メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
Dental Scanners Optor - Lab Optor - Clinic                
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020              
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020              
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020              
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage                
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Open Tech Dental Open Technologies Scanner - NeWay Open Technologies Scanner - Click Open Technologies Scanner - Deluxe Open Technologies Scanner - Smart Open Technologies Scanner - Easy Open Technologies Software - 1Click Open Technologies Software - Optical RevEng Dental Open Technologies Software - ScanWay    
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng RevEng - RevEng Capture                
Scan in a Box Scan in a Box - M Scan in a Box - S Scan in a Box - Legacy Models              
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019 SCENE - 2go App                
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                

SCENE

2019

2018

7.x

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

SCENE パフォーマンスの最大化

BeautyImage.png

概要

FARO® SCENE は、高品質のレーザースキャンファイルを操作するために使用され、高いシステムリソースが必要になります。以下の推奨システム要件に該当する PC は、次のヒントを使用して最適化し、性能を向上させることができます。 

SCENE ハードウェアガイド
プロセス 主なメリット 推奨
SSD I/O CPU コア CPU速度 RAM GPU
スキャンインポート       入出力と並列タスクの制限数。
処理中     入出力と数多い並列タスク、HDR および大きなスキャンには多くの RAM を必要とすることがあります。
登録 TB         ターゲットベースの登録では、CPU の速度は最適化を制限する要因です。
登録 TVB+C2C   点群ベースの登録:
読み込んだスキャンを保持するメモリ(不可能な場合、スキャンは複数回の入出力を読み込みます)
非常にうまく並列するため、CPU コアと速度は良好です。
スキャン読み込みの入出力(スキャンごとに1回以上)。
インタラクティブな検査: 測定など       ステレオレンダリングの場合: VR-レンダリングの場合、ミッドレンジ Nvidia Quadro: トップレンジ Nvidia GeForce 他: ミッドレンジ Nvidia GeForce。
点群レンダリング     高速 GPU は必要ありません
高速 SSD は、読み込み速度とレンダリング速度が優れています。メモリが大きいほど、レンダリングキャッシュのポイントが多くなり、ディスクからの読み込みが減ります。
CPU コアの数が多くても、メリットは増えません。
メッシュ         並列タスクの数が限られ、必要な RAM は常に 16GB 未満です。
エクスポート中       入出力と並列タスクの制限数。
保存中       入出力と並列タスクの制限数。

ハードディスク

ソリッドステートドライブ(SSD)は、PC のパフォーマンスを大幅に向上させることができます。これらのドライブは一般的に、標準的なハードディスクドライブ(HDD)よりも高速です。SSD を使用して SCENE を使用する場合、ほとんどの操作はより速く動作します。特にスキャン数の多いプロジェクトで顕著です。 

HDDは安価であり、より多くの情報を保持できるため終了したプロジェクトの保存に最適ですが、SSD は、進行中のプロジェクトのシステムドライブや保存において性能を向上させます。

SCENE 2019 は、複数の処理コアを効率的に使用します。すべてのプロジェクトおよび一時データを保持する十分なSSDスペースを使用して、SCENE 2019の能力を完全に活用することを検討してください。

ハードドライブスペースのクリア

システムドライブ(通常はC:ドライブ)の空き容量が少ない場合、使用量バーは赤色に変わります。不要なファイルを削除、または他のストレージデバイスへ移動して、使用量バーが青になるまでシステムドライブをクリーンオフします。

 これはシステムドライブを可能な限りクリアに保つためにも、優れた手順です。Windows ディスククリーンアップ ツールはドライブスペースを簡単にクリアできます。

ディスククリーンアップ

Windows キー + R を押してファイル名を指定して実行を開きます。名前フィールドに cleanmgr  と入力します

ポップアップウィンドウで、Windows システムドライブを選択します。
DiskClean2.png

ディスク クリーンアップウィンドウでクリアするファイルをクリックし、[OK]をクリックします。
DiskClean3.png

Windows 7/10 で 休止状態を無効にする

Windows 7 以降には、PC のメモリの一部を使用して迅速にスタートアップを休止状態モードを備わっています。このファイルは大量の容量を必要とします。この機能を無効にするには、Windows キー + R を押してファイル名を指定して実行を開きます。名前フィールドにCMDと入力します。
cmd.png

コマンド プロンプトpowercfg.exe /hibernate off と入力してEnterを押します。この機能を復元するには、同じ手順に従ってコマンド プロンプトを開きます。powercfg.exe /hibernate と入力して休止状態のオプションをリストアします。注意:変更を行う前に、IT の専門家に相談してください

処理コア

SCENE 2019 は、複数の処理コアを効率的に使用するように設計されています。PCの物理コア数を16に増やすと、処理速度が大幅に向上します。100 を超えるスキャンでプロジェクトを定期的に処理する必要がある場合は、32 物理コアを使用してください。

500 を超えるのスキャンのプロジェクトを定期的に使用し、32 物理コア以上に拡張したい場合は、次の式を使用してシステムのRAMを増やします。RAM = コア数 x 2GB。(例:32コア = 64GB RAM)。

メモリ

最適な結果が得られるように、PC には少なくとも64GBのRAMが必要です。

システムPCが SCENE の推奨RAM要件に適合することを確認するには、 CTRL-ALT-DELを押してタスクマネージャーを開き、タスクマネージャーをクリック、または Windowsキー + R を押してファイル名を指定して実行を開きます。ファイル名を指定して実行Taskmgr と入力し、OKを押します。ポップアップウィンドウで、[パフォーマンス]タブを押します。 

システムにインストールされている RAM の量がパフォーマンスウィンドウの右上に表示されます。メモリ使用率グラフの詳細には、RAM の使用可能量、その速度、メモリスロットの使用数などがあります。PC システム内の RAM の量を増やすことにより、性能に関する多くの問題をサポートします。

Windows ページファイル

Windowsのページファイルは、RAM のように使用できる、Windows に割り当てられたハードドライブの領域です。PCで有効化され適切に設定されていることを確認します。

  1. コントロールパネルの[システム]ウィンドウにアクセスします。以下の方法のうち1つを使用します。
    • コントロールパネルを開き、[システムとセキュリティ/システム]をクリックします。
    • このPC アイコン(Windows 10)またはファイルマネージャーコンピュータ アイコン(Windows 7)を右クリックして、[ プロパティ]をクリックします。
    • Windowsキー + Pause/Breakを押します。
  2. システムウィンドウで、[システムの詳細設定]をクリックします。
  3. [システムのプロパティ]ポップアップウィンドウで、[詳細設定]タブをクリックします。[パフォーマンス]の[設定]オプションをクリックします。
  4. [パフォーマンスオプション]ウィンドウで、[詳細設定]タブをクリックします。 仮想メモリの下の[変更]をクリックします。
  5. 次の画面でシステムのページングファイル設定が表示されます。

    ページングファイルなし オプションがチェックされていないこと確認し、 現在割り当てられているメモリサイズが推奨メモリサイズより大きいことを確認します。 
     

ディスプレイ

グラフィックスカード

推奨グラフィックスカード
目的 カード
ライト - 中程度の使用 NVIDIA GTX 1060 または同等
SCENE VR NVIDIA GTX 1080 または同等
ステレオレンダリング NVIDIA Quadro または同等

グラフィックスカードは、SCENE のパフォーマンスに直接影響します。以下のリソースは、システム PC のグラフィックスカードが目的どおり動作していることを確認するのに役立ちます。

  • インストールされているグラフィックスカードが 最小システム要件を満たしていること確認します。
  • グラフィックスカードの最新のドライバーをダウンロードします。
  • カードのユーティリティプログラムを使用して、システムリソースが最適に使用されていることを確認します。
  • インストールされているグラフィックスカードがシステムのプライマリグラフィックスカードであることを確認します。
  • Nvidia カードを使用している場合は、3D 設定 が3D App – Game Development に設定されていることを確認します。 次の手順を使用します。
  1. デスクトップの空のエリアを右クリックし、[Nvidia コントロールパネル]をクリックします。
  2. [3D 設定]メニューの[3D 設定の管理]をクリックします。
  3. グローバル設定]タブで、[グローバルプレセット]ドロップダウンメニューの[[3D App – Game Development]を選択します。
  4. [適用]をクリックします。

画面解像度

超高解像度または 4K のモニターはさらにリソースを必要とし、3D ビューでのレンダリング性能に悪影響を与える可能性があります。モニター解像度を 2K (1920x1080) 以下に設定することで、レンダリング性能を向上させることができます。

アプリケーション

競合するプログラムの終了

競合するシステムリソースを使用するプログラムを閉じることをお勧めします。競合すると知られてプログラムには以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • Adobe 製品
  • Autodesk 製品
  • Microsoft Outlook
  • インターネットブラウザ
  1. システムで実行中のすべてのプログラムを表示するには、以下の方法のいずれかによってタスク マネージャーを開きます。
    • CTRL-ALT-DELを押して、タスクマネージャーを選択、または
    • Windows キー + R を押してファイル名を指定して実行を開きます。ファイル名を指定して実行Taskmgr と入力し、OKを押します。
  2. ポップアップウィンドウで、[プロセス]タブを押します。 
  3. プログラムを右クリックし、[タスクの終了]をクリックして終了します。注意:プログラムを停止する前に、必ずITの専門家に確認してください。

不要なプログラムのアンインストール

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. [プログラムのアンインストール]をクリックします。
  3. 不要なプログラムをアンインストールして、システムリソースを増やします。  注意:変更を行う前に、IT の専門家に相談してください。

スタートアッププログラムの無効化

一部のソフトウェアは、システムの起動後の読み込み時間を削減するためWindowsのシステム構成スタートアップアプリケーション (msconfig.exe) で事前に読み込まれています。適切なシステムの機能性に必要ない、または継続的使用しないスタートアップアイテムを(例:Adobe Acrobat)無効にすることで、パフォーマンスを向上させることができます。 

Windows 10 の場合:

  1. タスク マネージャを開きます。方法はいくつかあります。
    • CTRL-ALT-DELを押し、[タスクマネージャー]をクリック、または
    • Windows キー + R を押してファイル名を指定して実行を開きます。 名前フィールドTaskmgr と入力し、[ OK]をクリックします。
  2. [タスクマネージャー]ウィンドウの[スタートアップ]をクリックします。
  3. スタートアップのリストから削除するプログラムをクリックします。
  4. [無効にする]をクリックします。( プログラムのステータス無効になります) 注意:スタートアッププログラムを削除する前に、必ず IT の専門家に確認してください。
  5. コンピュータを再起動します。

以前のバージョンの Windows の場合:

  1. Windows キー + R を押してファイル名を指定して実行を開きます。[名前]フィールドに msconfig と入力し、[ OK]をクリックします。
  2. [システム構成]ウィンドウの[スタートアップ]タブをクリックします。
  3. スタートアップのリストから、削除する各プログラムの横にあるボックスのチェックを外します。注意:スタートアッププログラムを削除する前に、必ず IT の専門家に確認してください。
  4. 適用]をクリックします。
  5. コンピュータを再起動します。

SCENE の性能

主要タスク後の保存

特定の主要タスクに関連する情報は、プロジェクトが保存されるまでシステムメモリに保存されます。以下のタスクの後に保存することにより、メモリをシステムが使用できるようになります。

  • スキャン点群を削除/作成
  • 複数のスキャンに対する未保存の変更(クロッピング、フィルタリング、または色の適用など)
  • ターゲットレス登録の更新


次のようなタスク、頻繁に保存する必要はありません。

  • 手動でのオブジェクト作成する(チェッカーボード、球、平面、ポイント、ビューポイントなど)
  • ターゲットベースの登録の更新

スキャン点群の使用とスキャンの読み込み解除

登録およびクロッピングデータの確認するにはスキャンを表示することが重要ですが、スキャンのファイルが大きいことがあります。スキャン点群は、メモリ効率がよく、スキャンを迅速に表示および操作できます。

点群は、 構造ツリーのアイテムを右クリックし[点群]>[スキャン点群の作成]を右クリックすることで、スキャンまたはクラスタから作成することができます。点群の詳細については、 ここをクリックしてください。

スキャン点群は、既存のスキャンからのみ作成でき、これらのスキャンには影響しません。追加のハードドライブ領域と、追加の作成時間が必要です。

スキャンの読み込み解除

SCENE は必要に応じてスキャンを読み込み、通常、終了時に読み込み解除します。Quick または平面ビューなどの機能ではスキャンは読み込まれたままで SCENE は自動的な読み込み解除を行いません
スキャンはスキャンツリーから手動で解除することができます。読み込まれたスキャンは、スキャン名別に、半分満たされた 、または完全に満たされた 緑のボックスアイコンで識別されます。スキャン名を右クリックし、読み込み済みのチェックマークを外します。スキャンを読み込み解除するには、全体的に、クラスタを右クリックして、すべてのスキャンとピクチャをアンロードを選択します。オプションがグレーの場合、選択したクラスタには読み込み済みのスキャンが存在しません。