メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2020

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2020

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

Measure X

Measure 3/4

As-Built

AutoCAD

Revit

Modeler

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

Visual Inspect

CAD Translator

レガシーソフトウェア

CAM2 Gage

FARO®ナレッジベース

FAROソフトウエアのライセンスオプション

Install Icon

概要

FARO® では、ソフトウエアのご使用にあたりいくつかの種類のライセンスを提供しています。組織の規模やユーザーがソフトウエアにアクセスする方法に応じて、お客様のニーズに合ったオプションをご用意しています。

ライセンスタイプ及びコンテナ、期限

ソフトウエアライセンスは、さまざまなライセンスタイプとコンテナを使用して提供されます。FAROソフトウエアを購入する際には、お客様に最適なライセンスタイプとコンテナを販売代理店にご相談ください。ライセンスタイプには、シングルユーザー用とネットワーク用の2種類があります。これらのライセンスタイプは、それぞれ異なるコンテナに保存することができます。

ライセンスタイプ

基本的にFAROソフトウエアには、ローカル、シングルユーザーライセンスと マルチユーザー、ネットワークライセンスの2種類のライセンスが用意されています。

シングルユーザー

シングルユーザーライセンスは、1つのプロダクトキーを提供し、一度だけアクティブにすることができます。1台のコンピュータ/ユーザーに限定され、他のコンピュータでは利用出来ません。

ネットワーク

ネットワークライセンスは、利用可能なライセンスの数を保持し、ネットワークサーバーから、FAROソフトウエアアプリケーションが起動に応じてライセンスを要求するクライアントコンピューターに提供されます。詳しくは、この記事の「ネットワークライセンスとサーバー」を参照ください。

ライセンスコンテナ

上記のライセンスタイプは、どちらもライセンスコンテナに入れてお届けします。FAROでは、ライセンスが「ソフトロック」(ソフトウエアに入力する英数字のコード)で適用されるか、「ハードロック」(USBメモリーのような形状のUSBデバイス)で適用されるかを「ライセンスコンテナ」と呼んでいます。FAROからソフトウエアを購入する際には、どちらのライセンスコンテナがお客様の要望に最も適しているかを営業担当者が提案します、注文時にご指定ください。。

ソフトロック(プロダクトキー)

英数字のコード、ソフトウエア(初回実行時)やライセンスサーバーに入力します。

ソフトロックは、プロダクトキー、ライセンスコード、ソフトロック、ソフトキー、SKまたはSLとも呼ばれます。

プロダクトキーは何処に記載されていますか?

  • ソフトウエアパッケージの前面、背面、内側、またはソフトウエアを格納したメモリースティックに貼られたステッカーに表示されます。
  • 電子メールでの配信

注意: キーのコピーを常に保管してください。ソフトウエアのメンテナンスプランを更新する際や、ソフトウエアをアップグレードする際に必要になる場合があります。ソフトウエア内からは確認できません。

AllHLs.pngハードロック(ドングル)

ハードロック(ドングル)は、USBメモリーのような形をしたUSBデバイスです。事前にドングルを、FAROソフトウエアを起動するコンピュータのUSBポートに挿入すると、ソフトウエアが自動的にキーを検出できるようになります。ドングルにはライセンスキーがプログラムされており、ソフトウエアがインストールされているコンピュータのライセンスを取得するために使用することができます。ライセンス・ドングルの購入には追加料金がかかりますが、ライセンス・ドングルの自由度の高さを好まれて多くのお客様でご利用されています。

ハードロックは、ドングル、ポートロック、ハードロック、ハードキー、HK、HL、USBドングル、またはUSBライセンススティックとも呼ばれます。

ライセンス期限

恒久

恒久ライセンスは、FAROソフトウエアを期限なく使用することができます。有効なソフトウエアメンテナンスプランの対象となっている期間にリリースされた新機能を利用してソフトウエアをアップデートすることができます。メンテナンスプランが終了すると、FAROソフトウエアを引き続き使用することができますが、アップデートを受けることはできません。FAROソフトウエアを購入すると、12ヶ月間のソフトウエアメンテナンスが含まれています。その後、重要なソフトウエアのアップデートを見逃すことのないように、追加のメンテナンスプランを購入することができます。詳しくは、 FARO ソフトウエアのソフトウエアメンテナンスプランの利点 を参照ください。

サブスクリプション

サブスクリプションライセンスは期間利用制で、サブスクリプションが有効な間はFAROソフトウエアを使用し、最新のソフトウエアにアクセスすることができます。サブスクリプションの有効期限が切れると、ソフトウエアにアクセスできなくなります。サブスクリプションライセンスの場合、追加のソフトウエアメンテナンスプランは必要ありません。

Trial

すべてのFARO®ソフトウエアには、30日間のトライアルライセンスが用意されています。試用版では、ソフトウエアの評価や親和性などをご確認いただけます。試用ライセンスのリクエストは FARO.comのInsights Centerウェブフォーム から行ってください。詳しくは FAROソフトウエアの試用リクエスト を参照ください。

ライセンスタイプ/コンテナのメリット・デメリット

使用例 メリット デメリット
シングルユーザー、”ソフトロック”ライセンス
  • 常に1台コンピュータだけを使用するユーザーのための最も安価なオプション
  • メンテナンスプランまたはサブスクリプションが有効な限り、ライセンスキーはオンラインで自動的に更新されます。

 

  • 1つのライセンスキーは1台のコンピュータだけに限定されているため、転送プロセスを使用してライセンスを移動する必要があります。
  • FAROソフトウェアを常時使用しない場合(同時ユーザー数ではありません)でも、使用するコンピュータ数のライセンスキーを購入する必要があります。

 

シングルユーザー、”ハードロック”ライセンス
  • 同時使用ユーザーのみの購入のため、必要なライセンス数が少なくて済む可能性があります。
  • ドングルを複数のユーザーが利用できるようにすることができる
  • ライセンスはドングルに入っているので、差し替えるだけで他のコンピュータに移動できます。
  • メンテンスプランが有効である限り、ライセンスキーはオンラインで自動的に更新されます。

 

 

  • ドングルを紛失する可能性があり、代替品を購入しなければ、そのソフトウエアライセンスの使用が出来なくなる場合あります。
同一ネットワーク上のユーザー、サーバー上の”ソフトロック”ライセンス
  • ソフトウエアのインストール毎にライセンスキーを適用する必要がないので、大規模な導入に最適です。
  • 同時使用ユーザーでのご購入になるため、合計のライセンス数が少なくなる場合があります。
  • すべてのソフトウエア更新のタイミングは、会社のIT部門によって制御することができます。
  • モバイルコンピューターでの利用のためにライセンスをネットワークから "切り出す "ことができます。

 

  • 設定には専門の知識が必要になります、IT部門と相談の上FAROカスタマーサービスのサポートを受けてください。
  • FAROソフトウェアの主要なアップデートは、サーバー上のライセンスキーを手動更新する必要があります(年に2回程度)。

 

複数ネットワーク上のユーザー、”ハードロック”ドングルライセンス
  • 複数のネットワークサーバーやドメインを使用した大規模な導入に最適です。
  • ソフトウエアのインストール毎にライセンスキーを適用する必要はありません。
  • 同時使用ユーザーでのご購入になるため、合計のライセンス数が少なくなる場合があります。
  • すべてのソフトウエア更新のタイミングは、会社のIT部門によって制御することができます。

 

  • 1つのネットワークドングルで最大50ライセンスまで適用可能。
  • FAROソフトウェアの主要なアップデートは、それぞれのドングルのネットワークライセンスを手動更新する必要があります(年に2回程度)。

 

推奨 ライセンスタイプ/コンテナ

ライセンスキーの種類を検討する際に運用形態に応じて検討する点があります。ユーザーがネットワークに参加している、ライセンスを別のコンピュータへ移動する柔軟さが必要か?などが挙げられます。下表のようにFAROソフトウエアの4つの一般的な用途に基づいて分類しています。最適なライセンスタイプをご検討ください。

ユーザーはネットワークに参加していますか? ユーザーはどこでソフトウエアを利用しますか? 利用者同士は近くにいますか? 推奨 ライセンスコンテナ 推奨 ライセンスタイプ
単独利用、ネットワーク接続なし。 常時同一コンピュータを使用(非モバイル) 該当なし ソフトロック

ソフトウエアを実行するコンピュータ毎に、
シングルユーザーライセンスの利用

単独利用、ネットワーク接続なし。 移動してコンピュー使う事が多い。(モバイル) 作業場所の近く、または共通の作業場所 ハードロック

ソフトウエアを利用する担当者毎に、
シングルユーザーライセンスの利用

複数ユーザー、同一ネットワーク上 ライセンスはすべて同じネットワークサーバーに格納できます。 すべてのユーザーは同一のネットワークに参加しています。 ソフトロック

必要数の同時使用ユーザーのライセンス数を提供する
ネットワークライセンス

複数ユーザー、複数のネットワーク ライセンスはそれぞれのネットワークでホストされている必要があります。 複数のネットワークにまたがるユーザー ハードロック 複数のドングルでのネットワークライセンス、各サーバーでの同時使用ユーザーのライセンス数を提供

ネットワークライセンスとサーバー

大きな組織で利用している場合、通常はネットワークライセンスキーを利用して複数のFAROソフトウエアのライセンスにアクセスするのが便利です。ネットワークライセンスキーはソフトウエアの主要なアップデートのたびに、サーバー上のライセンスキーを手動更新する必要がありますが、更新するのは1つのキーだけて完了します。ソフトウエア更新のタイミングは、会社のIT部門によって制御することができます。


ネットワークライセンスを構成するには、システム管理者がネットワーク上にライセンスサーバーを構築し、FAROソフトウエアを実行しているクライアントコンピューターがアクセスできるようにライセンス・プールを作成します。ネットワークサーバー上にSentinel SafeNet HASPライセンスドライバとFARO Remote Update System (RUS)を利用してライセンスの有効化を行います、FAROソフトウエアがインストールされたクライアントコンピューターは自動的にリモートライセンスにアクセスします。


ライセンスサーバーがネットワーク上に構築されると、クライアントコンピューターにインストールされたFAROソフトウエアが起動されると、ネットワーク上のライセンスサーバーを探して、利用可能なライセンスキーを要求し、利用可能な場合これを利用してソフトウエアが起動されます。利用可能なキーがすべて利用されている場合、ライセンスキーの要求が拒否されます。利用中の1 台のコンピュータがキーの使用を停止すると、このキーを他のコンピュータが利用できます。

FAROソフトウエアは常に改良を行い、改訂版が、ソフトウエアアップデートとしてリリースされます。改訂アップデートではライセンスの更新は必要なく、年に2回程度の主要アップデートがリリースされる場合は、クライアントコンピューターのソフトウエアを更新する前にネットワークライセンスキーの更新を手動で行う必要があります。更新方法は、ネットワークライセンスサーバーをホストしているコンピュータから「.c2v」ファイルという、ライセンス情報ファイルを作成して、これをFAROカスタマーサービスにメールで送信するか、FAROライセンス・ポータルにアップロードします。ダウンロードまたは受け取った.v2c」ファイルをネットワークライセンスサーバーをホストしているコンピュータに適用します。

詳しくは、ネットワークライセンスサーバーのアップデート FARO ソフトウェアライセンスキー を参照ください。

取り出し可能なライセンスキー

ドングルではなくソフトロック(英数字のネットワーク ライセンス キー)を使用したネットワーク ライセンス サーバーを使用している場合は、サーバーからキーを取り出してクライアント コンピュータに割り当てることができます。これにより、クライアント コンピュータがネットワークに接続されていない場合でも、そのクライアント コンピュータでソフトウエアを実行できるようになります。取り出したキーに有効期限を割り当てると、その期限に達すると、切り離したキーは自動的にクライアント コンピュータで無効化され、サーバーに返却されます。


取り出し可能なキーは、現場で使用するコンピュータのグループをローテーションする大規模な組織では有効です。例えば、FAROソフトウエアがモバイルや遠隔地で使用されているラップトップ・コンピュータで実行されている場合、取り出し可能なキーを使用することで、ネットワークを介さずにソフトウエアを実行することができます。モバイルコンピューターをアップデートする際には、ネットワークライセンスサーバーが管理するライセンス・プールにキーが返却されます。

詳しくは、ネットワークライセンスキーを切り離す を参照ください。