メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Edge

Quantum E

Quantum M

Quantum S

ScanArm

Design ScanArm

Design ScanArm 2.0

Design ScanArm 2.5C

Forensic ScanArm

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

Laser Line Probe (LLP)のファームウェアのダウンロード

FARO LLP アイコン

クイックステップ

最新の Laser Line Probe (LLP) ファームウェアをダウンロード、インストールする前に、お使いのFaroArm、ScanArm®、またはDesign ScanArmモデル用に最新のFaroArm® ドライバとファームウェアがダウンロード、インストールされていることを確認してください。[関連項目]リンクも参照してください。

操作はこれだけです。リンクをクリックして詳細をご覧ください。

  1. インストールした LLP ファームウェアバージョンを確認し、それを手順2の表にある最新バージョン番号と比較してください。
  2. これらのリンクの1つをクリックして、お使いのLLPモデルのファームウェアをダウンロードします。FAROBlu™ HDまたはHDを使用しており、バージョン番号が650.8より前である場合、FAROサポートに連絡してLLPをFAROサービスセンターに発送し、ファームウェアをアップグレードしてください。
    リリース日 LLPモデル バージョン番号 ダウンロード インストール手順
    2018年8月 Prizm 703.5  Download  Click Here
    2017年8月 FAROBlu HD (V6) 650.8 FAROサポートに連絡する N/A
    2014年9月 HD(V6) 650.8 FAROサポートに連絡する N/A
    2013年9月 ES(V5) 530 ここをクリック  Click Here
    2011年4月 LLP (V4) 444 ここをクリック  Click Here
  3. LLP ES(V5)またはLLP(V4)の場合、最新ファームウェアをインストールしてください
    注意:LLPおよびLLP ESのファームウェアは相互の互換性がありません。必ず正しいファームウェアをダウンロードしてください。
  4. ファームウェアのバージョンが最新バージョンに変わったことを確認してください。

概要

FaroArmのLLPは、最新のLLPファームウェアを使用した場合に最も効果的に機能します。アップグレードしたファームウェアにはバグ修正、および作業をより簡単かつ迅速に遂行するのを可能にする機能が含まれています。この記事では、LLPファームウェアを最新バージョンにアップグレードする方法について説明しています。

LLPまたはESのファームウェアはご自身でアップグレードすることができます。ファームウェアをダウンロードし、この記事にある説明に従ってください。ただし、FAROBlu HDまたはHDを使用している場合は、FARO サポート に連絡して、お使いのLLPまたはDesign ScanArmを工場サービスセンターに発送する必要があります。FARO の技術者がユーザーに代わってファームウェアをアップグレードいたします。これはご自身で行うことはできません。

上記の表に記載されているLLPモデルのファームウェアのリリース日以降にサービスセンターへ送られたLLP、ScanArm、Design ScanArmについては、サービスセンターで最新のファームウェアをインストールしています。 

準備する

あなたの成功を確実にする前に、この表を確認してください。

完了までの時間

20分

必要なスキル

  • オペレーティングシステムレベルでのWindowsの知識

  • 一般的なコンピュータスキル

前提条件

  • インターネット接続

  • FaroArmおよびLLP、ScanArm、またはDesign ScanArmで使用するコンピュータ

  • ファイルを保存するためのストレージメディア(フラッシュドライブなど)

  • 最新のファームウェアが既にインストールされています。

製品の製造状況

次の表は、LLPの製造中のモデルとレガシーモデルを示しています。FAROでは、ライセンス契約で既定された期間、レガシーハードウェアをサポートいたします。LLP のレガシーモデルをご使用で、最新の製品の機能を簡単に使用する方法を知りたい場合は、こちらをクリックしてください。

製品の製造状況 LLPモデル
現在製造中 Prizm
Blu HD/SD(V6)

HD(V6)

Legacy
製造中止日:2017年9月 ES(V5)
製造中止日:2013年12月 LLP (V4)
製造中止日:2017年9月 V3
製造中止日:2011年6月 V2
製造中止日:2005年4月 V1

LLPファームウェアバージョンの確認

使用するソフトウェアに応じて、LLPファームウェアのバージョンを確認する方法はいくつかあります。最も一般的な方法はFaroArm Managerを使用することですが、CAM2 2018以降とMeasure 10を使用してLLPファームウェアをチェックすることもできます。 

FaroArm Manager

FaroArmドライバのバージョン6.xxx以降をインストールしている場合は、FaroArm Managerへアクセスできます。このツールは、FaroArmで使用するすべてのコンピュータにドライバとともにインストールされます。FaroArm Managerを使用すると、他のソフトウェアを開くことなくFaroArmとLLPの設定をすばやく変更できます。 

  1. USBケーブルを使って、LLPをアタッチしたFaroArmをコンピュータに接続します。
  2. FaroArmとコンピュータの電源を入れます。すべてのアプリケーションが閉じており、FaroArmおよびLLPと通信しているものがないことを確認します。 
  3. Microsoft Windows [スタート]アイコンから、[すべてのアプリ]または[全てのプログラム][FARO] [FaroArm Manager]をクリックします。[FaroArm Manager Home]パネルが表示されます。 
    FaroArmManagerMainPage.png
  4. [プローブ]グループで、[プローブ管理]をクリックします。接続されたすべてのプローブがプローブ管理パネルに表示されます。
    FaroArmManagerLLPProbeMangement.png
  5. このFaroArmに接続されたLLP タイルを探します。右上隅にあるグリーンの接続アイコンを右クリックして情報を更新します。
  6. 左下隅にある編集の鉛筆アイコンをクリックします。このLLPの詳細が表示されます。 
    FaroArmManagerLLPEditProbe.png
  7. ファームウェアのバージョンクイックステップの表にあるバージョンと比較します。
  8. ファームウェアが最新でない場合、この番号を書き留めます。これによって、最新ファームウェアをインストールした後にこれが変更したことを確認することができます。

CAM2 2018以降

  1. USBケーブルを使って、LLPをアタッチしたFaroArmをコンピュータに接続します。
  2. FaroArmとコンピュータの電源を入れます。すべてのアプリケーションが閉じており、FaroArmおよびLLPと通信しているものがないことを確認します。
  3. CAM2 20YYを開きます。
  4. リボンから、[ホーム] > [デバイスセンター]をクリックします。[デバイスセンター]パネルが表示されます。 
    CAM2DeviceCenter.png
  5. LLPが添付されたFaroArmをクリックします。[デバイス情報]パネルが表示されます。
    CAM2DeviceInformation.PNG
  6. [管理]をクリックします。[すべてのプローブ]グループで、このFaroArmに接続されたLLP タイルを探します。右上隅にあるグリーンの接続アイコンを右クリックして情報を更新します。
    FaroArmManagerLLPProbeMangement.png
  7. 左下隅にある編集の鉛筆アイコンをクリックします。このLLPの詳細が表示されます。 
    FaroArmドライバ6.xxx以降を使用している場合は、これが表示されます。
    FaroArmManagerLLPEditProbe.png
    FaroArmドライバ5.8.5.2以前を使用している場合は、これが表示されます。
    CAM2 M10 LLP コントロールパネル
  8. ファームウェアのバージョンクイックステップの表にあるバージョンと比較します。
  9. ファームウェアが最新でない場合、この番号を書き留めます。これによって、最新ファームウェアをインストールした後にこれが変更したことを確認することができます。

Measure 10

  1. USBケーブルを使って、LLPをアタッチしたFaroArmをコンピュータに接続します。
  2. FaroArmとコンピュータの電源を入れます。すべてのアプリケーションが閉じており、FaroArmおよびLLPと通信しているものがないことを確認します。
  3. Measure 10を開きます。
  4. メインメニューから、[デバイス] [測定器のコントロールパネル](一部のバージョンでは[ハードウェア環境設定]と呼ばれる)をクリックします。測定器のコントロールパネルが表示されます。
    CAM2 M10 測定器のコントロールパネル
  5. 測定モード設定]をクリックします。[モード設定]ウィンドウが表示されます。
    CAM2 M10 [モード設定]ウィンドウ
  6. 設定]をクリックします。[Laser Line Probe コントロールパネル]が表示されます。
    FaroArmドライバ6.xxx以降を使用している場合は、これが表示されます。
    FaroArmManagerLLPEditProbe.png
    FaroArmドライバ5.8.5.2以前を使用している場合は、これが表示されます。
    CAM2 M10 LLP コントロールパネル
  7. 情報]セクションで、LLP コントロールパネル内のファームウェアバージョン番号を、クイックステップ表のバージョン番号と比較します。
  8. ファームウェアが最新でない場合、この番号を書き留めます。これによって、最新ファームウェアをインストールした後にこれが変更したことを確認することができます。

Prizm LLPのファームウェアのインストール

  1. LLPモデルの最新ファームウェアをダウンロードするには、 ここをクリックてください。
  2. FaroArmと積極的に通信するソフトウェアがなく、LLPが物理的に接続/設置されていることを確認します。
  3. ファームウェアの.zipファイルを空のフォルダに解凍します。
  4. 抽出されたファイルから、 Prizm_Load_FW_###_#.exeファイルを実行します。更新プロセスには約1分かかります。 注記:プロセスが失敗した場合は、ソフトウェアを終了してインストールを再試行してください。更新が完了するまでFaroArm/LLPの電源を切らないでください。
  5. プロセスが終了すると、自動的にLLPが再起動されます。アップデートコンソールソフトウェアを終了すると、LLPが使用できる状態になります。

LLPまたはES の場合、LLP ファームウェアをダウンロード、インストールします

  1. ここをクリックして、お使いのLLPモデルに適合する最新のファームウェアをダウンロードしてください。
  2. ファームウェア .zip ファイルを空のフォルダに解凍します。
  3. フォルダを開き、UsbFlashLLP_V#_Firmware###.exe ファイルを実行します。

LLP ファームウェアバージョンが変更したことを確認します

  1. 適切なCheck Firmware Versionセクションの手順を繰り返します。最新のバージョン番号に変更されたことを確認します。

ファームウェアが更新され、LLPを使用することができます。

関連項目

キーワード

再インストールする、再インストール、再インストール、更新する、更新、LLP ドライバ、Laser Line Probe ドライバ、レーザープローブ、スキャニング、スキャナ、更新、V4、V5、V6、バージョン 4、バージョン 5、バージョン 6、dsa、quantum s、quantum m