メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FARO Zone 3D

2020

2019

2018

FARO Zone 3D Advanced

2020

2019

2018

FARO Zone 2D

2020

2019

2018

FARO®ナレッジベース

FARO Zone 用製品トレーニング

2254_WebBanner_FAROZone3DImage_KnowWeb_PS_US_EN.png

ソフトウェアの使用方法に最も適したトレーニングを自由に選択できるよう、特別な手順をインストラクター主導の 4 時間セッションに分割しました。これらのトレーニングコースを個別に購入することで、独自のカスタマイズされたトレーニングパッケージを作成することができます。コースはさらに、スケジュールに合わせて複数回提供されます。

バーチャルクラスルームオプションに加え、費用を追加すればお客様の場所でトレーニングを行うこともできます。この対面式トレーニングでは、利用可能な時間枠でカリキュラムをカスタマイズし、ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。ACTAR または IAI CEU クレジットが対面式トレーニングで利用できますが、カスタマイズされたトレーニングによって異なります。対面式トレーニングの詳細を依頼する

登録情報については、 training@faro.com または 1-800-736-0234まで、カスタマートレーニング管理者にお問い合わせください。

FARO Zone のご使用は初めてですか? すべての機能を使える 30 日間のトライアル版をダウンロード:

 

FARO Zone 3D:コアトレーニング

コースの説明

トレーニング期間: 2 日連続で、毎日オンライントレーニングを 4 時間行います。コースは、クラスの開始前に受講者に提供するファイルを使用し、デモンストレーションおよび実習による、講師主導のトレーニングです。

目標:FARO Zone 3D コアトレーニングは、新しいユーザーを支援するために特別に設計されています。コースの内容は、FARO Zone 3D で利用できる多くの機能の実用的な導入に重点を置いています。スケール図および基本的なアニメーションを作成するためのインターフェイス概要をから開始し、FARO Zone 3D コアクラスは初心者へも、幅広いタスクを完了するためFARO Zone 3D の使用を開始するのに必要な説明を行います。ベーシッククラスは、高度なトレーニングオプションに参加することを検討しているすべての人に適しています。トピックには、以下のようなスキルが含まれますが、これらに限定されません。

コース内容

1日目:

  • インターフェイスの概要
  • レイヤーを使用した効果的な作業
  • 2D ナビゲーション
  • 衛星写真を使用したスケール図の作成
  • 安定したシンボルライブラリをよく知る

2日目:

  • 新しいツールを使用して複数の作図技術を見つける
    • 直接距離入力
    • 距離マーカーを配置
    • カーソル位置合わせツール
  • 座標データの使用(トータルステーションデータ処理)
    • ベースライン/座標を使用した手動測定
    • 三角測量を使用した手動測定
  • アニメーションの基本
    • アニメーションパスの適用および操作方法について理解する
    • 状況より複雑になるアニメーション作成の基礎となる、基本的なアニメーションを作成する

FARO Zone 3D:特殊ツールタブのクラッシュ

コースの説明

トレーニング期間: バーチャルクラスルームで 4 時間のオンライントレーニング。コースは、クラスの前に学生に提供するファイルを使用して、デモンストレーションおよび練習演習を通じて講師主導のトレーニングから構成されます。

前提条件: 受講者は、事前にFARO Zone 3D コアトレーニングの両日に参加している必要があります。

目標:このコースは、主に手による測定(レーザー以外のスキャナーデータ)を使用してクラッシュ調査を行う調査員向けです。トピックには、以下のようなスキルが含まれますが、これらに限定されません。

コース内容

  • 傾斜カルキュレーターツールの使用
  • クリティカル速度ツールの使用
  • クラッシュカルキュレーターツールの使用
  • スキッド解析ツールの使用
  • プロファイルツールの使用
  • 運動量オプションの線形および角度カルキュレーターツールの使用
  • ビークルスペックデータベース
  • 基本的なクラッシュアニメーション
  • 時間/距離ツールの使用
  • フォームの使用とカスタマイズ
  • 道路を描画ツールの使用
    • シンボルの追加
    • 標識の追加/カスタム標識の作成
    • エビデンスマーカーの追加および編集

FARO Zone 3D:特殊ツールタブのクラッシュ - 点群

コースの説明

トレーニング期間: バーチャルクラスルームで 4 時間のオンライントレーニング。コースは、クラスの前に学生に提供するファイルを使用して、デモンストレーションおよび練習演習を通じて講師主導のトレーニングから構成されます。

前提条件: 受講者は、事前にFARO Zone 3D コアトレーニングの両日に参加している必要があります。

目標:このコースは、レーザーのスキャナーデータを使用してクラッシュ調査を行う調査員向けです。トピックには、以下のようなスキルが含まれますが、これらに限定されません。 

コース内容

  • 次の点群データを利用してクラッシュ分析ツールを使用する(該当する場合):
    • クラッシュカルキュレーターツール
    • クリティカル速度ツール
    • スキッド解析ツール
    • プロファイルツール
    • 線形および角度計算用の運動量ツール
  • 基本クラッシュダイアグラム:点群データと同時に 2D/3D を作成
  • 点群での基本的なクラッシュアニメーション
    • クラッシュ後のダメージを表示する「ダメージ前からダメージ後」ビューの作成する
  • SCENE2Go の使用
  • .lsproj (SCENE) ファイルおよびレガシーファイルのインポート
  • SCENE からエクスポートして使用するモデル
  • EDR データの使用
  • 3D 地形または Google マップを点群データに追加もしくは単独使用
  • ビークルスペックデータベース
  • フォームの使用とカスタマイズ

FARO Zone 3D:特殊ツールタブの犯罪ツール

コースの説明

トレーニング期間: バーチャルクラスルームで 4 時間のオンライントレーニング。コースは、クラスの前に学生に提供するファイルを使用して、デモンストレーションおよび練習演習を通じて講師主導のトレーニングから構成されます。

前提条件: 受講者は、事前にFARO Zone 3D コアトレーニングの両日に参加している必要があります。

目標:このコースは、主に手動測定(レーザー以外のスキャナーデータ)を使用して分析を行う調査員向けです。トピックには、以下のようなスキルが含まれますが、これらに限定されません。

コース内容

  • 事件現場からの測定および写真を使用した血液飛沫パターン分析ツールの使用
  • 事件現場の測定を利用した軌道ツールの使用
  • 目撃者ビュー
  • フォームの使用とカスタマイズ
  • ボディツールの使用
  • 3D 倉庫シンボルの使用
  • 3Dの構造図面
    • シンボルの追加
    • エビデンスマーカーの追加および編集
    • 窓やドア、階段などの建築要素を追加する

FARO Zone 3D:犯罪用パワーツール - 点群

コースの説明

トレーニング期間: バーチャルクラスルームで 4 時間のオンライントレーニング。コースは、クラスの前に学生に提供するファイルを使用して、デモンストレーションおよび練習演習を通じて講師主導のトレーニングから構成されます。

前提条件:  受講者は、事前にFARO Zone 3D コアトレーニングの両日に参加している必要があります。

目標:このコースは、レーザーのスキャナーデータを使用して分析を行う調査員向けです。トピックには、以下のようなスキルが含まれますが、これらに限定されません。

コース内容

  • 犯罪ダイアグラム:点群データと同時に 2D/3D を作成
  • 点群での基本アニメーション
  • 点群データを使用した血液飛沫パターン分析ツールの使用
  • 点群データを使用した弾道ツールの使用
    • 軌道ロッド
    • 軌道球
  • SCENE2Go の使用
  • 弾丸アニメーション機能の使用
  • フォームの使用とカスタマイズ
  • 仮想調査ツールの使用
  • 3D 地形または Google マップを点群データに追加もしくは単独使用
  • .lsprojファイルとレガシー ファイルのインポート
  • SCENE で作成されたモデルの使用

FARO Zone 3D:高度なアニメーション

コースの説明

トレーニング期間: バーチャルクラスルームで 4 時間のオンライントレーニング。コースは、クラスの前に学生に提供するファイルを使用して、デモンストレーションおよび練習演習を通じて講師主導のトレーニングから構成されます。

前提条件: 受講者は、事前にFARO Zone 3D コアトレーニングの両日に参加している必要があります。

目標:このコースは、FARO Zone 3D コアトレーニングコースで取り上げるアニメーションの基礎になります。このコースでは、以下のスキルやその他のスキルを含む、アニメーションの演習を継続します。

コース内容

  • 以下のような高度なアニメーションスキル:
    • 信号機
    • 車両の動き
    • 複数同期
    • アニメーションカメラの設定とプロパティ
    • 炎および爆発
    • 車両アニメーションで損傷から破損するまでの推移
    • 位置ベースのアニメーション
  • 弾丸のアニメーション
  • 目撃者ビュー
  • 全表示ツール
  • モデル/Ani-Buddies へのオブジェクト添付
  • 精度
  • パノラマ画像の作成

FARO Zone 3D:高度な作図

コースの説明

トレーニング期間: バーチャルクラスルームで 4 時間のオンライントレーニング。コースは、クラスの前に学生に提供するファイルを使用して、デモンストレーションおよび練習演習を通じて講師主導のトレーニングから構成されます。

前提条件: 受講者は、事前にFARO Zone 3D コアトレーニングの両日に参加している必要があります。

目標:このコースは、FARO Zone 3D コアトレーニングコースで取り上げる作図の基礎になります。このコースでは、次のようなスキルを含む作図の演習を継続します。

コース内容

  • SCENE からのオルソ画像のインポート
  • SCENE からの概観マップのインポート
  • tiff やその他の画像ファイルのインポート
  • SCENE からの.obj ファイルのインポート
  • ドローンデータのインポート
  • 3D Warehouse からインポート
  • カーソル調整
  • マーカーを配置
  • フォームの使用とカスタマイズ
  • パノラマ画像のエクスポート

事前計画用の FARO Zone

コースの説明

トレーニング期間: バーチャルクラスルームで 4 時間のオンライントレーニング。コースは、クラスの前に学生に提供するファイルを使用して、デモンストレーションおよび練習演習を通じて講師主導のトレーニングから構成されます。

前提条件: 受講者は、事前にFARO Zone 2D オンデマンドコース、または FARO Zone 3D コアトレーニングの両日に出席している必要があります。

目標:このコースは、事故前計画および作図のためのScanPlanを使用する受講生向けです。トピックには、以下のようなスキルが含まれますが、これらに限定されません。

コース内容

  • ScanPlan からのデータのインポート
  • 基本的な図の作成
  • Google/Bing マップのインポートおよび使用
  • フォームの使用とカスタマイズ
  • 事故前プランの作成
  • 火災およびセキュリティシンボル
  • セキュリティツール(FARO Zone 3D を使用する場合、セキュリティカメラ、セキュリティリング、セキュリティハロー)
  • スケールバーの使用
  • エクスポートのオプション
    • 画像で
    • PDFで
    • クラウドストレージへ
  • 管理ツールを使用して、データを代理店のレポートソフトウェアに挿入

FARO Zone 3D:オンサイト

コースの説明

トレーニング期間: お客様の施設/代理店での3日間のトレーニング。コースは、クラスの開始前に受講者に提供するファイルを使用し、デモンストレーションおよび実習による、講師主導のトレーニングです。3日目の内容は、顧客のニーズ応じて決定されます。 

目標:このコースは、対面式トレーニングを希望する受講者向けで、作図、アニメーション、クラッシュ、または犯罪分析用の FARO Zone 3D ソフトウェアを使用します。  トピックには、以下のようなスキルが含まれますが、これらに限定されません。

コース内容

1日目

  • インターフェイスの概要
  • レイヤーを使用した効果的な作業
  • 2D ナビゲーション
  • 衛星写真を使用したスケール図の作成

2日目

  • 新しいツールを使用して複数の作図技術を見つける
  • 座標データの使用(トータルステーションデータ処理)
    • ベースライン/座標を使用した手動測定
    • 三角測量を使用した手動測定

3日目 (顧客ニーズに基づく)

科目:犯罪

  • 犯罪現場パワーツール
  • データの分析
    • 血液飛沫解析
    • 弾丸軌道
    • 3Dボディ(被害者)の姿勢
    • カメラを使用した犯罪現場のアニメーションとビデオ録画

科目:クラッシュ

  • クラッシュパワーツール
  • データの分析
    • 傾斜/プロファイル
    • スキッドと運動量解析
    • ビークルスペックデータベース
    • クリティカル速度カルキュレーター
    • クラッシュ分析
    • カメラを使用したリアルな2台の車両衝突アニメーションとビデオ録画

追加科目

  • アニメーション
  • 事前計画
  • 点群のインポートと使用
  • 高度な作図