メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2023 CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020
CAM2 CAM2 - 2021                  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021 FARO Zone 2D - 2022          
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021 FARO Zone 3D - 2022 FARO Zone 3D - 2023        
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021 FARO Zone 3D Advanced - 2022          
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage FaroArm/ScanArm - Quantum S Max FaroArm/ScanArm - Quantum M Max FaroArm/ScanArm - Quantum E Max FaroArm/ScanArm - Gage Max        
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語 言語 - コリアン  
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift 3Dレーザースキャナ - Focus Premium
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus Core                  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020 SCENE - 2021 SCENE - 2022            
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Sphere FARO Sphere - Sphere                  
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                
FARO®ナレッジベース

新しいインタフェースを備えたSCENEのプロジェクトポイントクラウドの作成

scene-bty.png

クイックステップ

  1. プロジェクトはプロジェクトポイントクラウドになる準備が整っているか、それともすでに存在しているかを確認してください。
  2. プロジェクトポイントクラウドを作成し、プロジェクト設定を選択します。

以下の の詳細をご覧ください。 

概要

プロジェクトのポイントクラウドは、 スキャンプロジェクト内のすべてのスキャンのポイントで構成されます。プロジェクトポイントクラウド を作成すると、1つの場所ですべてのスキャンデータをインタラクティブに表示および操作できます。スキャンデータを他のアプリケーションにエクスポートする場合は、プロジェクトポイントクラウドを使い、すべてのスキャンデータを一度にエクスポートすることをお勧めします。

プロジェクトポイントクラウドを作成する前に、プロジェクト内のすべてのスキャンを正常に処理し登録していることを確認してください。プロジェクトポイントクラウドを作成したら、SCENEの  3Dビューでプロジェクトを開き、スキャンデータを更新できます。スキャンプロジェクトごとに設定できるプロジェクト ポイントクラウドは 1 つだけです。想像できるように、このファイルはかなり大きいので、コンピュータのハードドライブに十分な空き容量があることを確認してください。 プロジェクトポイントクラウドのファイル拡張子は.lsprojです。 

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 15 分以下
必要なスキル
  • 一般的なコンピュータスキル
  • SCENEでのスキャンデータファイルの操作に関する知識
前提条件
  • SCENE で使用するコンピュータ
  • 既存のSCENEスキャン データプロジェクト
  • プロジェクト内のすべてのスキャンは、すでに処理、登録、色分けされています
Back to top

プロジェクトが「プロジェクト点群」を作成する準備が整っているかどうかを確認します

  1. プロジェクト概要ウィンドウのSCENEで、作業をするスキャンプロジェクトの画像をクリックします。
    SCENENewProjectOverview.png
  2. プロジェクト詳細ウィンドウが表示されます。
    SCENENewCreateProjectPointCloud (2).png
  3. ウィンドウの下、ステータスタイルの上部にあるカラーバーを確認します。バー はワークフローの完了の度合いを示します 。緑色のバー は完了を示します。「プロジェクト点群」を作成するときは、プロジェクト点群タイルの最後のバーを除くすべてのバーが緑色になります。そうでない場合は、   SCENE のユーザーマニュアルを参照してスキャンデータファイルを正しく処理して登録してください。
  4. プロジェクト点群タイルのバーが緑色の場合は、既にProject Point Cloudがあり、この 記事の残りをスキップできます。 
  5. プロジェクト点群タイルのバーが緑色でない場合は、次のセクションに進み、プロジェクトポイントクラウドを作成します。 

ステータスタイルとカラーバーの詳細については、  SCENEのユーザーマニュアルを参照してください。

プロジェクトポイントクラウドの作成

  1. ワークフローバーのSCENEでExploreをクリックします。
  2. ツールバーでプロジェクトポイントクラウド>  作成をクリックします。 
    SCENENewCreateProjectPointCloud.png
  3. プロジェクトポイントクラウド/スキャンポイントクラウド設定ウィンドウが表示されます。ここでは、プロジェクトの設定を選択します。各設定の詳細については、SCENEのユーザーマニュアルを参照し、作成設定を検索してください。このプロジェクトポイントクラウドを エクスポート する予定がある場合は、ファイルサイズを最小限に抑えるために ディフォルト設定を使用することをお勧めします。スキャンデータやバランス密度の穴を埋める設定は、プロジェクトポイントクラウドのファイルサイズを、一部のアプリケーションが容易に 対応できる範囲を超えて増加させる傾向があります。 

    SCENENew-OldProjectPointCloudSettings.png

  4.  OKをクリックして、プロジェクトポイントクラウドを作成します。プロジェクトを作成するポイントクラウドウィンドウが表示され、進行状況が表示されます。プロジェクトのスキャン数によっては、時間がかかることがあります。
  5. プロジェクトポイントクラウドが正しく作成されると、ステータスメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。
  6. ワークフローバーで、プロジェクトをクリックして、プロジェクトの詳細を確認してください。プロジェクト点群のステータスタイルのカラーバーが緑色になっていることを確認してください。

プロジェクト点群はすぐに使えるようになりました。このプロジェクトを更新したり、いつでもエクスポートすることができます。詳細はSCENEのユーザーマニュアルを参照し、ポイントクラウドの更新を検索してください。

次を参照

キーワード:

プロジェクトファイルのエクスポート、プロジェクトファイルの完成