メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2022

2021

2020

2019

2018

7.x

Capture および Process

CAM2

2021

2020

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

As-Built

AutoCAD

Revit

Modeler

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

FARO Zone 3D

2022

2021

2020

2019

2018

FARO Zone 3D Advanced

2022

2021

2020

2019

2018

FARO Zone 2D

2022

2021

2020

2019

2018

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

Visual Inspect

CAD Translator

FARO®ナレッジベース

FARO ソフトウェアのライセンスの転送

概要

FARO のライセンスキーは、あるコンピュータから別のコンピュータへ転送することができます。これは、古いコンピュータを新しいコンピュータに交換するときによく行われます。双方のコンピュータが同じローカルネットワーク上で動作している場合は、キーの転送機能を使って転送することができます。片方または両方のコンピューターがオフラインの場合、または同じネットワーク上にない場合は、 RUS ユーティリティを使用する必要があります。お客様の状況に応じて、適切なセクションに進んでください。

注記:古い(ソース)コンピュータにアクセスできなくなった場合(ハードディスクやその他のハードウェアの故障など)、ライセンスキーを転送することはできませんので、FARO サポートにお問い合わせください。

キーの転送 - ネットワーク

キーの転送機能は、他のコンピュータ(ネットワーク上)にあるライセンスキーを、現在使用しているコンピュータに転送する機能です。

前提条件:

  • 先に進む前に、両方のコンピュータに FARO ソフトウェアがインストールされており、古い(ソース)コンピュータに有効なソフトウェアライセンスがあることを確認してください。
  • 古い(現在ライセンスを取得している)コンピュータで、Sentinel Admin Control Center で「リモートクライアントからのアクセス」が有効になっていることを確認してください。

リモートクライアントからのアクセスを有効にするには:

  1. ウェブブラウザを開いて、http://localhost:1947/_int_/config_from.html にアクセスします。
  2. 誰でも、そしてクラウドライセンスは ID なしで消費できる」のラジオボタンをチェックし、[送信]をクリックします。

BuildIT_LicManager-RemoteClientAccess.png

 

新しい(ターゲット)コンピュータで、ソフトウェアを開いてください。

ライセンスウィザード

  1. [詳細オプション]をクリックし、次の画面で[キーの転送]をクリックします。
    BuildIT_LicTransfer-WizardScreen1and2.jpg
  2.  キーの転送ウィンドウが表示されます。
    • 「ホストで使用可能なライセンス」ドロップダウンボックスで、転送するライセンスキーが保存されているコンピュータを選択します。
    • 目的のキーをクリックしてハイライト表示する
    • チェックボックスを読んで、クリックします。
      特定のホストで利用可能なライセンスを選択した後に [次へ] をクリックすると、そのコンピュータでは利用できず、このコンピュータでは利用できるようになることを十分に理解しています。
  3. [次へ]ボタンをクリックします。
    BuildIT_LicTransfer-WizardScreen3.jpg
  4. ライセンスマネージャは、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

ライセンスマネージャ

  1. ライセンスマネージャを開きます。ライセンスマネージャの場所は各ソフトウェアパッケージによって異なりますが、通常は「設定」または「ヘルプ」メニューの下にあります。
  2. [キーの転送]をクリックします。
    BuildIT_LicManager-TransferKey.png
  3. キーの転送ウィンドウが表示されます。ライセンスマネージャは、ネットワーク上で該当するライセンスキーを検索します。
    • ライセンスマネージャがライセンスキーを見つけられなかった場合は、以下の「キーの転送 - ネットワークなし(RUS ユーティリティ)」のセクションに進んでください。
  4. 目的のキーをクリックしてハイライトさせてから、[転送]ボタンをクリックします。
    BuildIT_LicManager-TransferKeyList.png
  5. ライセンスマネージャは、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

 

キーの転送 - RUS ユーティリティ(ネットワークなし)

RUS ユーティリティは、オフラインまたは同一ネットワーク上にない 2 台のコンピュータ間でソフトウェアライセンスの転送を実現します。先に進む前に、両方のコンピュータに FARO ソフトウェアがインストールされており、古い(ソース)コンピュータに有効なソフトウェアライセンスがあることを確認してください。

正しい RUS ユーティリティの選択

RUS ユーティリティは、FARO 製品と BuildIT 製品(Metrology、Construction、Projector)で異なります。以下の記事から適切なユーティリティをダウンロードしてください。 SafeNet Sentinel HASP License Driver および FARO Remote Update System(RUS)のダウンロードおよびインストール

 

新しい(ターゲット)コンピュータで:

RUS ユーティリティを解凍して実行します。[ライセンスの転送]タブをクリックします。

  1. ステップ 1 のセクションで、3連ドット[...]をクリックして、場所とファイル名を指定します。
  2. [情報の収集と保存]ボタンをクリックします。
    BuildIT_RUS-GenerateIDFile.png

この生成された「.id」ファイルと「RUS ユーティリティ」の両方を USB メモリにコピーし、古い(現在ライセンスを取得している)コンピュータに移動します。
 

古い(現在のライセンスを持つ)コンピュータで

RUS ユーティリティを解凍して実行します。[ライセンスの転送]タブをクリックします。

  1. ステップ 2 のセクションでは、転送するライセンスを選択します
  2. 「受信者情報ファイルの読み取り元」の項目では、3連ドット[...]をクリックして、新しい(ターゲット)コンピュータから生成した .id ファイルを選択します。
  3. 「ライセンス転送ファイルの生成先」の項目では、3連ドット[...]をクリックして、 .h2h 転送ファイルの場所とファイル名を指定します。
  4. [ライセンス転送ファイルの生成]ボタンをクリックします。
    BuildITRUS-GenerateTransferFile.png

「.h2h」ファイルをサムドライブにコピーし、新しい(ターゲット)コンピュータに戻ります。
 

新しい(ターゲット)コンピュータで:

RUS ユーティリティを開き、[ライセンスの適用]タブをクリックします。

  1. 「アップデートファイル」の項目では、3連ドット[...]をクリックして、古い(ソース)コンピュータから生成した .h2h ファイルを選択します。
  2. その後、[アップデートの適用]ボタンをクリックします。
    BuildIT_RUS-ApplyTransferFile.png

RUS ユーティリティが .h2h ファイルを読み込んで、現在のコンピュータにライセンスを転送します。ソフトウェアを開き、転送が正常に行われたことを確認します。