メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

FARO®ナレッジベース

SCENE 2goビューアの使用方法

BeautyImage.png

概要

SCENE 2goへ変換すると、SCENEソフトウェアがなくてもSCENEスキャンプロジェクトを表示できます。 ユーザーはプロジェクト内の個々のスキャンを確認して測定値を参照できます。

はじめに

App の起動

SCENE 2goプロジェクトは通常、Windows PCまたはMac用にプロジェクトを起動するための複数のフォルダーと個別のアプリケーションで構成されています。

SCENE 2goを開くには、Windows PCの場合、Windows.batStart SCENE 2goをクリックします。 Macを使用している場合は、Mac.commandStart SCENE 2goをクリックします。

スキャンプロジェクトの開始

通常、SCENE 2goプロジェクト選択画面には、一番上に注目のプロジェクト、場所のマップ、およびその下にある追加のプロジェクトのリストが表示されます。

スキャンプロジェクトのコントロールボタンは、スキャンプレビュー画像の右下にあります。

  • フォルダアイコン  をクリックしてプロジェクトを読み込みます。
  • インフォーメーションアイコン をクリックして プロジェクトの詳細を開きます。
  • マップアイコン をクリックしてプロジェクトの場所を地図に表示します。

プロジェクト選択画面に表示される項目をカスタマイズすることもできます。

  • フィーチャアイコン   をクリックして注目のプロジェクトを切り替えます。
  • 地球儀アイコン  をクリックして世界地図に切り替えます。
  • リストアイコン  をクリックしてプロジェクトのリストを表示します。
  • サムネイルアイコン をクリックして プロジェクトのグリッドをサムネイルで表示します。

スキャンの表示

概観マップ

通常スキャンプロジェクトは、プロジェクト全体と各スキャン位置を示す概観マップで開きます。

地図の空白部分をクリックすると、座標ピッカーアイコン   配置され、その座標が画面下部の地図ステータスバーに表示されます。
スキャンアイコン は各スキャン位置を表します。 注意:アイコンの色は設定メニューで変更できます。 アイコンをクリックすると、スキャンの円形プレビューがメニューアイコンと共に表示されます。

  • パノラマアイコン  をクリックするとスキャンの360度のスキャンビューが表示されます。
  • 3D ビューアイコン   をクリックするとスキャンの3Dビューが表示されます。
    注意:ご使用のハードウェアによっては3Dオプションが利用できない場合があります。
  • プロパティアイコン  をクリックするとスキャンのプロパティが表示されます。

パノラマビュー

画像の上でクリックしたままにすると、表示が回転します。 別のスキャンに移動するには、スキャンアイコンをクリックします。

3D ビュー

画像の上でクリックしたままにすると、表示が回転します。 WASDキーを使って前方または横に移動します。 上下に移動するには、RキーとFキーを使用します。 別のスキャンに移動するには、スキャンアイコンをクリックします。

注意:Shiftキーを押したままにすると動きが速くなります。

測定の追加

概観マップ、パノラマ、3Dビューで測定値を追加できます。

概観マップでの測定

概観マップメニューでは、画面の右側に測定ツールが表示されます。

距離を測定

  1. 距離を測定アイコン  をクリックして、直線または直線の経路の距離を測定します。
  2. 開始点をマップ上でクリック下さい。
  3. 2点目をクリックして線を作成します。
  4. 必要に応じて点をクリックし続けます。
  5. オプション:必要に応じて、画面の右側にある名前の入力をクリックして測定の名前を入力します。
  6. 線またはパスが完成したら、OKをクリックします。

SCENE 2goは各ポイント間の距離と作成されたパスの合計距離を表示します。

その他のオプションについては、完成した測定値をクリックしてください。

  • 角度アイコン   をクリックすると、軸の距離と線の交差によって形成される角度を表示します。
  • プロパティアイコン  すると、測定プロパティを表示します。
  • ゴミ箱アイコン  をクリックすると測定が削除されます。

領域を測定

  1. 領域を測定 アイコン をクリックすると、概観マップでカスタムシェイプの作成が開始します。
  2. 地図上の点をクリックし、次に2点目をクリックして線を作成します。
    注:3番目の点をクリックすると、SCENE 2goはその領域を囲む最後の線のプレビューを表示します。
  3. ポイントをクリックし続けて、作成する領域の端を定義します。 点を削除するには、Measure Areaメニューの点の右側にある アイコンをクリックします。
  4. オプション:画面の右側にある名前の入力をクリックして、測定の名前を入力します。
  5. OKをクリックして領域を測定 を完了します。
    注意:OKをクリックすると、SCENE 2goは自動的にそのエリアを囲む最後の線を生成します。

その他のオプションについては、完成した測定値をクリックしてください。

  • 距離ラベルアイコン   をクリックすると、エリアの各線の長さを表示します。
  • プロパティアイコン  すると、測定プロパティを表示します。
  • ゴミ箱アイコン  をクリックすると測定が削除されます。

パノラマ/3D測定

  1. 距離を測定アイコン  をクリックして、スキャンビュー内で直線または直線の経路の距離を測定します。
  2. 開始点をビュー内でクリック下さい。
  3. 2点目をクリックして線を作成します。 SCENE 2goが自動的に2つの点を線で接続します。
  4. 必要に応じて点をクリックし続けます。
  5. オプション:必要に応じて、画面の右側にある名前の入力をクリックして測定の名前を入力します。
  6. 線またはパスが完成したら、OKをクリックします。

SCENE 2goは各ポイント間の距離と作成されたパスの合計距離を表示します。

その他のオプションについては、完成した測定値をクリックしてください。

  • 角度アイコン   をクリックすると、軸の距離と線の交差によって形成される角度を表示します。
  • プロパティアイコン  すると、測定プロパティを表示します。
  • ゴミ箱アイコン  をクリックすると測定が削除されます。
  • この記事は役に立ちましたか?