メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

As‑Built

AutoCAD

Revit

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

CAM2

CAM2

Measure

SmartInspect

FARO Zone

2D

3D

SCENE

Capture および Process

すべての SCENE Suite

VirtuSurv

VirtuSurv 2018

Visual Inspect

CAD Translator

レガシーソフトウェア

CAM2 Gage

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

C2Vファイル作成時にライセンスサービスとローカルライセンスマネージャの間でブロックされたエラー - SafeNet通信

"通信エラー"メッセージが発生すると、通常、ある種のウイルス/スパムフィルタソフトウェアが、HASPライセンスソフトウェアをCAM2との通信を抑制していることを示します。IT部門がウイルスソフトウェアドメインポリシーを変更して、ライセンスマネージャへの妨害の停止を確認します。

IT部門が探す必要のあるサービスは"コンピュータ管理"ウィンドウにあります。

"マイコンピュータ アイコン"を探して、右クリックし、"管理"を選択します:

  1. サービスとアプリケーションへ移動します。
  2. サービスに移動します。
  3. " Sentinel HASPライセンスマネージャ"を探します。
  4. 再起動した後、IT部門がこの特定のサービスを無効にしないようにしてください。

このエラーが解決しない場合は:

  1. 次の手順に従って、レジストリ エディタを開きます。
    • Windows 7 または Vista: 左下にあるWindowsメニューアイコンを選択し、"プログラムとファイルの検索"というボックス内に"regedit "と入力します。
    • Windows XP:実行を>開始へ進み、"regedit"と入力してエンターを押します。 
  2. 次のキー- HKEY_LOCAL_MACHINE > SYSTEM > CurrentControlSet > Services > hasplms >Parametersを検索します。
  3. 右側を見て、(データ列の下)PORT値を検索します。 
  4. ポートを右クリックし、修正を選択します。 キー入力 1947
  5. レジストリエディタを終了します。
  6. (上方向にある)"Sentinel HASPライセンスマネージャ"へ戻ります。
  7. 点検・修理をダブルクリックして停止ボタンを押します。 これをすると、ライセンスサービスが停止します。
  8. 次に、開始をクリックします。
  9. 今すぐソフトウェアを開くか、C2Vファイルを生成を試行ください。