メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S Max

Quantum M Max

Quantum E Max

Gage Max

Quantum S

Quantum M

Quantum E

Gage

Edge

FARO®ナレッジベース

FaroArm用校正証明書

Quantum_x_200-bty.png

概要

すべてのFaroArm®には、個々のボール直径が検査および認証されていることを示す校正証明書が付属しているため、プローブ直径の適格性を認証する必要はありません。この記事では、証明書の内訳を示し、その読み方と意味について説明します。

機器納入後は、品質要求を満たすために、定期的にプローブ認証を、認定を受けた現地のサービスプロバイダーまたは企業内の認証サービスによって行う必要があります。
 

証明書の例


Quantum Series FaroArm

                        calibration_certificate_full.png

 

 

Edge FaroArm

                calibration_certificate_edge_edited.PNG

 

サーティフィケート・アナトミー

certificate_serial.PNG

  • モデル:FaroArmのモデルです。
  • シリアル番号:FaroArmの固有の識別番号です。
  • 認定日:認証が発行された日付です。
  • 校正基準:FaroArmの校正に使用する基準です。
  • 証明書番号:FaroArmに発行される認証番号です。
     

測定基準トレーサビリティーチャート


主に監査用の参考資料として使用され、FaroArmが品質基準を満たしていることを確認するための信頼の源となっています。 

measurement_st.png

  1. 使用されるアーティファクト:校正プロセスで使用される認定された内部アーティファクト。

  2. アセット番号:内部参照とトレーサビリティ用にアーティファクトをシリアル化するための番号です。
  3. 校正期限:認証された各アーティファクトの期限。認証日に、校正に使用されたアーティファクトがコンプライアンスの範囲内であることを保証します。

    注記:この日は、お使いのFaroArmの校正再認証の期限ではありません。これはアーティファクトの校正に対してのみ適用され、お使いのデバイスには適用されません。
     
  4. SIトレーサビリティー番号:FARO ®が国際単位系へのトレーサビリティを持つ校正済みのアーティファクトを使用していることを示す参照番号です。

校正結果一覧表

実施した個々のテストとその結果の概要です。 (1)の欄は、校正の際にFaroArmで行われるテストです。

calibration_results2.PNG

  1. 実施済みテスト:10360-12規格に準拠した実施された校正テストです。以下の「ISO 10360-12規格」セクションを参考にして、各テストの内容を把握してください。
    • 3 単一点精度検証テスト(SPAT) 
    • Psize
    • PForm
    • LDIA
    • EUni
  2. 仕様:モデルの基準です。
  3. 測定:結果(テスト時の最大の誤差となります)
  4. 結果:合格または不合格のいずれかとなります。

入出庫時の機器の状態

within_spec.PNG

  • [新規]:工場出荷時の新品です。
  • 仕様内:すべてのテストに合格しました。
  • 仕様外:テスト時にFAROの基準を満たしておらず、お使いの機器に固有の問題があります。
  • 操作不能:テストは完了することができませんでした。デバイスが完全に機能していない可能性があります。

 

ISO 10360-12規格

この規格では、4回のプロービングテストと1回のディスタンステストが必要です。テストの結果はエラーとなり、各テストにはMPE(最大許容誤差)が設定されています。

certificate1.PNG
certificate2.PNG

サンプルレポート

こちらをクリックして、サンプルレポートの個別の校正結果とその意味についてご確認ください。注記:このサンプルレポートは、ASME B89.4.22規格に基づいた古いFaroArmモデルのものです。

このレポートでは、長さ、Armのポジション、象限の観点から測定を行っています。 

FaroArmの各モデルの象限位置:

quadrant1.PNGquadrant2.PNG