メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

SCENE でサポートされるエクスポート形式

FARO SCENE スクリーンおよびボックス

概要

これらは FARO SCENE データを他のソフトウェア製品と共有するために使用できるエクスポート形式です。エクスポートファイル形式の詳細については、SCENEユーザーマニュアルを参照してください。

形式 メモ
CPE: スキャン形式、FARO独自 CPEはFAROが開発した点群データ用の新しいファイルフォーマットで、
柔軟な品質設定で最小限のファイルサイズを実現した形式。
 
DXF : CAD形式、Autodeskのバージョン互換ファイル 最も一般的な CAD 形式で、ほとんどすべての CAD ソフトウェアでこの形式を読み取ることができます。SCENE はスキャンポイントや 3D オブジェクトをエクスポートしますが、3D オブジェクトはソリッドとしてエクスポートされず、メッシュのテクスチャはサポートされないなどの制限があります。
E57 : ASTM が定義している標準形式 この形式はオブジェクト用ではなく、スキャンポイント専用です。SCENE はスキャンポイントを E57 形式でインポートおよびエクスポートできます。
IGES : CAD 形式、業界で最も多く使用されている形式 このフォーマットは、DXFでは扱えないソリッドオブジェクトを扱うことができます。DELMIA 製品などの一部の CAD ソフトウェアでは、この形式を読み取ることができますが、実際にはすべての IGES オブジェクトをサポートしているわけではありません。SCENEオブジェクトや点群は、メッシュのテクスチャを除き、すべてこのフォーマットで保存できます。点群にはファイルサイズが大きくなるので、このフォーマットは使用しないでください。
POD: Pointoolsスキャン形式 Pointoolsは、様々な3Dデータタイプからの分析、編集、ビジュアルコンテンツの制作環境を提供するサードパーティ製アプリケーションです。
PTC : スキャン形式 この形式は、kubit の PointCloud および FARO Cloud で使用されます。
この形式オプションは、PointCloud でネイティブの FARO FLS スキャンファイルを読み取ることができるためSCENE 5.2 以降では削除されています。
 
PTS : スキャン形式 この形式は、 Leica Cyclone をはじめとするさまざまなソフトウェア製で使用されます。
PTX : スキャン形式 この形式は、 Leica Cyclone をはじめとするさまざまなソフトウェア製で使用されます。
RCS: ReCapスキャン形式 スキャンをRCSファイル形式にエクスポートすると、エクスポートされたファイルに各スキャンポイントのxyz座標とRGBまたは反射値が保存されます。複数のスキャンを複数のRCSファイルとしてエクスポートもしくは、1つの統合ファイルとしてエクスポートできます。
VRML : インターネット用3D ファイル形式 多くの 3D CAD および設計ソフトウェアはこのフォーマットを扱えますが、ポイントデータを無視するものもあります。CADデータをSCENEにインポートに利用できます。
XYZ バイナリスキャンデータ形式 読み取り可能なテキストファイルではなく、ファイルサイズが小さいバイナリ形式 です。

動画

この 11 分間の YouTube チュートリアルでは、FARO アプリケーションエンジニアである Chris Palmer が、SCENE 5.3 で使用できるエクスポートオプションについて説明します。この動画は、FARO レーザースキャンデータをさまざまなサードパーティソフトウェアでどのように使用して多くの成果を得るかを示す入門動画です。

 

キーワード:

FARO Laser Scanner, LS Scene, Scout, ScoutLT, サードパーティ, 3rd パーティ, サード パーティ, igs