メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FARO Sphere

Sphere

3Dレーザースキャナ

Focus Premium

Focus S

Focus S Plus

Focus M

FARO®ナレッジベース

FARO Sphere Solution のよくある質問

概要

以下の記事では、FARO Sphere に関するよくあるご質問を以下のセクションに分けてご紹介します。

Sphere 既知の問題点

ワークスペースのリネーム

  • 症状:ワークスペースの名前の変更がうまくいかない。
  • 影響を受ける可能性のある問題 Streamアプリのバージョン1.0.5以下を使用しているクライアント
  • 対策:Streamアプリをバージョン1.0.6(9/26/22リリース)以降にアップデートする。

FARO Sphere に関する一般的な質問

FARO Sphere に関連するメール(サブスクリプション初回購入時、パスワード再設定時など)が届きません。

迷惑メールフォルダを確認し、IT 部門に以下のメールアドレスをホワイトリストに登録し、フィルタリングされたメールを転送するよう指示してください。
•    sphere-noreply@faro.com

パスワードをリセットしようとしている場合は、もう一度試した後、迷惑メールフォルダを再確認してください。

パスワードを正しく記憶しているはずなのに、ログインできない。 

ユーザー名やメールアドレスが正しいかどうか確認してください。(社内でも複数のメールアドレスがある場合があります)。

それでも Sphere にログインできない場合は、パスワードの再設定をお試しください。Sphere のログインページで、「パスワードを忘れた方はこちら」を選択します。
Sphere_ClickDontRemeberPassword.png

Sphere アプリケーションのトップページにあるタイルに FARO Academy サイトへのアクセスがないのですが?利用可能時期

既存のコンテンツへのアクセスに加え、新しい Sphere プラットフォームに統合された他の FARO アプリケーションへのアクセスも可能なシングルサインオン方式で、FARO への安全なアクセスを確保できるよう努力しています。今後数週間のうちに、Sphere から直接アカデミーにアクセスできるようになり、時期や方法について、アカデミーチームから最新情報が提供される予定です。FARO Academy には、これまで通り、FARO Web サイトの[サポート] > [トレーニング]メニューから、または直接リンクからアクセスすることができます。また、まずは無料のベースサブスクリプションにご登録ください。その他のサブスクリプションオプションの詳細については、サポートまたはFARO セールスまでお問い合わせください。

 

プロジェクトの同期、エクスポート、アップロード

スキャンデータを現場から直接アップロードするにはどうすればよいですか?

撮影した 3D スキャンデータを現場から直接アップロードするには、モバイルアプリ「FARO Stream」が必要です。このアプリケーションは、Apple App Store および Google Play Store で入手可能です。詳しくはこちらでご確認ください。

FARO Sphere では、どのようなデータ処理を行うのですか?

FARO Stream モバイルアプリから Sphere にスキャンプロジェクトをアップロードすると、データはクラウド上で処理され、SCENE プロジェクトが生成されます。この処理には、スキャンインポートフィルタ、スキャンカラーライゼーション、スキャン点群作成、エッジアーチファクトフィルタが含まれます。処理が完了すると、ログインユーザーが関連する権限を持っている場合、SCENE プロジェクトは FARO Sync Agent で表示されます。

SCENE プロジェクトの処理終了後、Sphere は SCENE プロジェクトから WebShare プロジェクトを自動生成し、プロジェクト関係者とすぐにデータ共有ができるようにします。

デスクトップと FARO Sphere の間でデータを同期させるにはどうしたらいいですか?

これは、無償の FARO Sync Agent ソフトウェアで可能です。デスクトップと FARO Sphere ワークスペース間で SCENE および As-Built Modeler プロジェクトのデータ同期を可能にするデスクトップアプリです。FARO Sync Agent のダウンロードと詳細については、こちらをご覧ください。FARO Sync Agent のダウンロードとインストールについて

Sphere 上の SCENE データから WebShare プロジェクトを作成するにはどうすればよいですか?

WebShare では、Sphere にアップロードされた SCENE プロジェクトを経由してインポートすることができます。[DataHub] > [SCENE プロジェクトのインポート]
Sphere-DataHub-ImportSCENE.png

デスクトップ SCENE からデータをエクスポートして、WebShare Cloudにアップロードすることも可能ですか?    

はい、これは可能です。一般的な情報は、WebShare ユーザードキュメントに記載されています。

SCENE で、Sphere ユーザーのログインがうまくいきません、なぜですか?

FARO Sphere のリリースにより、WebShare は FARO Sphere クラウドプラットフォームの認証システムを利用することができるようになりました。この変更に伴い、SCENE の WebShare や Sphere のユーザーアカウントでの直接ログインはサポートされなくなりました。SCENE と WebShare を直接接続するには、アプリケーションパスワードが必要です。詳しくは、以下を参照してください。SCENE の Sphere User Account で WebShare にログインする

SCENE でプロジェクトの WebShare Cloud エクスポートに失敗した場合はどうすればよいですか?

SCENE から直接 WebShare プロジェクトをエクスポートするのではなく、Sphere の WebShare ジェネレーターを使用することをお勧めします。SCENE からの直接のエクスポートとアップロードは、今後開発されない機能です。

それでも SCENE からのエクスポートを使いたい場合は、以下を試してみてください。

概要マップの作成中に失敗した WebShare Cloud エクスポートを保存する最も良い方法は、エクスポートダイアログで「SCENE 概要マップ」のマップタイプを使用することです。その作成プロセスは、もっとシンプルです。まるで、モノクロのクリアビューマップのような仕上がりです。

他にも成功の確率を上げるために、いくつかの可能性があります(組み合わせて使うのがベストです)。

  • エクスポート前にプロジェクト点群を(再)生成し、スキャン点群の代わりに使用します。
  • Windows を再起動し、SCENE を起動し、他のプログラムを開かずにすぐにエクスポートを開始し、最大限の空きメモリを確保することができるようにします。
  • スキャンレイヤが不要な場合は、エクスポートダイアログのスキャンレイヤの生成を無効にします。
  • エクスポートダイアログで、クリアビューギャップフィラーの代わりに標準ビューを使用します。

このすべてが失敗した場合、別の PC でエクスポートを試してください。 プロジェクトをより小さなサブプロジェクトに分割し、別々にエクスポートしてください。

アップロードが「権限が不足しています」となって失敗します。なぜですか?

SCENE からのアップロードには、プロジェクトクリエイター権限を持つワークスペースロールが必要です。間違ったワークスペース(=WebShare のサブドメイン)にアップロードしている可能性があります。サブドメインにタイプミスがある場合(例:「mycompany」ではなく「mycmpany」)、「faro」ドメインがフォールバックとして使用されます。ほとんどの場合、権限が不足しています。

また、websharecloud.com と webshare-america.com のどちらを選択するのが正しいかを確認してください。WebShare Cloud のサブドメインを含む FARO Sphere ワークスペースを購入せずにアップロードしようとするお客様がいらっしゃいます。通常、これは不可能です。

Sphere ワークスペースを所有しない Sphere ユーザーアカウントを持つことは可能です。FARO Sphere Base のワークスペースは、https://www.farosphere.com から無料でサインアップできます。

  • FARO Sphere ワークスペースには、WebShare 用のユニークなサブドメイン(ワークスペース名と同じ)とプロジェクト用のストレージが付属しています。詳しくは、Sphere の製品ページをご覧ください。
  • このようなワークスペースの管理者は、Sphere の登録ユーザーにプライベートなプロジェクトへのアクセス権を与えることができます。
  • SCENE でプロジェクトをアップロードする場合、ワークスペース管理者はプロジェクトクリエイター権限を持つワークスペースロールを与える必要があります。詳しくは、FARO Sphere のユーザードキュメント

サポートに問い合わせるにはどうしたらいいですか?

上記のすべての手順を試しても、エクスポート、同期、またはアップロードに失敗する場合は、以下の手順に従ってください。FARO カスタマーサービスはお客様をサポートするために、診断情報の添付をお願いしています。

  1. SCENE でロギングが有効になっていることを確認します
    1. クラシック UI をお使いの方は、まずワークフロー UI に切り替えてください。
    2. 右上の歯車アイコンから「設定」を開きます。
    3. [一般] > [ログファイル] > [ロギングを有効化]オプションにチェックを入れ、設定を終了します。
  2. 失敗した操作を繰り返します(エクスポート/アップロード)。
  3. エクスポート/アップロードのダイアログのスクリーンショットを撮ってください。FAROカスタマーサービス担当者が不具合が発生している原因を把握しやすくなります。
    1. PrtScrn を押します。
    2. MS ペイントや写真ソフトを開きます。
    3. 新規ファイルを作成します。
    4. [貼り付け]をクリックします。
  4. エクスポート/アップロードの関連ログファイルを取得します
    1. これらのフォルダーパスをコピーして、Windows エクスプローラーに貼り付けます。
      • %temp%\SCENELogs\SCENE_Logs_WebShare_Cloud_Export
      • %temp%\SCENELogs\SCENE_Logs_WebShare_Cloud_Upload
    2. Windows エクスプローラのアドレスバーで、プレースホルダー %temp% が自動的に置換されます。
    3. 展開されたフォルダのパスは次のようになります(JohnDoe は Windows のユーザー名です)。
      • C:\Users\JohnDoe\AppData\Local\Temp\SCENELogs\SCENE_Logs_WebShare_Cloud_Export
      • C:\Users\JohnDoe\AppData\Local\Temp\SCENELogs\SCENE_Logs_WebShare_Cloud_Upload
    4. これらのフォルダーでは、ファイル名に含まれるタイムスタンプとプロジェクトの URL 識別子によって、関連するログファイルを見つけることができます。
  5. ログファイルは、例えば ExampleProject_2019-09-12_11-23-33.log という名前です(ファイル名は同様のものになります)
  6. FARO カスタマーサービスにご連絡いただき、スクリーンショットと関連するログファイルの両方を添付してください。
  7. また、Sphere のユーザーインターフェース、またはページ右上のナレッジベースリンクから「ケースの提出」を行うことも可能です。どちらのリンクも同じ「ケースの提出」ウェブページに移動します。報告された問題を容易にするために、ドロップダウンフィールドで「Webshare」または「Sphere」製品を必ず選択してください。

 

契約/サブスクリプションモデル

FARO Sphere で入手できる法的文書にはどのようなものがありますか?

すべての法的文書は、以下のページでご覧いただけます。

利用規約:https://www.farosphere.com/home/legal/terms-of-service

また、Sphere のバナー右上にある「ヘルプ」アイコンを選択すると、Sphere のどのページからでもこれらのドキュメントにアクセスできます(「?」アイコンは「ヘルプ」メニューです)。ドロップダウンメニューから「利用規約/プライバシーポリシー」を選択します。

ヘッダーバーで言語を選択します。法律文書が翻訳されている場合、その翻訳が表示されます。

定義:

  • 利用規約 - FARO と Sphere に登録されたすべてのエンドユーザーとの間の契約を定義するものです。各ユーザーは、ログイン時に最新の利用規約を一旦承諾する必要があります。
  • データ処理契約 - ユーザーとしてのお客様の個人データの処理方法についてお知らせします。
  • FARO プライバシーポリシー - FARO のデータ保護に関する詳細(例:保存期間、苦情申し立て先)を記載しています。
  • クッキーポリシー - Sphere がどのブラウザのクッキーを設定し、どのような目的でそれらを使用するかを定義します。

SLA(サービスレベルアグリーメント)のコピーはどこで入手できますか?

Sphere SLA は、ご要望に応じてご提供いたします。ユーザーは、上記の法的文書の一部として、SLA を見つけることができません。SLA をご希望の場合は、FARO アカウントマネージャー、インサイドセールス担当までご連絡ください。

FARO Sphere のワークスペースを手に入れるには、一度だけ、または定期的にお金を払う必要がありますか?

FARO Sphere は、サブスクリプションモデルに基づいています。「FARO Sphere ベースサブスクリプション」は、登録手続きを完了し、ワークスペースを作成したすべてのユーザーに無償で提供されます。Sphere の有償版には、「Professional」と「Enterprise」の 2 つのサブスクリプションがあります。各有料プランには、それぞれデータストレージと最大ユーザー数の容量が設定されています。見積もりや具体的な支払い条件については、営業担当または社内販売代理店にお問い合わせください。最初の 12 ヶ月は年会費、その後は 12 ヶ月ごとに、明示的に解約されるまで費用が発生します。詳しくは、利用規約の「FARO Sphere 料金・支払条件」のセクションをご覧ください。

すでに WebShare Cloud のユーザーアカウントを持っていますが、FARO Sphere を使用することはできますか?

WebShare Cloud は、FARO Sphere の一部となりました。WebShare ユーザーアカウントのメールアドレスは、自動的に Sphere ユーザーアカウントに移行されました。FARO Sphere へログインするには、パスワードの再設定のみが必要です。詳しくは、Webshare Cloud ユーザー向け Sphere アカウントの設定

既にアクセス可能なすべての WebShare ドメインが、FARO Sphere 上のワークスペースとして利用可能になりました。

 

アーキテクチャ

どのクラウドプロバイダーをお使いですか?

Amazon Web Services(使用許諾契約書に記載されているとおり)。

インフラには冗長性がありますか?データベースのミラーリングやレプリケーションはされていますか?

Web サーバーの二重化やデータベースの複製を行い、システムの高可用性を確保しています。

FARO Sphere の機能的な品質はどのように確保されているのでしょうか?

ビルドは本番環境にリリースする前に、複数の環境でテストされます。FARO Sphere の動作中のエラーを検出するためのモニタリングツールが用意されています。

 

コンプライアンス

FARO はどのような認証を受けているのですか?

ISO9001 については、以下を参照してください。ファローテクノロジーズの ISO 認証と CE 適合宣言について

クラウドプロバイダーである Amazon Web Services のコンプライアンス情報はどこで確認できますか?

以下をご覧ください。https://aws.amazon.com/compliance/

クラウドプロバイダーは、ISO-27001 認証などのセキュリティ認証を受けていますか?

GDPR 準拠に必要な、Amazon Web Services とのデータ処理補遺条項がありますか?

はい、以下をご覧ください。https://d1.awsstatic.com/legal/aws-gdpr/AWS_GDPR_DPA.pdf

 

セキュリティと認証

FARO Sphere のワークスペースの管理者として、FARO Sphere にはどのようなセキュリティ機能がありますか?

アクションに対する役割ベースのアクセスコントロール:

各ユーザーには役割を割り当て、どのようなアクションを許可するかを制御することができます。これは、ワークスペースに対する権限(他のユーザーの招待、プロジェクトの作成、役割の管理など)を制御するワークスペースロールと、単一のプロジェクトまたはプロジェクトの集合に対する権限(表示権限のみ、プロジェクトの編集権限など)を制御するプロジェクト・ロールに分かれています。詳しくは、FARO Sphere のユーザードキュメント

FARO Sphere のユーザーパスワードはどの程度安全ですか?

FARO Sphere はベストプラクティスの認証情報処理に準拠しており、FARO は生のパスワードを保存せず、サポートチームがそれらを取得することはできません。すべてのパスワードは、14 文字以上で、少なくとも 1 つの数字、1 つの小文字、1 つの大文字を含んでいなければなりません。セキュリティ対策として、ユーザーは電子メールによる認証プロセスを経なければ、パスワードを変更できないようになっています。つまり、ユーザーは自分の受信トレイにアクセスできる必要があります。ログインに失敗した場合、同じユーザーに対してタイムアウトが設定され、タイムアウトが終了するまでそれ以降のログイン要求がブロックされます。

SSO(シングルサインオン)には対応していますか?

はい、FARO Sphere Enterprise パッケージは SSO に対応しています。

私のデータはどこに保存されていますか?

Sphere ワークスペースのアクティベーション時に、EU(アイルランド)または米国(北バージニア)のサーバーを選択することができます。

データは暗号化されて保存されますか?

はい、すべての顧客データ(スキャン/プロジェクトデータおよび個人データを含む)を暗号化して保存しており、現在はAES-256暗号を使用しています。

私のコンピュータと貴社のサーバー間のデータ転送は、安全かつ暗号化されたものですか?

はい、公共のインターネット上でのデータ転送はすべて TLS 1.2 プロトコルを使用して暗号化されています。FARO Sphere のセキュリティレベルは、外部サイトQualys SSL Labs などを使って確認することができます。