メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S

Quantum M

Quantum E

Edge

FARO®ナレッジベース

FaroArmの校正証明書

概要

すべてのFaroArm® には、プローブ直径の認定が必要ないのは、認定済みのボール直径を用いた認定書が添付されています。このアーティクルでは、認定書の各項目を内容や詳細の解説を行います。

デバイスの納入後は、品質要件を満たすために、認定された地域のサービスプロバイダまたは社内の認証サービスによって認定されたアーティファクトを用いて、定期的に確認を行う必要があります。

認定書の例

Quantum シリーズ FaroArm

 


                        calibration_certificate_full.png

 

 

 

Edge FaroArm

                calibration_certificate_edge_edited.PNG

 

認定書の解説

certificate_serial.PNG

  • Model: FaroArm のモデル名称
  • Serial #: FaroArm 固有のシリアル番号
  • Certification Date: 認定日
  • Calibration Standard: FaroArm の認定に参照された規格.
  • Certificate #: FaroArm に対して発行された認定番号 

測定規格トレーサビリティチャート


FaroArmが品質基準を満たすことを表し、主に監査の参考資料および妥当性確認として使用されます。

measurement_st.png

  1. Artifact used: 認定プロセスで使用された校正済みアーティファクト。

  2. Asset number: 管理とトレーサビリティのためにアーティファクトをシリアル番号化した登録番号。
  3. Calibration due date: 各認定済みアーティファクトの期日。 認証日に、認定プロセスに使用されたアーティファクトが有効期間内であることを確認します。

    :この日付は、FaroArmのキャリブレーション再認定の期限を表していません。 それはあなたのデバイスではなく、アーティファクトの校正にのみ適用されます。

     
  4. SI Traceability number: FARO® がSIトレーサビリティを確保した校正済みアーティファクトを使用したことを示すための照会番号。

校正結果チャート

実行されたそれぞれのテストの概要と結果。 (1)列は、校正中にFaroArmで実行されたテストです。

calibration_results2.PNG

  1. Test Performed: 10360-12規格に従って校正試験を実施しました。 各テストの内容を理解するには、下記の「ISO 10360-12規格」セクションを参照してください。
    • 3 Single Point Articulation Tests (SPAT) 
    • Psize
    • PForm
    • LDia
    • EUni
  2. Specification: 製品仕様
  3. Measurement: テスト結果(テストの際の最大誤差数値)
  4. Result: Passed(合格) または Failed(不合格). 

受け入れ診断及び出荷前検査のコンディション

within_spec.PNG

  • New: : 新規製造品
  • Within spec: 機器仕様範囲内
  • Not within spec: お使いの機器は規格に基づいたテストでFAROの基準を満たしていませんでした。
  • Inoperable: テストは完了できませんでした。 デバイスが完全に機能していない可能性があります。

 

ISO 10360-12 規格

ISO 10360-12 規格では、4 つの測定と 1 回の距離テストが必要になります。テスト結果は誤差であり、各テストには最大許容誤差(MPE)を含みます。

certificate_ja.PNG
 

レポートのサンプル

ここ をクリックするとそれぞれの校正結果とその解説が記載されたサンプルレポートが表示されます。

このレポートでは、長Armの位置と方向により長さの測定を実施しています。

FaroArmモデル別の方向の呼び:

quadrant1.PNGquadrant2.PNG