メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2020

2019

2018

7.x

6.x

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

SCENE への調査データ登録

kA270000000Cam0CAC_en_US_1_2.png

 

概要

調査データなど、外部の参照オブジェクトは、現実世界での座標でスキャンプロジェクトを調整することができます。このデータは、両方の SCENE インタフェースからインポートできます。 

調査データ形式

SCENE は、COR、CSV、TXT の調査データ形式を認識します。調査データファイルの各行には、名前、x 座標、y 座標、z 座標を含む単一の基準点が含まれている必要があります。 

注記:調査データをインポートする際、SCENE では右手座標系が使用されます。


CSV ファイルの例


TXT ファイルの例

TXT ファイルを使用する場合、空白スペース、コロン、セミコロン、タブなど、同じじタイプのセパレータによりデータが区切られている必要があります。

測定単位の検証

インポート設定の測定単位は、インポートされるデータの単位と一致する必要があります。この設定は、両方のインターフェイスで確認できます。 

ワークフローインターフェース

  1. ウィンドウの右上の設定アイコン をクリックします。
  2. ウィンドウ左側の[インポート]をクリックします。
  3. インポートする調査データの測定単位を選択します。

クラシックインターフェイス

  1. メインメニューのツール > オプションをクリックします。
  2. オプションウィンドウで [単位]タブをクリックし、インポート メニューの正しい測定単位を選択します。 

調査データのインポート

調査データをインポートするには、デスクトップからファイルを構造 ツリーの白の領域にドラッグします。両方の SCENE インタフェースを介して調査データをインポートすることもできます。

ワークフローインターフェース

  1. [登録]リボンの[調査点のインポート]をクリックします。
  2. 調査ポイントデータを含むフォルダに移動します。インポートするファイルをクリックして[開く]をクリックします。注記:必ず調査データファイルが表示されるよう、ファイルタイプフィルタを調整する必要がある場合があります。

    注記:TXT ファイルはこの方法でインポートできません。デスクトップから構造ツリーにドラッグアンドドロップする必要があります。
  3. ダイアログボックスで、インポートしたポイントを含める構造レベルを選択します。 

    注記:ワークスペースレベルにデータをインポートすると、データをプロジェクト全体で利用できるようになります。クラスタレベルにデータをインポートすると、データは特定のクラスタに制限されます。
  4. 参考フォルダが構造ビューに表示されます。

クラシックインターフェイス

  1. メインメニューのファイル > インポートをクリックします。
  2. 調査ポイントデータを含むフォルダに移動します。インポートするファイルをクリックして[開く]をクリックします。注記:必ず調査データファイルが表示されるよう、ファイルタイプフィルタを調整する必要がある場合があります。

    注記:TXT ファイルはこの方法でインポートできません。デスクトップから構造ツリーにドラッグアンドドロップする必要があります。
  3. ダイアログボックスで、インポートしたポイントを含める構造レベルを選択します。 

    注記:ワークスペースレベルにデータをインポートすると、データをプロジェクト全体で利用できるようになります。クラスタレベルにデータをインポートすると、データは特定のクラスタに制限されます。
  4. 参考フォルダが構造ビューに表示されます。

調査データとプロジェクト構造

調査データを使用してプロジェクトを調整または変換する場合は、プロジェクトの個々のスキャン登録をクラスタに移動することで保護できます。

クラスタを作成するには、次の手順に従います。

  1. プロジェクトフォルダを右クリックし、 新規 > クラスタをクリックします。
  2. 新しいクラスタの名前をクラスタプロパティボックスの[名前]フィールドに入力し、[OK]をクリックします。
  3. 新しいクラスタが構造ツリーの最上位レベルに表示されます。
  4. 元のスキャンクラスの横にある アイコンをクリックし、新しいクラスタにドラッグします。 

注記:クラスタは、プロジェクト構造ツリーのいずれのレベルでも作成でき、必要に応じて移動できます。 

調査データでスキャンを登録する

調査データがインポートされると、SCENE は登録プロセスで基準点を優先します。スキャンを正常に登録するには、少なくとも 3 つのスキャンターゲットとインポートされた基準点の間に対応が必要です。以下の手順を使用して、登録プロセス中にこれらの対応を登録および確認できます。

ワークフローインターフェース

  1. [登録]リボンで、登録するスキャンクラスタの横にある[登録]アイコン をクリックし、[自動登録を開始]をクリックします。
  2. [方法を選択]プルダウンメニューで、[ターゲットベース]をクリックします。
    • ターゲットの確認- このボックスをチェックして、登録前に調査ポイント対応を手動で検査します。
    • スキャン位置の対応を検索 - 調査データがスキャナの位置に対応する場合は、このボックスにチェックを入れます。
    • ターゲット名別に対応を強制 - このボックスをチェックすると、オブジェクトに同じ名前を付けることで、スキャン間の対応を強制します。
    • チェッカーボード法線を使用 - チェッカーボードのターゲットとスキャナのに角度がある場合は、この設定を無効にします。
  3. 緑色の[ターゲットの確認]または右上の[登録と確認 ボ]タンをクリックします。

ターゲットの確認

[ターゲットの確認]ウィンドウには、左側に検証コントロール、右側に読み込み済みスキャンがあります。

  1. 調査データを検証するには、スキャンリストのスキャン名をクリックします。
  2. 対応するターゲットに調査ポイントが表示されます。 
  3. ポイントを確認するには、それを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
  4. ウィンドウラベルに対応する基準点が表示されます。
  5. ターゲットの検証が完了したら、右上の登録と確認を確認します。

クラシックインターフェイス

  1. 構造ツリーで、基準点を含むスキャンを右クリックし、 ビュー > 平面ビューをクリックします。
  2. 対応するターゲットに配置された調査ポイントが表示されます。 
  3. ポイントを確認するには、それを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
  4. ウィンドウラベルに対応する基準点が表示されます。
  5. ターゲットを検証が完了したら、トップレベルの[スキャンマネージャー]を右クリックし、[スキャンを更新]をクリックします。注記:スキャンマネージャのロック解除を求められる場合があります。
  6. [スキャンマネージャー]ウィンドウの結果を検証します。
  7. OK]をクリックします。

関連情報

キーワード: 登録、スキャン、外部参照要素、調査ポイント