メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As‑Built - Revit As‑Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As‑Built - Modeler            
BuildIT BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4      
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro    
FARO Zone FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D                
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Edge ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template          
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Si Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - Maestro 3000 コントローラ - LECシリーズ      
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate      
RevEng RevEng - RevEng                  
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 4.x SCENE - 5.x SCENE - 6.x SCENE - 7.x
SCENE SCENE - LT                  
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                

2Dハンドヘルドスキャナー

ScanPlan

3D Imager

Cobalt

3Dハンドヘルドスキャナー

Freestyle3D

Freestyle3D Objects

Freestyle3D X

3Dレーザースキャナ

Focus M

Focus S

Focus3D

Focus3D S

Focus3D X

Focus3D X HDR

Photon

FaroArm/ScanArm

Advantage

Digital Template

Edge

Fusion

Legacy Quantum

Platinum

Prime

Quantum E

Quantum M

Quantum S

Titanium

Gage

Bluetooth

Plus

Power

Standard

Laser Tracker

ION

Si

Vantage

Vantage E

Vantage E6

Vantage S

Vantage S6

X

Xi

コンピュータ

すべてのコンピュータ

シリアル FaroArm

Bronze

Gold

Silver

レーザープロジェクター

Tracer M

Tracer SI

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

校正証明書に校正期限が表示されていない

概要

FARO デバイスを® 再認定、校正、クリーニング、メンテナンス、または点検・修理のために工場へどれくらいの頻度で送付するのかと、多くの人が知りたがっています。

FARO のISO/IEC ISO 17025 認定が適用する校正手順に従って FAROでは、製品校正認定に校正期限日を含めません。また、校正、認定や点検・修理の時間間隔を指定しません。使用頻度、環境条件、企業の品質基準、および一般的なプロジェクト要件に基づいて、慎重で一貫した校正および点検・修理間隔を定義することが最良の方法です。

考慮すべきは、FARO のデバイスが精密ツールであるという事です。定期的に工場に送り再認定、校正、および点検・修理を行うことで、性能と精度を回復させます。年に 1 度の認定サービスが、ほとんど FARO 保守プランに含まれています。このサービスを受けるには、FARO サポートにお問い合わせいただき、認定書に記載されている日時から1年程で予定を決定してください。