メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2023 CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020
CAM2 CAM2 - 2021                  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021 FARO Zone 2D - 2022          
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021 FARO Zone 3D - 2022 FARO Zone 3D - 2023        
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021 FARO Zone 3D Advanced - 2022          
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage FaroArm/ScanArm - Quantum S Max FaroArm/ScanArm - Quantum M Max FaroArm/ScanArm - Quantum E Max FaroArm/ScanArm - Gage Max        
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語 言語 - コリアン  
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift 3Dレーザースキャナ - Focus Premium
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus Core                  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020 SCENE - 2021 SCENE - 2022            
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Sphere FARO Sphere - Sphere                  
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                

FARO Sphere

Sphere

3Dレーザースキャナ

Focus Core

Focus Premium

Focus S

Focus S Plus

Focus M

FARO®ナレッジベース

FARO Flatness Check アプリ

概要

FARO® Flatness Check は、FARO Focus レーザースキャナと連携し、コンクリートスラブやその他の床面の平坦度のばらつきを素早く見つけて記録する iPad アプリです。FARO Flatness Check の簡単なワークフローにより、Focus と iPad を使用する建設スペシャリストがスラブの平坦度をチェックできます。リアリティ キャプチャの専門家は必要ありません。

また、FARO Flatness Checkを使用すると、分析結果を拡張現実で視覚化することもできます。FARO Flatness Checkで床を表示し、その上に重ねられた平面度の変化のヒート マップを確認できます。これによって、床面に注意が必要な場所を簡単に見つけることができます。

FARO Sphere 経由で Flatness Check プロジェクトをクラウドにアップロードすれば、BuildIT を使って一般的な規格(ASTM 1155、DIN18202、TR34 など)に対するスラブ品質を検証でき、その品質を関係者のために文書化することもできます。(ただし、Sphere と BuildIT は別途ライセンスが必要です。)

ダウンロードとデバイスのサポート

iPad の App Store から FARO Flatness Check アプリをインストールします。すでに FARO Sphere のユーザーであれば、インストールタイルの QR コードをスキャンしてアプリをインストールすることもできます。

対応iPad

現在、Flatness Check アプリは、iOS 14 以降の Apple 製 iPad での使用にのみ対応しています。下表は、推奨するデバイス/モデル情報の一覧です。

推奨 - 優れたエクスペリエンス 推奨 - 素晴らしいエクスペリエンス* 非推奨 - ダウンロード可能* 非対応 - ダウンロード不可*
  • iPad Pro 11 インチ 第 2〜3 世代
  • iPad Pro 12.9 インチ 第 4~5 世代
  • iPad Pro 11 インチ 第 1 世代
  • iPad Pro 12.9 インチ 第 3 世代
  • iPad Mini 第 5~6 世代
  • iPad Air 第 5 世代
  • iPad Pro 9.7インチ / iPad Pro 10.5 インチ
  • iPad Pro 12.9 インチ 第 1 世代および第 2 世代
  • iPad Mini 第 4 世代
  • iPad Air 第 3 世代〜第 4 世代
  • iPad 第 7 世代〜第 9 世代
  • iPad Mini 第 1~3 世代
  • iPad Air 第 1~2 世代
  • iPad 第 1 世代〜第 6 世代
モデル
A2229、A2069、A2232、A2233、A2228、A2068、A2230、A2231、A2377、A2459、A2301、A2460、A2378、A2461、A2379、A2462
モデル
A1876、A1895、A1983、A2014、A1980、A1934、A1979、A2013、A1233、A2124-A2126、A2568、A2588、A2589、A2591
モデル
A1584、A1652、A1673 - A1675、A1670、A1671、A1701、A1709、A1538、A1550、A2123、A2152 - A2154、A2316、A2072、A2324、A2325、A2197 - A2200、A2270、A2428 - A2430、A2602 - A2605
モデル
A1432、A1454、A1455、A1489 - A1491、A1599 - A1601、A1474 - A1476、A1566、A1567、A1822、A1823、A1893、A1954

* これらのモデルでは、「オブジェクトの背後にある点群を非表示にする」機能は機能しません。

iPad モデル識別にお困りですか?手順については、Apple サポート記事を参照してください。

対応Laser Scanner

Flatness Check アプリは、以下の FARO Laser Scanner のモデルに対応しています。Focus Premium、FocusS Plus、FocusS、FocusM(ファームウェア 6.80 以上の場合)。

 

ユーザーマニュアル

以下のリンクをクリックすると、FARO Flatness Check ユーザードキュメントをダウンロードできます。

Flatness Check ユーザードキュメント - 英語

 

インストールとセットアップ

  1. iPad の App Store から「FARO Flatness Check」アプリをインストールします。FARO Sphere をお使いの方は、インストールタイルの QR コードを読み取って、アプリをインストールすることもできます。
  2. Flatness Check には FARO Sphere アカウントが必要です。まだアカウントをお持ちでない場合は、Sphere Base Account を無料で作成できます。
  3. iPad で Flatness Check アプリを起動する
  4. Sphere アカウントへのサインイン (またはアカウント作成) が求められます。
  5. サインインすると、ライセンスユーザーはアプリを使い始めることができます。初めてアプリを使用する場合は、30 日間試用ライセンスを使用することができます。完全なライセンスを取得するには、FARO の担当者にお問い合わせください。

Sphere におけるライセンス管理

FARO Sphere Professional または Enterprise アカウントをお持ちのお客様は、異なるユーザー間で Flatness Check のライセンスを手動で共有できます。手動での共有を行うには、アカウント管理者は、Sphere User Management で、あるユーザーから別のユーザーに Flatness Check Permission を移行させることができます。

 

よくあるご質問

iPhone にこのアプリをインストールできますか?

現在の、iPhone には対応しておらず、インストールもできませんが、本アプリで優れた体験を提供したいと考えております。

試用期間終了後も続けたいと考えています。どうすればいいですか?

アプリを気に入っていただき誠にありがとうございます。本アプリを継続して使用するためには、FARO からライセンスをご購入いただく必要があります。1 年間のサブスクリプションを非常に魅力的な価格で提供しております。FARO の営業担当者から連絡がない場合は、こちらからお問い合わせください

レーザースキャナを動作させるには何が必要ですか?

Flatness Check アプリは、以下の FARO Laser Scanner のモデルに対応しています。Focus Premium、FocusS Plus、FocusS、FocusM(ファームウェア 6.80 以上の場合)。本アプリは、旧来の FARO レーザースキャナーや他社製レーザースキャニングソリューションには対応していません。

Flatness Check App から Sphere にプロジェクトデータをアップロードできません。アップロードできるようにするにはどうしたらよいですか?

登録後、FARO Sphere 内に「ワークスペース」が作成されていないことが原因である可能性が高いです。このようなワークスペースが必要なのは、FARO Sphere がプロジェクトデータを割り当てる場所を確保するためです。

Sphere でワークスペースを作成するには、「オプション」(右上のアイコンをクリック)、「Sphere アカウント設定」の順に選択するだけです。これでワークスペースが作成できるはずです。

完了後、アプリでワークスペースを確認し、プロジェクトデータをアップロードすることができます。他のステークホルダーをSphereのワークスペースに招待し、結果をオンラインで共有することができるようになりましたSphere Workspaces の詳細については、Sphere のユーザーマニュアルも参照してください。

アプリを使用して、地域の基準に対する床の平坦度や水平度を記録するにはどうすればよいですか?

リリース当初は、このアプリでこの機能は提供されません。このアプリのコアバリューは、拡張現実を通じて、現場の公差偏差を極めて高速に可視化することにあります。スラブの品質を地域の基準に照らして文書化する必要がある場合、FARO Sphere で取得したデータを FARO BuildIT Construction に転送し、そこで標準的な分析を行うことができます。BuildIT Construction で解析した結果を Sphere にアップロードし、ダウンロードすることで、Flatness Check App で可視化することができます。

アプリのトレーニングを受けるにはどうすればよいですか?

このアプリでは、トレーニングの予約は必要ありません。オンライントレーニングはこちらでご覧いただけます:https://learn.faro.com/course/view.php?id=1070.

セットアップ、スキャン、アプリの一般的な機能についての詳細は、Flatness Check User Documentationを参照してください