メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

Measure X

Measure 3/4

Optor

Lab

As-Built

AutoCAD

Revit

Modeler

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

RevEng Capture

Visual Inspect

CAD Translator

レガシーソフトウェア

CAM2 Gage

FARO®ナレッジベース

FARO ソフトウェアのライセンスキー、アクティブ化、更新について

インストールアイコン

概要

FARO ® のライセンスキーを理解すると、FARO ソフトウェアライセンスのインストール、アクティブ化、アップグレードが簡単になります。この記事では、キーの概要と使用方法を説明します。

ここをクリックして完全な FARO ソフトウェアライセンス契約 (EULA) を表示します。

FARO®ソフトウェアを初めてダウンロードおよびインストールする場合は、トライアルライセンスを使用して実行できます。トライアルライセンスの期間は、使用する FARO ソフトウェアによって異なります。

トライアルによってソフトウェアを理解することができ、FARO の営業に連絡をとり、ソフトウェアメンテナンスプランオプションを選択し購入することができます。この購入品の一部として、ライセンスキーを受け取ります。このキーにより FARO ソフトウェアへ安全にアクセスでき、特定の期間にソフトウェアのアップグレードできる権利が付与されます。

ライセンスキーはどこにありますか?

  • ソフトウェアパッケージの前面、背面、内側のシールに表示、またはソフトウェアを含むメモリスティックにあります。

  • 電子メールで送信されます。

ヒント: 常にキーのコピーを保管してください。ソフトウェアメンテナンスプランを更新するか、ソフトウェアをアップグレードするときに必要です。ソフトウェア内では取得できません。

ライセンスタイプとコンテナ

ソフトウェアライセンスは、異なるライセンスタイプとコンテナを使用して提供されます。FARO ソフトウェアを購入する場合は、販売代理店と、どのライセンスタイプとコンテナが最適が検討してください。シングルユーザーまたはネットワークの、2 つのライセンスタイプがあります。これらのライセンスタイプはそれぞれ別のコンテナに保存されます。ソフトウェアに入力するプロダクトキー、USBドングルです。

ライセンスタイプとコンテナ  
シングルユーザーライセンス/プロダクトキー ネットワークライセンス/プロダクトキー
シングルユーザーライセンス/ドングル ネットワークライセンス/ドングル

プロダクトキーまたはドングルはソフトウェアの入手方法に関係なく、デジタルダウンロードまたはメモリスティックなどの物理メディアからを使用できます。プロダクトキーとドングルの両方に複数のキーを含むことができます。

各ライセンスタイプとコンテナの説明については、次のセクションを参照してください。

シングルユーザーまたはネットワークライセンス

  • シングルユーザーライセンスは、一度に特定の 1 人が使用できるキーを 1 つだけを提供します。 
  • ネットワークライセンスは、指定した数のキーを提供し、これは保管領域から利用可能です。そしてFARO ソフトウェアがインストールされ実行するクライアントコンピュータへの要求に対し、ネットワークサーバーににより先着順で提供します。すべてのキーが使用中の場合、ライセンスを要求する次のクライアントコンピュータが拒否されます。1つのコンピュータがキーを使用を停止すると、そのキーは他のコンピュータの要求に応じて利用できます。 

プロダクトキーまたはドングル

  • プロダクトキーは、指示された場面でソフトウェアに入力する英数字コードです。これにより特定のコンピュータを指定し、他のコンピュータとは交換できません。ライセンスキーは、ライセンスコード、ソフトロック、ソフトキー、SK またはS Lとも呼ばれます。FARO ソフトウェアを注文すると、プロダクトキーはデフォルトのライセンスコンテナです。  
     
  • 各プロダクトキーには、3 つのアクティベーションがあります。キーアクティベーションは、異なるコンピュータまたはハードディスクでFARO ソフトウェアを実行する、特定の製品のプロダクトキーを使用する回数です。アクティベーションは、プロダクトキーにのみ適用されます。 

    注記:BuildITは、現在 1 つのみアクティベーションを提供しています。
     
  • アクティベーションを追加することで、コンピュータまたはハードディスクが故障した場合に作業を行うことができます。たとえば、コンピュータまたはハードディスクにソフトウェアを最初にインストールする場合は、1 つのアクティベーションを使用します。ハードドライブの故障など、何らかの理由でコンピュータが使用不能になった場合、2 つ目のアクティベーションで 2 つ目のコンピュータまたはハードディスクにソフトウェアをインストールできます。必要であれば、もう 1 つのアクティベーションが残っています。

ライセンスを転送する必要がありますか?

コンピュータまたはハードディスク上で FARO ソフトウェアを実行する予定がなくなった場合は、FARO サポートに連絡して、キーを異なるコンピュータへ転送および再アクティブ化できます。こうすると、元のコンピュータからのアクティベーションが削除され、そのコンピュータで FARO ソフトウェアを実行できません。3 つのアクティベーションをすべて使用していて、さらに必要な場合は、FARO サポートに連絡してください。担当者はあなたと協力して、あなたのニーズを決定します。

他のコンピュータにライセンスキーがある場合、[キーを転送]により、別のコンピュータ上に位置するライセンスキーを現在使用しているコンピュータに転送することができます。

ソフトウェアのライセンスマネージャーで、

  • [キーを転送]をクリックすると、[キー転送]ウィンドウが表示されます。ライセンスマネージャーが、適用可能なライセンスキーがないかネットワークを検索します。


As-Built_for_AutoCAD_LicTransfer_RUS.png

ネットワーク転送

希望のキーをクリックして強調表示し、[転送]ボタンをクリックします。ライセンスマネージャーが、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

オフライン転送

「RUS で転送」ツールでは、ネットワークで接続しなくても、2 つのコンピュータ間でライセンスを転送できます。「RUS ツールで転送」リンクをクリックすると、FARO RUS ツールと PDF ファイルが開き、プロセスの手順説明が表示されます。

ライセンスキーはどこにありますか?

  • ライセンスキーは、ソフトウェアパッケージの全面、背面、または内側のシールに表示されています。または、下に示すように、ソフトウェアを含むメモリスティックに含まれています。

ProductBoxesWithLicenseNumbers.png

  • ドングルは、メモリスティックのような物理的な USB デバイスです。FARO ソフトウェアを実行するにドングルをコンピュータの USB ポートに挿入すると、ソフトウェは自動的にキーを検知します。ドングルは、1つのコンピュータから別のコンピュータに移動して使用できます。ドングルは、ポートロック、ハードロック、ハードキー、HK、HL、USBドングル、USB ライセンススティックとも呼ばれます。FARO ソフトウェアの注文時、ドングルはオプションです。ドングルを購入するには追加料金がかかりますが、追加ライセンス料を支払うことなく、複数のコンピュータで FARO ソフトウェアを実行することで機動性が高まります。
     
  • ドングルのライセンスキーは、ドングルのパッケージ前面、背面、または内側にに表示されています。キーは、以下のように、ドングルの背面にも刻印されている場合があります。

ドングルまたはポートロック     DongleWithLicenseKeyOnBack.png

ライセンスキータイプとコンテナ

アプリケーションに適切なライセンスキータイプとコンテナを購入するには、以下の表を参照してください。どのライセンスキータイプとコンテナが適切か確認するには、地域のFARO 営業担当者に連絡してください。

条件       購入
ネットワークなし 1人または複数のユーザー 常に同じコンピュータを使用する
(モバイルではない)
  シングルユーザーライセンス/プロダクトキー
FARO ソフトウェアを実行する予定の各コンピュータ/個人用 
ネットワークなし 1人または複数のユーザー 異なる場所で複数のコンピュータを使用することが多い
モバイル)
ドングルを共有することができる
(ユーザーはお互い近くにいる)
シングルユーザーライセンス/ドングル
同時に FARO ソフトウェアの実行する各個人に1つずつ
ネットワーク 複数のユーザー 常に同じサーバにホストされるライセンス すべてのユーザーがネットワーク上で作業する 同時に使用するユーザープールをカバーする数のライセンスを持つネットワークユーザーライセンス/プロダクトキー 
ネットワーク 複数のユーザー 異なるサーバまたはコンピュータでホストされるライセンス すべてのユーザーがネットワーク上で作業する ネットワークユーザーライセンス/ドングル
同時に使用するユーザープールをカバーするためのライセンス数
このページのトップへ

キーをアクティブ化する場合

コンピュータまたはハードディスクでライセンスを実行する必要のある FARO ソフトウェアのいずれかを初めて実行するときに、キーをアクティブ化します。ソフトウェアにキーを提供するコンテナのタイプにより、ソフトウェアを使用する前にキーを有効にする必要があるかどうか決まります。 

  • ドングルを使用していますか? ドングルに含まれるライセンスキーはアクティブ化する必要ありません。ドングルは出荷前にアクティブ化されています。
  • プロダクトキーを使用していますか?ソフトウェアを実行する前に、必ずプロダクトキーをアクティブ化する必要があります。キーをアクティブ化する方法については、このナレッジベースで FARO ソフトウェアのアクティブ化およびアップデートの記事を参照してください。

トライアルライセンスを使用している場合は、アクティブ化する必要がありません。 

キーを更新する場合

キーを更新すると、プロダクトキーまたはドングルに保存されている情報が更新されます。以下の条件下で、FARO ソフトウェアを実行する前に、既存のキーを更新するよう求められる場合があります。 

  • 最初に購入したソフトウェアを補完するため追加で製品を購入すると、更新により既存のキーに新しい製品が追加されます。
    たとえば、FARO ソフトウェアを購入した後、追加のエクスポートトランスレータまたはアプリを購入します。キーを更新すると、新しいトランスレータをアプリを含めて拡張します。その後、ソフトウェアをアップグレードしてキーを更新するたびに、処理により追加購入分が含まれます。
  • ソフトウェアメンテナンスプランを更新する場合。
  • FARO ソフトウェアの新しいメジャーリリースにアップグレードする場合。

キーのアクティブ化アまたは更新方法

キーをアクティブ化または更新する方法は 2 つがあります。以下の説明のように、自動と手動があります。

このナレッジベースで、「更新 または アクティブ化 + FARO ソフトウェアを検索して、自動または手動でキーをアクティブ化/更新について説明する記事を検索します。

自動

次の条件下で、自動でキーをアクティブ化または更新します。 

手動

次の条件下で、手動でキーをアクティブ化または更新します。

  • FARO ソフトウェアを実行しているコンピュータが、有効なインターネットに常時接続がないが、他のコンピュータを使用してインターネットにアクセスし、電子メールを送信できる場合。
  • 会社のファイアウォールとウィルス保護により、FARO ライセンスが使用する通信ポートがブロックされている場合。
  • ご自身 ネットワークライセンスサーバーを使用中の場合
このページのトップへ

ソフトウェアメンテナンスプランを最新の状態に保つ

最新のソフトウェアメンテナンスプランがある場合は、新しいメジャーリリースまたはパッチリリースを利用して日々の業務への影響を最小限にすることができます。 

ソフトウェアメンテナンスを最新で有効に維持することで、新しいソフトウェアリリースを利用することができ、機能の拡張性とツールを提供し、ワークフローを改善し組織の能力を拡大できます。さらに、セルフヘルプナレッジベースである、カスタマイズしたFARONow! ポータルは24時間365日利用可能です。また通常の営業時間中は経験豊富な担当者が対応するFARO 認定ユーザーサポートをご利用いただけます。

ソフトウェアメンテナンスプランの期限が近づいているか、または既に期限切れとなっている場合は、迅速かつ簡単にプランを再度有効にすることができます。新しい更新方法を導入しました。新しいFARONow! カスタマーサービスポータルです。FARONow!は、お客様で可能なことをカスタマイズし、次のことが可能になります。

  • 更新するアセットを選択する
  • 認定中のユニットを追跡する
  • いつでも、どこでも、でのデバイスからでもアクセスする
  • より迅速に情報やサポートを受ける

お客様のニーズに応じて、いくつかの種類の FARO ソフトウェアメンテナンスプランから選択できます。通常、更新したソフトウェアメンテナンスプランの処理には 3~5 営業日かかります。ソフトウェアメンテナンスプランの処理が完了すると、ソフトウェアのダウンロード、インストール、ソフトウェアの自動更新が可能になります。 

ソフトウェアメンテナンスプランの期限が切れていて、メジャーなソフトウェアリリースがある場合は、通常、ソフトウェアメンテナンスプランの更新が必要です。


プランが最新であるかどうかはわからない場合は?

 

ネットワークライセンスキー およびサーバ

システム管理者はネットワークライセンスサーバーを作成し、FARO ソフトウェアを実行するクライアントコンピュータが利用できるキーの保存領域を作成できます。キーは、ライセンスサーバーがホスティングし、ネットワークでクライアントコンピュータが共有します。FARO ソフトウェアパッケージは、クライアントコンピュータにインストールすればいいだけです。サーバーでは、管理者はSentinel SafeNet Admin Control Centerr、Sentinel SafeNet HASP ライセンスドライバ、FARO Remote Update System(RUS) を使用して、FARO キーを追加、管理、およびアクティブ化できます。これらのツールがインストールされてサーバーで構成され、クライアントコンピュータが設定されると、FARO ソフトウェアがクライアントコンピュータで実行されるとき、利用可能なキーをネットワーク上で検索します。1つ見つかった場合、クライアントコンピュータはアプリケーションのセッション中、キーを使用します。ソフトウェアが閉じられると、キーがリリースされ、FARO ソフトウェアを実行している他のクライアントコンピュータが使用できるようになります。

ライセンスサーバでは、メジャーリリースから次のリリースへアップグレードするときに手動でキーをアクティブ化にします。キーを自動的にアクティブ化にすることはできません。

ネットワークライセンスサーバーを設定するのが適している場合は、FARO ソフトウェアの購入後にネットワーク用の英数字キーまたはドングルを提供します。ネットワークの英数字キーまたはドングルのいずれかで、 1 ~ 50 の同時使用ライセンスを購入することができます。同時使用は、ソフトウェアにおける座席と同じで、内部ネットワーク上のクライアントコンピュータ、またはネットワーク上のリモートコンピュータに使用します。

  • ネットワークの英数字キーを選択した場合は、入力が求められたときにを入力し、これはその特定のサーバーに関連付けられています。別のサーバーに移動するには、英数字キーを転送する必要があります。FARO サポート 担当者のみが英数字キーを転送できます。
  • ネットワークドングルを選択した場合、キーは特定のサーバーに関連付けられず、ドングルを取り出して別のコンピュータに挿入することで転送できます。ネットワークドングルは、HASP ドライバと RUS がインストールされたコンピュータに挿入することができます。

ネットワークライセンスサーバーのセットアップ詳細については、ここをクリックしてください。

関連情報

キーワード

製品コード、プロダクトキー、ソフトウェアライセンス、ソフトウェアアップグレード、保守更新、ライセンス、ライセンスソフトウェア、ライセンスのオプション、ライセンスオプション、ライセンスタイプ、ドングルでライセンスキーを見つける、ドングルライセンスキー