メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S Max

Quantum M Max

Quantum E Max

Gage Max

Quantum S

Quantum M

Quantum E

Gage

Edge

Fusion

Prime

Platinum

Legacy Quantum

Titanium

Advantage

Digital Template

Legacy Gage

Bluetooth

Plus

Standard

Power

Language

Chinese

English

French

German

Italian

Japanese

Korean

Portuguese

Spanish

ScanArm

Design ScanArm

Design ScanArm 2.0

Design ScanArm 2.5C

Forensic ScanArm

FARO®ナレッジベース

FaroArm 用のイベントログパッケージ (エラーログ) の作成

概要

イベントログパッケージには、FaroArm® の診断情報が含まれています。これらのファイルは通常、FaroArm に関するトラブルシューティングの際に FARO® サポートに送信されます。イベントログパッケージを作成する前に、最新のドライババージョンにアップデートします。古いバージョンのドライバが原因で、多くの問題が発生することがあります。サードパーティー製のソフトウェアを使用している場合は、お使いのソフトウェアが最新のドライババージョンに対応していることを確認します。

イベントログパッケージは、FaroArm Manger または「Create Event Log Package」アプリケーションを使用して作成することができます。
 

FaroArm Manager の使用

  1. Arm デバイスを USB ケーブルでノートパソコンまたは PC に接続し、FaroArm Manager を開く


     
  2. [診断] をクリックします。タイルがグレーアウトしている場合は、機材のシリアル番号をクリックします。次に、[サポートデータの生成] をクリックします。
  3. [OK] をクリックして、パッケージファイルの保存場所を選択し、保存します
  4. パッケージファイルが作成され、ArmデバイスからSupportデータが抽出されます。[OK]をクリックして閉じます。

 

Create Event Log Packageアプリケーションを使用する

イベントログパッケージは、以下の手順で作成できます。

Windows 10、8.1、8.0

  1. タスクバーの Windows ロゴをクリックし、「Create Event Log Package」を検索して、リストから「Create Event Log Package」を選択します。
  2. イベントログパッケージを保存するフォルダを選択するよう促されます。その場所に「<name>.cab」というファイルが作成されます。このイベントログファイルをFARO サポートに送信します。

Windows 7

Windows のスタートメニューには 2 つの場所があり、どちらにあるかはインストールされているドライバによって異なります。

ドライバ 5.x

  1. [スタート] > [プログラム] > [Faro] > [Create Event Log Package] をクリックします。
  2. イベントログパッケージを保存するフォルダを選択するよう促されます。その場所に「<name>.cab」というファイルが作成されます。このイベントログファイルをFARO サポートに送信します。

ドライバ 6.x

  1. [スタート] > [プログラム] > [Faro Arm USB Driver 6] > [Create Event Log Package] をクリックする
  2. イベントログパッケージを保存するフォルダを選択するよう促されます。その場所に「<name>.cab」というファイルが作成されます。このイベントログファイルをFARO サポートに送信します。
     

 

キーワード:

Arm、FARO、ドライバ、イベントログパッケージ、イベント、ログ、パッケージ、エラー、ログファイル、ファイル、エラーログ