メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2023 CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020
CAM2 CAM2 - 2021                  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Connect FARO Connect - Connect                  
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021 FARO Zone 2D - 2022 FARO Zone 2D - 2023        
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021 FARO Zone 3D - 2022 FARO Zone 3D - 2023 FARO Zone 3D - 2024      
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021 FARO Zone 3D Advanced - 2022          
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage FaroArm/ScanArm - Quantum S Max FaroArm/ScanArm - Quantum M Max FaroArm/ScanArm - Quantum E Max FaroArm/ScanArm - Gage Max        
GeoSLAM Software GeoSLAM Software - Connect GeoSLAM Software - Draw GeoSLAM Software - Hub GeoSLAM Software - Volumes            
GeoSLAM ZEB GeoSLAM ZEB - Horizon GeoSLAM ZEB - Horizon RT GeoSLAM ZEB - Revo GeoSLAM ZEB - Revo RT GeoSLAM ZEB - Go          
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語 言語 - コリアン  
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift 3Dレーザースキャナ - Focus Premium
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus Core                  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Mobile Scanner Mobile Scanner - Orbis                  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020 SCENE - 2021 SCENE - 2022 SCENE - 2023          
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Sphere FARO Sphere - Sphere                  
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                
FARO®ナレッジベース

清掃とお手入れ : SMR や光学ターゲット

Laser Tracker Vantage アイコン

クイックステップ

操作はこれだけです。

  1. SMR の清掃が必要かどうかチェックします
  2. ホコリを取り除きます
  3. 汚れを取り除きます

注意:適切な清掃用品を使用してください。

概要

SMR または光学ターゲットは、FARO Laser Tracker システムの重要なパーツです。精度を維持し、長期にわたって使用するために、細心の注意を払って取り扱ってください。

  • ターゲットの光学面に絶対に触れないこと。
  • ターゲットを絶対に落とさないこと。
  • ターゲットはケースの中に保管し、ホコリや湿気から保護すること。
  • 光学ターゲットは必要なときだけクリーニングすること。

注意:必要以上にターゲットをクリーニングすると、SMR の反射面が劣化し、銀面のコーティングが損傷して、SMR が使えなくなる事があります。SMR のクリーニングは、外観の状態から判断するのではなく、適切な測定や性能という点から見て必要な場合にのみ行うようにしてください。

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 15 分
必要なスキル
  • 特別なスキルは必要ありません
前提条件
サポートされているハードウェア
  • サイズや機能にかかわらず、任意の FARO SMR

SMR の清掃が必要かどうかチェックします

Laser Tracker 測定ヘッドがターゲットにロックしない場合は、[オペレーショナルチェック]コマンドを使って SMR の清掃が必要か調べます。[パワーの反射]の値が「良好」であれば、SMR をクリーニングする必要はありません

ホコリの清掃

SMR の光学面にホコリが付いている場合があります。SMR は、スプレー缶の圧縮空気でクリーニングできます。

注意:作業場のコンプレッサホースからの圧縮空気は使用しないでください。コンプレッサホースからの空気は汚れていることが多く、SMR にオイルやその他の汚染物質が付着する可能性があります。

SMR の光学面にスプレー缶の圧縮空気をスプレーする際は、これらのガイドラインに従います。

  • 光学面にスプレーする前に、SMR とは別の方向に数秒間空気を噴射させます。これにより、スプレー缶の噴射剤を空気ノズルから除去し、SMR の光学面に噴霧剤がスプレーされるのを防ぎます。
  • 缶は常に立てて持ってください。
  • 圧縮空気をスプレーする際に、缶を決して振らないでください。

汚れの清掃

ホコリの除去を終えた後も、SMR が機能(追尾) しない場合は、以下の手順に従います。

注意:SMR の光学面をクリーニングするのに乾いた綿棒やティッシュを使用しないでください。乾いた綿棒やティッシュを使用すると、光学面に傷がつきます。また、不適切な材料や化学品を使ってクリーニングすると、反射面が劣化します。ここをクリックして、適切な材料や化学品に関する記事を参照してください。 

  1. 光学面に息を吹きかけます。吐息に含まれる水分によって、光学面に結露ができます。
  2. 結露が乾かないうちに、清潔な綿棒を回転させながら、その回転と反対の方向にゆっくり動かして拭いていきます。光学面に綿棒を押し付けることなく、優しく拭き取ります。一度拭いたら綿棒を取り替え、処分します。光学面を完全に洗浄するには綿棒が何本も必要です。同じ綿棒を繰り返し使用すると、異物によってコーティングや銀色の SMR に傷がつき、この傷によってコーティングの内部が酸化して、SMR が破損することがあります。
  3. 上記の方法で汚れがうまく落ちない場合、油性の汚れには Optima グレードアセトンを、水性の汚れには変性アルコールを使用して光学面をクリーニングします。
  4. 清潔な綿棒を溶剤で湿らせます。
  5. 綿棒を回転させながら、その回転と反対の方向にゆっくり動かして拭いていきます。光学面に綿棒を押し付けることなく、優しく拭き取ります。一度拭いたら綿棒を取り替え、処分します。光学面を完全に洗浄するには綿棒が何本も必要です。
  6. 綿棒の繊維が残っている場合は、スプレー缶の圧縮空気を噴射して除去します。