファイルを正常に保存するために記録媒体に空き領域がない場合は、次の行を参照してください。 

開く、インポート、または保存しようとしているスキャンデータファイルを含むディスクドライブまたは記録媒体がいっぱいであるか、または破損しています

ファイルを開く、インポートする、または保存するには、作業用中ファイルを作成するために、記録媒体上に空きスペースが必要です。システムに必要な空き容量の設定ルールはありませんが、ほとんどの記録媒体では、総ボリュームの15〜25%を空にすることをお勧めします。ソリッド・ステート・ドライブの場合、25%が目安です。

記録媒体上のスペースを空けてから、ファイルを開いたり、インポートしたり、保存してください。

または

記録媒体上のスペースを空けてから、開く、インポート、または保存操作が正しく実行できるように、空きスペースが十分にあるストレージデバイス、ネットワークドライブ、またはクラウドストレージスペースにスキャンデータファイルを移動します。

SCENEでメモリカードを読み取れません

ScannerとSCENEで使用できるメモリカードとフォーマットの詳細については、ここをクリックしてください。 

スキャンデータファイルが破損しました

ファイルの破損からリカバリーする秘訣は、常に元のスキャンデータファイルのバックアップを取ることです。ScannerとSCENEを使用すると、バックアップを作成できます。SCENEのファイルで作業を始める前に、バックアップを作成することは良いルールです。バックアップファイルの詳細については、SCENEユーザーマニュアルと該当のモデルのLaser Scannerーユーザーマニュアルを参照してください。

プロジェクトをどのようにセットアップするかは、SCENEがスキャンデータファイルを配置し、正しい場所に変更を書き込む機能にも影響します。FAROはSCENE自動取り込み機能を使用し、スキャンデータファイルをメモリカードから作業場所にコピーするを推奨しています。この機能は、SCENEが正しいファイルを見つけることを可能にする標準化されたファイル構造を設定します。スキャンプロジェクトの設定方法については、SCENEユーザーマニュアルを参照し、SDカードを検索してください 。 

SCENEはプロジェクトファイルを保存するときのバージョンを保持します。これにより、プロジェクトがかなり大きくなる可能性があります。プロジェクトは一般的には最後には、クリーンアップ機能を使用し、プロジェクトの容量を減らすことができます。この機能は、元のスキャンデータファイルを削除する可能性があるため、慎重に使用してください。バックアップがある限り、これらのファイルを削除することは問題ではありません。 

SCENEは、スキャンデータファイルが保存されているネットワークファイルの場所にアクセスできません。

SCENEのインストールでネットワークドライブ上のファイルを読み書きする権限があること、およびネットワークドライブに十分な空き容量があることを確認して、開く、インポート、および保存操作が正しく完了できるようにしてください。これに関するサポート、IT管理者に相談してください。

開く、インポート、または保存操作が正常に完了するように、スキャンデータファイルを十分な未使用領域があるローカルドライブまたは記録媒体に移動します。

関連項目

キーワード

ファイル命名規則、リード・ライト・アクセス、ネットワークアクセス、ネットワーク・ファイル・パーミッション、ファイル・ストレージ、ストレージ・デバイス